2019 FNS歌謡祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FNS歌謡祭 > 2019 FNS歌謡祭
2019 FNS歌謡祭
2019 FNS MUSIC FESTIVAL
Grand Prince Hotel New Takanawa.jpg
「第1夜」の会場となる
番組生放送が行われた
グランドプリンスホテル新高輪「飛天」
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
演出 浜崎綾(第1夜)
島田和正、松永健太郎(第2夜)
司会者 相葉雅紀
永島優美フジテレビアナウンサー
製作
製作総指揮 太田一平(制作)
プロデューサー 石田弘EP
三浦淳CP
土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美、中村峰子、加藤万貴、湯瀬恵理子、岩田恵
制作 フジテレビ
放送
映像形式 リアルタイム字幕放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送分 合計566分/9時間26分
回数 2
2019 FNS歌謡祭
第1夜
オープニング 「花咲く歌声」(作詞:保富康午、作曲:広瀬健次郎
エンディング 同上
放送期間 2019年12月4日
放送時間 水曜日 18:30 - 23:28
放送枠 FNS歌謡祭
放送分 298分
回数 1
第2夜
放送期間 2019年12月11日
放送時間 水曜日 19:00 - 23:28
放送枠 FNS歌謡祭
放送分 268分
回数 1

特記事項:
第1夜は全編通じてネットワークセールス枠でフジテレビ系列局で同時フルネット。第2夜は23:22 - 23:28がローカルセールス枠の為、NST新潟総合テレビ福井テレビ東海テレビ関西テレビ高知さんさんテレビサガテレビではフジテレビでの終了6分前の23:22飛び降り(テレビ大分は両夜共に遅れフルネットの為、この特記事項に該当しない)。
テンプレートを表示
「第2夜」の会場となる番組の生放送が行われるフジテレビ本社「FCGビル

2019 FNS歌謡祭』(2019 エフエヌエスかようさい)は、フジテレビ系列2019年12月4日 18:30 - 23:28(JST)・12月11日 19:00 - 23:28(JST)に生放送された通算48回目の『FNS歌謡祭』である。

概要[編集]

令和最初かつ記念すべき45周年記念の『FNS歌謡祭』となる。

2019年11月7日放送の『VS嵐』で、本年の総合司会に相葉雅紀フジテレビアナウンサー永島優美が就任することが発表された。両者が『FNS歌謡祭』で司会を務めるのは初となる。また、前年まで司会を務めていた森高千里渡部建加藤綾子からバトンタッチする形となる[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]

2015年 - 2018年に引き続き、5年連続で本年も当番組では2DAYS・2週連続[注 1]として2回に分けて生放送されることが番組ホームページで発表された。さらに、第1夜の放送時間は拡大されて例年より30分早い18:30開始[注 2]となり(18時台開始は番組史上初)、本年はそれぞれ4時間58分と4時間28分(2週合計9時間26分)の大長編となる。また、第1夜の放送時間は当番組としては過去最長である。第1夜は例年通りの形式でグランドプリンスホテル新高輪「飛天」より12月4日 18:30 - 23:28(JST)に、第2夜はフジテレビ特設スタジオより12月11日 19:00 - 23:28(JST、NST新潟総合テレビ・福井テレビ・東海テレビ・関西テレビ・高知さんさんテレビ・サガテレビは23:22飛び降り)に生放送される。

相葉が単独で音楽番組の司会を務めるのは『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK)以来の3年ぶりとなる。また、ジャニーズ事務所所属のタレントが当番組で司会を務めるのは草彅剛当時所属)が担当した2014年以来の5年ぶりとなる。

12月4日(第1夜)の平均視聴率は第1部(18:30 - 19:00)が9.6%、第2部(19:00 - 23:00)が14.1%、第3部(23:00 - 23:28)が10.3%だった。また、瞬間最高視聴率は20:55(JST)、平井堅東京スカパラダイスオーケストラの共演で「POP STAR」を披露しているシーンで、17.6%だった(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[17]

当日のステージ[編集]

第1夜[編集]

トップバッターでは、当番組では広瀬香美Little Glee Monsterがそれぞれ初めて担当して「広瀬香美ウィンターソングメドレー」の1曲目として「ロマンスの神様」を披露した。大トリでは、関ジャニ∞が初めて担当して「友よ」を披露した。

第1夜のステージの最多出演者は城田優・広瀬香美・Little Glee Monsterであり、それぞれ3曲に参加していた。

番組前半では、広瀬香美のヒット曲を他のそれぞれの出演アーティストとのコラボレーションによるメドレーで披露された。尚、番組のオープニング前に行われた。また、昭和の名曲が出演アーティストのカバーによるメドレーで披露された。さらに、デビュー20周年を迎えた嵐の特別企画として、過去の『FNS歌謡祭』で披露された嵐のパフォーマンスで厳選された映像を「FNS歌謡祭 嵐 20周年名場面集」と題したVTR企画で振り返った。その後、FNS限定のスペシャルメドレーを披露した。

番組中盤では、ディズニー映画アナと雪の女王2』公開を記念して、同作の主題歌と前作『アナと雪の女王』の楽曲を含めたスペシャルメドレーを披露された。また、中山美穂が「色・ホワイトブレンド」をフジテレビでは約24年ぶりに披露した。さらに、ディズニー映画『リトル・マーメイド』が今年で公開から30周年を迎えたことを記念して、同作の主題歌・挿入歌を出演アーティストのカバーによるメドレーで披露された。そして、AIユニバーサル・スタジオ・ジャパンギネス世界記録のイリュージョン・クリスマスツリーや巨大なプロジェクションマッピングでパフォーマンスを披露した。

番組後半では、「ミュージカル名曲メドレー」として『エリザベート』『オペラ座の怪人』『ファントム』といった各作品の主題歌や挿入歌が出演アーティスト同士のカバー・コラボレーションのスペシャルメドレーで披露された。また、番組恒例であるクリスマス&ウィンターソングメドレーが出演アーティストのカバー・コラボレーションで披露された。さらに、同じくミュージカルである『ヘアスプレー』と舞台Endless SHOCK』のそれぞれのオリジナルキャストによるスペシャルステージが行われた。

AI、生田絵梨花[注 3]久保田利伸劇団四季椎名林檎東京スカパラダイスオーケストラ中山美穂BTSMay J.薬師丸ひろ子は事前収録での出演だった。

第1夜では、ジャニーズ事務所からはKinKi Kids、嵐、NEWS、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP中山優馬[注 4]京本大我SixTONESジャニーズJr.)の7組が出演した。

出演アーティストは全58組で、全72曲中31曲がコラボレーション(共演)で披露された。

第2夜[編集]

全体(第1夜・第2夜)[編集]

AKB48矢作萌夏[注 5]にとって、最後の『FNS歌謡祭』の出演となった。

出演者[編集]

司会[編集]

出演アーティスト[編集]

第1夜[編集]

太文字は当年のNHK『第70回NHK紅白歌合戦』に出場(予定)。

※五十音順(ミュージカル企画は除く)

第2夜[編集]

太文字は当年のNHK『第70回NHK紅白歌合戦』に出場(予定)。

※五十音順(ミュージカル企画は除く)

ゲスト[編集]

第1夜[編集]

音楽・演奏[編集]

  • 武部聡志音楽団

音楽監督&Pf.武部聡志/演奏:Dr. 村石雅行Ba. 浜崎賢太Gt. 鳥山雄司遠山哲朗Key. 清水俊也Cho. 今井マサキ加藤いづみ佐々木詩織Strings. 今野均ストリングスMNP. 前田雄吾

セットリスト[編集]

第1夜[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 広瀬香美×Little Glee Monster ロマンスの神様 (1993/広瀬香美)
2 広瀬香美×乃木坂46[注 7] ゲレンデがとけるほど恋したい (1995/広瀬香美)
3 広瀬香美×LiSA×大原櫻子 promise (1996/広瀬香美)
4 Hey! Say! JUMP 上を向いて歩こう (1961/坂本九)
5 夏川りみ×水樹奈々 時の流れに身をまかせ (1986/テレサ・テン)
6 Love so sweet (2007)
7 BRAVE
8 槇原敬之×宮野真守 冬がはじまるよ (1991/槇原敬之)
9 槇原敬之×井上芳雄×山崎育三郎×城田優 世界に一つだけの花 (2003/SMAP)
10 郷ひろみ×倖田來未 GOLDFINGER '99 (1999/郷ひろみ)
11 アリス×デーモン閣下×Takamiy エスピオナージ (1981/アリス)
12 ゴスペラーズ×Little Glee Monster 永遠に (2000/ゴスペラーズ)
13 Foorin パプリカ (2018)
14 LA DIVA Bohemian Rhapsody (1975/クイーン)
15 薬師丸ひろ子 時代 (1975/中島みゆき)
16 乃木坂46[注 8] 夜明けまで強がらなくてもいい
17 KinKi Kids 光の気配
18 三代目 J SOUL BROTHERS Welcome to TOKYO (2016/三代目 J Soul Brothers)
19 秦基博×安田章大(関ジャニ∞) Raspberry Lover (秦基博)
20 生田絵梨花 生まれてはじめて (2014/神田沙也加&松たか子)
21 May J. Let It Go 〜ありのままで〜 (2014)
22 中元みずき イントゥ・ジ・アンノウン 〜心のままに
23 倖田來未×蒼井翔太 愛のうた (2007/倖田來未)
24 Hey! Say! JUMP ファンファーレ!
25 中山美穂 色・ホワイトブレンド (1986)
26 薬師丸ひろ子 メイン・テーマ (1984)
27 森高千里×CHEMISTRY SNOW AGAIN (1997/森高千里)
28 Little Glee Monster ECHO
29 鈴木雅之×白石麻衣(乃木坂46) Necessary
30 BTS FAKE LOVE -Japanese ver.- (2018/防弾少年団)
31 EXILE 愛のために 〜for love, for a child〜
32 大原櫻子 Part of Your World (1989/ジョディ・ベンソン)
33 劇団四季 アンダー・ザ・シー (1989/サミュエル・E・ライト)
34 久保田利伸×JUJU×三浦大知 LA・LA・LA LOVE SONG (1996/久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)
35 平井堅×東京スカパラダイスオーケストラ POP STAR (2005/平井堅)
36 郷ひろみ×三浦春馬 言えないよ (1994/郷ひろみ)
37 井上芳雄×京本大我 闇が広がる (エリザベートキャスト)
38 山崎育三郎×濱田めぐみ THE PHANTOM OF THE OPERA (1986/マイケル・クロフォード&サラ・ブライトマン)
39 城田優×木下晴香 あなたこそ音楽 (1991/ファントム、クリスティーヌ)
40 秦基博×宮野真守×宮本笑里 ひまわりの約束 (2014/秦基博)
41 椎名林檎 公然の秘密
42 三代目 J SOUL BROTHERS 冬空
43 水樹奈々×蒼井翔太×Takamiy METANOIA (水樹奈々)
44 AKB48 サステナブル
45 AI Baby You Can Cry
46 ハピネス (2011)
47 JUJU×NEWS やさしさで溢れるように (2009/JUJU)
48 大原櫻子×LiSA×欅坂46 サンタが街にやってくる (1934/クリスマスソング)
49 Hey! Say! JUMP 赤鼻のトナカイ (1949/ジーン・オートリー&ザ・ピナフォア)
50 Aqours×AKB48 ジングルベル (1857/クリスマスソング)
51 CHEMISRY×水樹奈々×ゴスペラーズ クリスマス・イブ (1983/山下達郎)
52 LA DIVA All I Want For Christmas Is You (1994/マライア・キャリー)
53 槇原敬之×ジェジュン チキンライス (2004/浜田雅功と槇原敬之)
54 Turning Up
55 ミュージカル『ヘアスプレー』 You Can't Stop The Beat (2002/ミュージカル『ヘアスプレー』カンパニー)
56 『Endless SHOCK』 MUGEN(夢幻) (2017/『Endless SHOCK』カンパニー)
57 CONTINUE (2006/『Endless SHOCK』カンパニー)
58 ISSA×ジェジュン OH MY LITTLE GIRL (1994/尾崎豊)
59 三浦春馬 Fight for your heart
60 CHEMISTRY×城田優 You Go Your Way (2001/CHEMISTRY)
61 EXILE Rising Sun (2011)
62 BTS Boy With Luv -Japanese ver.- (防弾少年団)
63 椎名林檎 おいしい季節 (2011/栗山千明)
64 NEWS Love Story
65 Aqours 未来の僕らは知ってるよ (2017)
66 東京スカパラダイスオーケストラ 銀河と迷路 (2003)
67 鈴木雅之×伊原六花 ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花 (鈴木雅之)
68 中山美穂 君のこと
69 三浦大知 COLORLESS
70 久保田利伸 その人
71 平井堅 #302
72 関ジャニ∞ 友よ

第2夜[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 King & Prince One Love (2008/嵐)
2 藤巻亮太×Toshl 粉雪 (2005/レミオロメン)
3 DA PUMP P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜
4 日向坂46 日向坂
5 こんなに好きになっちゃっていいの?
6 加山雄三 & The Rock Chippers Forever with you 〜永遠の愛の歌〜
7 DEAN FUJIOKA×松下奈緒 Smile (1954/ナット・キング・コール)
8 和田アキ子 愛の讃歌 (1960/越路吹雪)
9 欅坂46 月曜日の朝、スカートを切られた (2017)
10 Kis-My-Ft2 Edge of Days
11 Sexy Zone 麒麟の子
12 ジャニーズWEST Big Shot!!
13 ゴールデンボンバー 令和
14 中川晃教 僕こそ音楽 (モーツァルト!キャスト)
15 伊礼彼方 スターズ (レ・ミゼラブルキャスト)
16 ソニン もう許さない (マリー・アントワネットキャスト)
17 石丸幹二 時が来た (ジキル&ハイドキャスト)
18 山崎育三郎×ジャニーズWEST お祭りマンボ (1952/美空ひばり)
19 DEAN FUJIOKA Shelly
20 MAN WITH A MISSION Remember Me
21 和田アキ子×フェアリーズ 笑って許して (1970/和田アキ子)
22 20th Century 君だけに (1987/少年隊)
23 Sexy Zone 夜空ノムコウ (1998/SMAP)
24 Kis-My-Ft2 愛のかたまり (2001/KinKi Kids)
25 ジャニーズWEST WAになっておどろう (1997/V6)
26 亀梨和也×Kis-My-Ft2×Sexy Zone×ジャニーズWEST Can do! Can go! (1998/V6)
27 木梨憲武 GG STAND UP!! feat. 松本孝弘
28 I LOVE YOUだもんで。
29 ジェニーハイ×アイナ・ジ・エンド(BiSH) 不便な可愛げ
30 THE RAMPAGE いつかのメリークリスマス (1992/B'z)
31 GENERATIONS I Believe (2007/EXILE)
32 いきものがかり 気まぐれロマンティック (2008)
33 コブクロ ここにしか咲かない花 (2005)
34 ナオト・インティライミ まんげつの夜
35 ミュージカル『ミス・サイゴン』 火がついたサイゴン
36 命をあげよう
37 ブイ ドイ
38 アメリカン・ドリーム
39 ミュージカル『四月は君の嘘』 Perfect
40 If I Can't Hear The Music
41 Perfect
42 Speed of Sound
43 ミュージカル『アナスタシア』 My Petersburg 俺のペテルブルク
44 Journey to the Past 過去への旅
45 コブクロ 大阪SOUL
46 THE YELLOW MONKEY 太陽が燃えている (1995)
47 THE RAMPAGE Move the World
48 GENERATIONS One in a Million -奇跡の夜に-
49 King & Prince koi-wazurai
50 亀梨和也 Rain
51 V6 ある日願いが叶ったんだ
52 いきものがかり SING!
53 東方神起 Guilty
54 Perfume コンピューターシティ (2006)
55 Baby cruising Love (2008)
56 Magic of Love (2013)
57 再生
58 THE YELLOW MONKEY DANDAN
59 BiSH オーケストラ (2016)
60 MAN WITH A MISSION FLY AGAIN 2019
61 堂本剛 FUNK同好会 「しすてむ」
62
[注 9]
伊礼彼方・海宝直人・欅坂46・東方神起
・ナオト・インティライミ・中川晃教
・BiSH・日向坂46・山崎育三郎
見上げてごらん夜の星を (1963/坂本九)

スタッフ[編集]

  • 構成:山内浩嗣
  • 制作:太田一平
  • エグゼクティブプロデューサー:石田弘
  • 演出
  • プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美、中村峰子、加藤万貴、湯瀬恵理子、岩田恵
  • チーフプロデューサー:三浦淳
  • 制作著作:フジテレビ

関連番組[編集]

当番組の司会を務める相葉雅紀が嵐としてレギュラー出演しているバラエティ番組。
同年11月7日放送分では当番組の司会者と放送日が発表された。
また以降の放送でも毎回随時に出演アーティストや企画の発表が同番組の終盤で行われていた。
  • FNS歌謡祭2019 みどころ
当番組の放送の前週から当週にかけて5回にわたって、同年11月30日 0:55 - 1:05、13:30 - 14:30[注 11]、12月1日 1:45 - 1:55、12月3日 0:25 - 0:35、12月4日 0:25 - 0:35で放送された事前番組。
番組に出演する司会・アーティストがインタビュー形式で本年の企画・みどころを紹介された。
フジテレビと一部の系列局で放送。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年は第1夜と第2夜(THE LIVE)の放送日が2週間空いているため、厳密では2週連続は2016年から4年連続となる。
  2. ^ 同局の報道番組『Live News it!』(16:50 - 19:00)は同日には30分短縮で放送。
  3. ^ 乃木坂46は生出演していたが、生田のみ事前収録での出演だった。
  4. ^ Endless SHOCK』とミュージカル『ヘアスプレー』のそれぞれのキャストメンバーとして出演。
  5. ^ 2020年2月1日の活動をもって、グループから卒業予定。
  6. ^ 同局の音楽番組『MUSIC FAIR』から誕生したユニット。
  7. ^ メンバーからは齋藤飛鳥堀未央奈久保史緒里与田祐希・賀喜遥香が参加した。
  8. ^ メンバーの生田絵梨花がソロで出演しているが事前収録での出演であり、同曲のパフォーマンスには参加していない。
  9. ^ 末尾6分で飛び降りたNST新潟総合テレビ福井テレビ東海テレビ関西テレビ高知さんさんテレビサガテレビでは放送なし。
  10. ^ 第2夜は中継ディレクターを担当。
  11. ^ 土曜ワイド』第1部で放送。

出典[編集]

  1. ^ 嵐・相葉 フジ「FNS歌謡祭」の司会に、12月4・11日生放送「45周年、フレッシュな力を」,スポニチアネックス,2019年11月7日
  2. ^ 嵐・相葉雅紀『FNS歌謡祭』司会就任 パートナーは永島優美アナ,オリコンニュース,2019年11月7日
  3. ^ 相葉雅紀と永島優美が新たな総合司会に! 令和初・放送45周年を迎え、さらに進化へ“飛天”する!,とれたてフジテレビ,2019年11月8日
  4. ^ 相葉雅紀「2019FNS歌謡祭」総合司会に決定,音楽ナタリー,2019年11月8日
  5. ^ 相葉雅紀&永島優美アナ『FNS歌謡祭』総合司会に 2夜合計9時間半の生放送盛り上げる,オリコンニュース,2019年11月8日
  6. ^ 「FNS歌謡祭」に蒼井翔太、Aqours、嵐、EXILE、劇団四季、椎名林檎、三浦大知ら33組,音楽ナタリー,2019年11月14日
  7. ^ 「FNS歌謡祭」に劇団四季、「リトル・マーメイド」曲をパフォーマンス,ステージナタリー,2019年11月14日
  8. ^ 第1夜を奏でる、出演アーティスト第1弾発表!令和初・放送45周年の節目にふさわしい超豪華33組!,とれたてフジテレビ,2019年11月15日
  9. ^ 「FNS歌謡祭」第2弾で欅坂&日向坂、ジャニーズ勢、ジェネ&ランペ、イエモンら追加,音楽ナタリー,2019年11月21日
  10. ^ FNS歌謡祭に「Endless SHOCK」「ヘアスプレー」ほか、堂本光一は飛天を舞う,ステージナタリー,2019年11月21日
  11. ^ 出演アーティスト第2弾情報は第1夜22組!第2夜32組!令和初・放送45周年にふさわしい夢の顔ぶれ一挙発表!,とれたてフジテレビ,2019年11月22日
  12. ^ 「FNS歌謡祭」に中山美穂や金爆ら追加、堂本剛はオンエア中に楽曲制作,音楽ナタリー,2019年11月28日
  13. ^ 出演アーティスト第3弾発表!中山美穂があの名曲を披露!堂本剛がオリジナルソングを制作!番組の代名詞・“超”豪華コラボレーションの詳細も決定!,とれたてフジテレビ,2019年11月30日
  14. ^ 加山雄三が豪華ミュージシャン従え「FNS歌謡祭」に登場,音楽ナタリー,2019年12月3日
  15. ^ BTSが明日「FNS歌謡祭」初出演、ヒット曲2曲をパフォーマンス,音楽ナタリー,2019年12月3日
  16. ^ 「FNS歌謡祭」で山崎育三郎&重岡大毅がコラボ!Toshl、藤巻亮太、松下奈緒も出演,音楽ナタリー,2019年12月5日
  17. ^ 嵐・相葉雅紀が司会挑戦「FNS歌謡祭第1夜」平均14・1%、瞬間最高17・6%の高視聴率,スポニチアネックス,2019年12月5日

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 FNS歌謡祭
前番組 番組名 次番組
2018 FNS歌謡祭
(2018年)
2019 FNS歌謡祭
(2019年)
-