やさしさで溢れるように

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やさしさで溢れるように
JUJUシングル
初出アルバム『What's Love?
B面 元気を出して
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
プロデュース 亀田誠治
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間11位(オリコン
  • デイリー6位(オリコン)[1]
  • デイリー1位(着うた)[2]
  • 週間3位(ビルボードジャパン・ホット100)
  • 週間10位(ビルボードジャパン・ホットシングルセールス)
  • 2009年1月度月間12位(日本レコード協会・着うた)
  • 2009年2月度月間2位(日本レコード協会・着うた)
  • 2009年度年間6位(mora、楽曲ランキング)
  • 2016年度年間75位(レコチョク
  • JUJU シングル 年表
    素直になれたら/I can be free
    (2008年)
    やさしさで溢れるように
    (2009年)
    明日がくるなら
    (2009年)
    テンプレートを表示

    やさしさで溢れるように』(やさしさであふれるように)は、JUJUの9枚目のシングル2009年2月11日発売。発売元はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

    解説[編集]

    • 前作「I can be free」に引き続き、亀田誠治プロデュースのロック・バラード。
    • 同年1月28日から着うたが配信開始。前作「素直になれたら」の記録を超える、4日間で10万ダウンロードを突破した[3]。また、日本最大規模の携帯歌詞サイト「デジ歌詞 JOYSOUND」にて、2月4日・2月5日付けの2日連続で閲覧ランキングデイリー1位を獲得[4]
    • MTVジャパン日産キューブ」のコラボレーションプロジェクト「MTV meetalk with NEW NISSAN cube」のCMソングに起用され、自らCM出演。
    • カップリング曲は、竹内まりやの「元気を出して」をカヴァー

    収録曲[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「やさしさで溢れるように」小倉しんこう・亀田誠治小倉しんこう亀田誠治
    2.元気を出して(薬師丸ひろ子のカバー)竹内まりや竹内まりや林田"ポチ"裕一

    タイアップ[編集]

    やさしさで溢れるように

    コラボレーション[編集]

    番組 放送日 コラボレーション
    2009 FNS歌謡祭 2009年12月2日 JUJU×徳永英明
    2012 FNS歌謡祭 2012年12月5日 JUJU×TAKAHIRO
    FNSうたの夏まつり2013 2013年7月31日 JUJU×D-LITEBIGBANG
    2013 FNS歌謡祭 2013年12月4日 JUJU×華原朋美
    FNSうたの夏まつり2014 2014年8月13日 JUJU×和田アキ子
    2015 FNS歌謡祭 2015年12月2日 JUJU×水樹奈々
    MUSIC FAIR 2016年3月5日 JUJU×Flower

    カバー[編集]

    Flowerのシングル[編集]

    やさしさで溢れるように
    Flowerシングル
    B面 紫陽花カレイドスコープ(初回仕様限定盤・通常盤)
    太陽と向日葵 (version2016)(通常盤)
    秋風のアンサー (version2016)(通常盤)
    リリース
    規格 CDシングル
    録音 2016年
    日本の旗 日本
    ジャンル J-POP
    レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
    チャート最高順位
    Flower シングル 年表
    瞳の奥の銀河
    (2015年)
    やさしさで溢れるように
    (2016年)
    モノクロ/カラフル
    (2017年)
    テンプレートを表示

    Flowerの「やさしさで溢れるように」は、2016年6月1日ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズから12枚目のシングルとして発売。

    概要[編集]

    前作「瞳の奥の銀河」から約6ヶ月ぶりのシングルで、2016年第1弾シングル。

    2015年10月15日に『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の主題歌として同曲をカバーすることが発表された[5]

    2016年3月12日にシングルとして発売することが発表された[6]。5月3日にビジュアルと商品概要が発表された[7]。5月25日にMusic Videoが公開された[8]

    Googleが発表したYouTube Rewind 2016の「2016年トップトレンド音楽動画(日本)」で11位を記録した[9]

    収録曲[編集]

    初回仕様限定盤(CD+DVD盤)[編集]

    CD

    1. やさしさで溢れるように
      作詞:小倉しんこう・亀田誠治、作曲:小倉しんこう
    2. 紫陽花カレイドスコープ

    DVD

    1. 「やさしさで溢れるように」Music Video

    通常盤(CD盤)[編集]

    1. やさしさで溢れるように
    2. 紫陽花カレイドスコープ
    3. 太陽と向日葵 (version2016)
    4. 秋風のアンサー (version2016)
    5. やさしさで溢れるように (Instrumental)

    期間生産限定版(CD(1coin)盤)[編集]

    1. やさしさで溢れるように

    脚注[編集]

    1. ^ 2009年2月16日付。
    2. ^ JUJUの新曲がデイリーチャート1位獲得、エキサイトミュージック、2009年1月30日。
    3. ^ JUJU、自己記録を超えるダウンロード、エキサイトミュージック、2009年2月6日。
    4. ^ JUJU 歌詞サイトでも1位を獲得!!、エキサイトミュージック、2009年2月9日。
    5. ^ a b FlowerがJUJUの名曲「やさしさで溢れるように」をカヴァー! そして、岩田剛典×高畑充希W主演で話題の映画『植物図鑑』の主題歌に決定! Flower(フラワー)|OFFICIAL WEBSITE (2015年10月15日) 2016年5月25日閲覧
    6. ^ 岩田剛典×高畑充希W主演映画『植物図鑑』の主題歌「やさしさで溢れるように」が 6/1にシングルリリース決定! Flower(フラワー)|OFFICIAL WEBSITE (2016年3月12日) 2016年5月25日閲覧
    7. ^ Flower 待望の12thシングル「やさしさで溢れるように」の新ヴィジュアルと商品概要を発表! Flower(フラワー)|OFFICIAL WEBSITE (2016年5月3日) 2016年5月25日閲覧
    8. ^ Flower待望のNew Single「やさしさで溢れるように」Music Video(映画「植物図鑑運命の恋、ひろいました」主題歌ver.)公開! 本日(5/25)より「やさしさで溢れるように」、「太陽と向日葵(version2016)」の先行配信もスタート! Flower(フラワー)|OFFICIAL WEBSITE (2016年5月25日) 2016年5月25日閲覧
    9. ^ 2016年「音楽」トップトレンド動画(日本)Top 100 2018年2月13日閲覧

    外部リンク[編集]