創聖のアクエリオン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
創聖のアクエリオン
AKINOシングル
初出アルバム『Lost in Time
B面 プライド~嘆きの旅
リリース
規格 マキシシングル
録音 日本の旗 日本
2005年
VICTOR STUDIO
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル Victor
作詞・作曲 岩里祐穂(作詞)
菅野よう子(作曲)
プロデュース 菅野よう子
ゴールドディスク
ミリオンシングルトラック日本レコード協会
3・プラチナ着うたフル、日本レコード協会)
ゴールド(PC配信シングル、日本レコード協会)
平成アニソン大賞 作詞賞(2000年 - 2009年)JASRAC賞(2008年度・銀賞)
第10回アニメーション神戸賞(ノミネート)
チャート最高順位
AKINO シングル 年表
創聖のアクエリオン
(2005年)
Go Tight!
(2005年)
Lost in Time 収録曲
創聖のアクエリオン
(1)
ニケ15歳
(2)
ミュージックビデオ
AKINO from bless4「創聖のアクエリオン」新作MV(Short Ver.) 映像 - YouTube
テンプレートを表示
AKINOのサイン入りCD

創聖のアクエリオン」(そうせいのアクエリオン)は、テレビアニメ創聖のアクエリオン』及び、その関連作品の主題歌AKINO from bless4の1枚目のシングル

録音[編集]

本作「創聖のアクエリオン」のオーディション、及びレコーディングについてAKINOは、「私とAIKI(弟)とお姉ちゃん(KANASA)で行ったんですけど、自分は物覚えが悪い方なので、貰った音源を必死に覚えようとレコーディング当日の朝までずっと一所懸命に練習していました。でも、レコーディングブースに入った瞬間、全部パッ!っと頭の中から消えたんです。本当に真っ白になって、ブースの中で自分が何を歌っているか、全然分からない状態でした。唯一覚えているのがサビのところだけ。そこは歌えたと思うんですけど、でもだから、自分の番が終わった時は自分自身にガッカリしたんです。「このくらいも歌えない……このレベルなんだな」って。ブースを出てもエンジニアさんや皆さんに会いたくない、穴があったら隠れたいという思いでした。絶望しました[2]

なので(ソロでの歌唱の)お話をいただいた時、最初は「無理無理」と思いました。でも、楽曲プロデュースを担当された菅野よう子さんが、自分の高音を好きでいてくれて。音源を聴いても普通なら絶対選ばないと思うんですけど、自分の可能性を見てくれたんですよね。それから成長する機会をたくさん貰いました。自分の人生を変えてくれた、本当に大きい出来事だったと思います」と述べている[3]

音楽性[編集]

作詞岩里祐穂作曲編曲及び楽曲プロデュースは菅野よう子。オリジナルの歌唱は『bless4』のメンバーとして活動する歌手のAKINOが『AKINO from bless4』としてソロで担当している。歌詞はアニメの世界観を表した内容になっている。『創聖のアクエリオン』の放送では前期(第3話〜第17話)のOP主題歌として使用された。

アニメ本編監督の河森正治は打ち合わせの際、菅野に物語の内容やテーマを説明しようとしたが、うまく伝わらなかったという。そこで、作中第13話の「1万2千年前に別れた恋人ラブレターを取り返しにいく」というエピソードを話したところ、菅野はインスピレーションを得て直ぐにこの曲を書き上げたという[4][5]。このキーワードは、曲が盛り上がるサビの部分の歌詞に反映されている。

当初菅野は、AKINOの弟であるAIKIの歌声(当時はまだ声変わりしておらず、菅野曰く「素晴らしいボーイソプラノ」だった)で何かやりたいと思っていた為、AIKIに歌唱を依頼しようと思っていた。ところが、AIKIが声変わりしてしまった為、急遽バックコーラスを依頼する予定だったbless4にオーディションに来てもらい、AKINOがこの曲を歌うことになった[6]

リリース[編集]

本作は2005年4月27日にVictorから発売された。また、2011年8月24日には『アクエリオンEVOL』の制作を記念し、フライングドッグから再発売された[7]

アートワーク/パッケージ[編集]

ジャケットイラストには、今作でキャラクターデザイナーを務めた藤川太作画のアポロニアスが描かれている。

評価[編集]

CDジャーナルは、「トライバルなトリップ性と躍動的なデジ・ビートをミックスアップした音の絨毯の上で、AKINOの艶を持った歌声が凛々しく響きわたってゆく。完成度の高さに興奮!」とコメントしている[8]

ミュージシャン・シンガーソングライターの大石昌良は、「印象的なサビのフレーズの裏で一気にキーが転調し、サビの持つパワーを最大限生かすような構成」と評した[9]

「創聖のアクエリオン」の調
1A・1Bメロ 1サビ 2A・2Bメロ 2サビ・3Cメロ
3サビ・大サビ
D-major b-minor.svgロ短調
(Bm)
E-major c-sharp-minor.svg嬰ハ短調
(Cm)
D-major b-minor.svgロ短調
(Bm)
E-major c-sharp-minor.svg嬰ハ短調
(Cm)

ミュージック・ビデオ[編集]

2021年2月17日、ソロデビュー15周年を記念し、FlyingDogのYouTube公式チャンネルにて、オフィシャルミュージック・ビデオ(Short Ver.)が公開された[10][11][12][13][14]

初めてのオフィシャルMVとなった本作では、AKINOを中心にbless4メンバーが新たな振付けダンスを披露。ダンスの振付けは実弟でありbless4メンバーのAIKI from bless4が担当しており[15]、得意とするテコンドーで磨き抜かれたパワフルかつ流麗なダンスに仕上がっている。

撮影は2021年1月18日19日に行われ、ロケ東京名所を巡っている[16][17][18]東京駅浅草雷門アメ横など、都内各地を中心に10ヶ所に及んだロケ撮影を敢行。また、ロケ地によりメンバーは様々な衣装に変化、医療従事者小学校先生OLや工事作業員など、次々と移り変わるコスプレを披露している[19]

ライヴ・パフォーマンス[編集]

本作はbless4メンバーとの息の合ったダンスパフォーマンスが特徴となっている。基本的にダンスはメンバーのAIKI form bless4が振り付けを行うが、サビの「一万年と二千年前から愛してる」の部分の手話ルーツとしたダンスはAKINOが自身で考案したという[20]

公開日 外部映像リンク 公開元
2011年2月27日 創聖のアクエリオン アニうたKITAKYUSHU2011

社会現象[編集]

チャート成績[編集]

2005年4月4日テレビ東京系で『創聖のアクエリオン』の放送が始まり、3週間後の4月27日に本曲のシングルCDが発売された。オリコンシングルチャートでは2005年4月28日付のデイリーチャートで19位、ウィークリーチャートでは初登場26位となった。6月最終週をもって100位圏外となるも、集計結果が発表される200位圏内におよそ5ヶ月近くランクインした。当初はアニメのOPテーマとしてタイアップされたが、アニメの関連作品が発表されるごとにタイアップが追加されていった。

それからおよそ2年後、2007年8月下旬から多岐川華子出演のSANKYOCRフィーバー創聖のアクエリオン』のCMが全国的にオンエア開始され、そのCMソングとして起用された。それにより、アニメが放映されなかった地域にもこの曲の存在が知られ再び注目されることとなった[21][22][23]

CMのオンエア開始後、シングルCDの売り上げが急速に高まり、2007年9月第1週のオリコンシングルチャートで170位を記録し200位圏内に再浮上、第4週の同チャートでは92位を記録し、トップ100位以内に再ランクインした。さらに、2007年10月第4週の同チャートで22位を記録し、それまでの最高位26位を約2年半ぶりに更新した。デイリーチャートにおいても、2007年10月12日付のオリコンデイリーチャートで18位に、10月14日付で14位にランクインし、過去最高の19位を更新した。オリコン登場回数は54回。

シングルCDのセールスのみならず、音楽DL配信でもほとんどの配信サイトにおいてCMソングに起用後は軒並み上位にランクインした。特筆すべきはiTunes Storeにおける音楽DLランキングにおいて、これまで1位を保っていた宇多田ヒカルの「Beautiful World」を抜き、2007年10月第1週目に1位を記録したことである。11月第1週目でFUNKY MONKEY BABYSの「もう君がいない」とEvery Little Thingの「恋をしている」に抜かれ3位にランクダウンするまで、10月中5週連続で1位を記録していた。

なお、楽曲の販売元であるビクターエンタテインメントは、2007年10月上旬の時点で合計30万ダウンロードを記録していると公表している[24]

またカラオケにおいても、アニメ放送開始時より一部から人気を博していたが[23]、上記のヒットとともに2007年11月/12月のDAM第一興商)カラオケランキングでは過去最高となる6位を記録した。ドワンゴでは、サビ部分の歌詞を利用したデコメが発行された。

累計出荷枚数︰25万枚 / 音楽配信数︰300万DL

チャート 最高位
オリコン(週間) 22位
デイリー 14位

受賞・認定[編集]

発売から年月が経つものの、タイアップが終了して以降もその人気は続いており、2008年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングで年間2位を獲得し[25]、同年度のJASRAC賞では銀賞を受賞している。

2014年2月度日本レコード協会リリースにおいて、着うたフル+インターネット配信合算での100万DL達成が発表された[26]

2005年

2007年

2009年

2011年

  • ゴールド認定 - PC配信シングル(4月
  • ダブルプラチナ認定 - 着うた(4月)
  • トリプルプラチナ認定 - 着うたフル(4月)

2014年

2019年

2021年

シングル収録曲[編集]

オリジナルシングル[編集]

全作詞: 岩里祐穂、全作曲・編曲: 菅野よう子
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「創聖のアクエリオン」岩里祐穂菅野よう子
2.「プライド〜嘆きの旅」岩里祐穂菅野よう子
3.「創聖のアクエリオン」(little mix)岩里祐穂菅野よう子
4.「創聖のアクエリオン」(Instrumental)岩里祐穂菅野よう子
合計時間:

メディアでの使用[編集]

※オリジナル楽曲のみ記述

楽曲 タイアップ
創聖のアクエリオン テレビアニメ創聖のアクエリオン』前期OP主題歌
PS2ソフト『創聖のアクエリオン』CMソング
OVA創星のアクエリオン』シリーズテーマソング
アニメ映画劇場版アクエリオン -創星神話篇-』テーマソング
SANKYOCRF創聖のアクエリオン 転翅篇』搭載曲
テレビアニメ『アクエリオンEVOL挿入歌
SANKYO『CRF創聖のアクエリオンIII』搭載曲
テレビアニメ『アクエリオンロゴス』挿入歌
PS Plus体感合体 『アクエリオン・EVOL』搭載曲
プライド~嘆きの旅 テレビアニメ『創聖のアクエリオン』挿入歌
テレビアニメ『アクエリオンEVOL』挿入歌
SANKYO『CRF創聖のアクエリオンIII』搭載曲
SANKYO『CRFアクエリオンWR』搭載曲
SANKYO『PFアクエリオンW 最終決戦ver.』搭載曲

収録アルバム[編集]

曲名 収録アルバム 発売日
創聖のアクエリオン Lost in Time 2007年11月7日
プライド〜嘆きの旅

スタッフ・クレジット[編集]

STAFF[編集]

Performed by AKINO from bless4

MV STAFF[編集]

  • Director︰瀧澤雅敏
  • D.O.P︰小山麻美
  • Lighting Director︰藤田昌樹
  • Production Manager︰高安瑞大/沖本拓也
  • Producer︰野村貴宏
  • Hair & Make up︰鈴木彩/奥田真莉
  • Styling︰AKINO

Choreographer[編集]

セルフカバー[編集]

AKINOによる別Version[編集]

Genesis of Aquarion

オリジナル楽曲の英歌詞Ver。AKINOのボーカルに加え、ピアノとbless4によるゴスペル風コーラスフィーチャーして制作されている。『創聖のアクエリオン』、『アクエリオンEVOL』の挿入歌。AKINOのアルバム『Lost in Time』にボーナストラックとしても収録されている。

創聖のアクエリオン お兄さまと

既存のオリジナルバージョンにbless4の長兄であるAKASHIをバックボーカルに迎えている。SANKYO『CRFアクエリオンEVOL』実機搭載曲。

Genesis of LOVE〜愛の起源

「創聖のアクエリオン」EVOL版New Ver.として2012年に制作された。PS3/PS Vitaソフト『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』BGM。AKINOの2ndアルバム『Decennia』に収録。

創聖のアクエリオン(little mix)

オリジナルのリミックス曲。わずか1分2秒と比較的尺が短いものになっている。オリジナルCDにのみ収録。

15周年オンラインコンサート[編集]

AKINOのソロデビュー15周年を記念したオンラインコンサート一万年と二千年前から愛してる』が2020年7月25日に開催された。コンサートタイトルは「創聖のアクエリオン」のサビの歌詞を使用している。

また、今回は新型コロナウイルスの影響によりオンラインコンサートという形をとっている(ZAIKO有料配信)。配信会場はbless4スタジオ。

スペシャルゲスト[編集]

コンサート内容[編集]

※黒文字は『bless4』名義の楽曲

セットリスト
01 Genesis of Aquarion
02 Go Tight!
03 エクストラ・マジック・アワー
04 Jet Coaster Ride
MC
05 素足
06 月のもう半分
07 イヴの断片
MC
08 てだしろのかみうた
09 SAYONARA
10 Let's Have A PARTY♪
MC
11 月明かりのMonologue
MC
12 Étoile de prière
MC
13 What Am I Fighting For
14 海色
15 ドキドキするから
グッズ紹介
MC
16 創聖のアクエリオン
ENCORE
17 荒野のヒース
MC
18 Chance To Shine

参加ミュージシャン[編集]

  • Guitar : shin - go
  • Bass : 柴山雅英
  • Keyboard : さおりん
  • Drum : Emett 山崎
  • バックダンス&コーラス&エイサー : AMW

エレメント合体Version[編集]

創聖のアクエリオン エレメント合体Ver.
アポロ(寺島拓篤)、シルヴィア(かかずゆみ)、麗花(小林沙苗) / AKINO from bless4シングル
B面 Go Tight! エレメント合体Ver.、荒野のヒース リーナ・ルーンver.(配信シングル)
創聖のアクエリオン (CDシングル)
リリース
規格 配信
マキシシングル
録音 2007年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
(アニメソング)
キャラクターソング
時間
レーベル flying DOG
作詞・作曲 岩里祐穂(作詞)
菅野よう子(作曲)
チャート最高順位
  • 週間14位オリコン
  • 2008年度年間189位(オリコン)
  • 登場回数33回(オリコン)
アポロ(寺島拓篤)、シルヴィア(かかずゆみ)、麗花(小林沙苗) / AKINO from bless4 シングル 年表
創聖のアクエリオン エレメント合体Ver.
(2007年)
-
テンプレートを表示

パチンコ関連Ver[編集]

楽曲には別バージョンが複数存在する。

  • 『CRフィーバー創聖のアクエリオン』CMソング、および実機の大当たり時に使用されているバージョンである「創聖のアクエリオン エレメント合体Ver.」は、アニメキャラクターのアポロ(CV:寺島拓篤)/シルヴィア(CV:かかずゆみ)/麗花(CV:小林沙苗)による歌唱であり、AKINO自身はボーカルに関与していない(タイアップがパチンコであり、CM放映当時AKINOが18歳未満であった為)。こちらはOVA創星のアクエリオン -太陽の翼-』限定愛蔵版付属スペシャルCDに収録される他、2007年10月10日から配信限定シングルとして配信が開始され、AKINOのアルバム『Lost in Time』の発売日と同日の11月7日にシングルCD化もされている。
  • 2012年に稼動したSANKYO『CRフィーバー創聖のアクエリオンIII』では、JAM Projectのメンバーである福山芳樹が歌唱する「創聖のアクエリオン 熱輝合体Ver.」(ねっきがったいバージョン)が使用された[28]。2012年12月より配信がスタートしたほか[29]、アニメ本編の続編である『アクエリオンEVOL』第8巻の初回生産版特典CDに収録されている。カップリングは「Go Tight! 熱輝合体Ver.」。

エレメントVerシングル[編集]

配信シングル
  1. 創聖のアクエリオン(エレメント合体Ver.)
    作詞:岩里祐穂 / 作・編曲:菅野よう子
    歌:アポロ(寺島拓篤)/シルヴィア(かかずゆみ)/麗花(小林沙苗)
  2. Go Tight!(エレメント合体Ver.)
    作詞:岩里祐穂 / 作・編曲:菅野よう子
    歌:アポロ(寺島拓篤)/シルヴィア(かかずゆみ)/麗花(小林沙苗)
  3. 荒野のヒース(リーナ・ルーンver.)
    作詞:岩里祐穂 / 作・編曲:菅野よう子
    歌:リーナ(佐藤ひろ美
    • SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』実機使用曲
CDシングル
  1. 創聖のアクエリオン(エレメント合体Ver.)
    歌: アポロ(寺島拓篤)/シルヴィア(かかずゆみ)/麗花(小林沙苗)
  2. 創聖のアクエリオン(オリジナルVer.)
    歌: AKINO from bless4
  3. 創聖のアクエリオン (Instrumental)

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
創聖のアクエリオン エレメント合体Ver. SANKYOフィーバー創聖のアクエリオン』CMソング
アルゴ・ピクチャーズ配給劇場版アニメ映画『劇場版 アクエリオン』テーマソング
SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』搭載曲
SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』CMソング
荒野のヒース リーナ・ルーンver. SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオン』搭載曲
創聖のアクエリオン 熱輝合体Ver. SANKYO『フィーバー創聖のアクエリオンIII』搭載曲

カバー[編集]

本曲は様々なアーティストにカバーされている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 着うたフル/2011年/年間ダウンロードランキング/超!アニメロ” (2011年12月9日). 2011年12月10日23:25閲覧。
  2. ^ アニメ・アニメ音楽のポータルサイト, リスアニ!WEB-. “AKINO from bless4 デビュー15周年記念アニバーサリーアルバム『your ears, our years』リリース記念インタビュー”. 2021年4月4日閲覧。
  3. ^ AKINO from bless4が体現する“歌を楽しむ”こと 音楽と真摯に向き合った15年の軌跡”. 2021年4月4日閲覧。
  4. ^ 『マクロスall song book 歌って歌ってデカルチャー』学習研究社、2009年、3頁。ISBN 9784054040953
  5. ^ 「河森正治×菅野よう子スペシャル初対談」『CONTINUE』第39号、太田出版、2009年、 143頁。
  6. ^ 菅野よう子×AKINO 「アクエリオン」の音楽を巡る対談 音楽ナタリー、2014年8月12日閲覧。
  7. ^ 「創聖のアクエリオン」OPテーマ~創聖のアクエリオン / AKINO [再発 - CDJournal]”. 2021年4月4日閲覧。
  8. ^ 創聖のアクエリオン / AKINO - CDJournal”. 2021年4月4日閲覧。
  9. ^ “2019年2月17日放送「関ジャム 完全燃SHOW」にて”. テレビ朝日系列番組. 
  10. ^ AKINO from bless4、15年の時を経て制作された「創聖のアクエリオン」初のオフィシャルMVを公開(BARKS)”. 2021年2月21日閲覧。
  11. ^ AKINO from bless4、「創聖のアクエリオン」初のオフィシャルMV公開 15周年のアニバーサリーアルバムも発売 | Musicman”. 2021年2月21日閲覧。
  12. ^ AKINO from bless4、15年の時を経て制作された「創聖のアクエリオン」初のオフィシャルMVを公開”. 2021年2月21日閲覧。
  13. ^ AKINO from bless4、「創聖のアクエリオン」シングル発売15周年を記念したMVが完成! | OKMusic”. 2021年2月21日閲覧。
  14. ^ エムティーアイ. “AKINO from bless4、「創聖のアクエリオン」シングル発売15周年を記念したMVが完成! - music.jpニュース”. 2021年2月21日閲覧。
  15. ^ Twitter 2021年2月18日の投稿”. 2021年2月23日閲覧。
  16. ^ Twitter 2021年1月18日の投稿”. 2021年2月21日閲覧。
  17. ^ Twitter 2021年1月18日の投稿”. 2021年2月21日閲覧。
  18. ^ Twitter 2021年1月19日の投稿”. 2021年2月21日閲覧。
  19. ^ Music Voice. “【インタビュー】AKINO「ソロでも決して一人ではない」15年間続けることができた音楽との絆”. 2021年3月24日閲覧。
  20. ^ “ラジオ『鈴木みのりと笑顔満タンで!』(第141回放送)より”. (2021年3月20日) 
  21. ^ 「あなたと合体したい・・・」話題のCMソングが大ブレイクの兆し”. 2008年9月18日閲覧。
  22. ^ 「創聖のアクエリオン」で話題のAKINO、アキバでライブを実施”. @ぴあ. 2008年9月18日閲覧。
  23. ^ a b 立山夏行. “創聖のアクエリオン:「1万年と2000年前から…」アキバに響く AKINOが野外ライブ”. 2008年9月18日閲覧。
  24. ^ Victor Animation Network【m-serve】 作品詳細 創聖のアクエリオン”. 2008年9月19日閲覧。
  25. ^ 2009年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2009年。
  26. ^ http://www.riaj.or.jp/f/data/cert/hs_search.html
  27. ^ 一万年と二千年前から……AKINO from bless4が歌う『創聖のアクエリオン』はアニソン史に残る名フレーズが炸裂!(ファミ通.com)”. 2021年4月24日閲覧。
  28. ^ "「フィーバー 創聖のアクエリオンIII」に福山芳樹! 河森監督コメントも!". Newtype アニメミュージックダウンロード.(2012年6月20日)2013年10月2日閲覧。
  29. ^ "『フィーバー創聖のアクエリオンⅢ』主題歌の配信が、ついにスタート!". リスアニ! WEB.(2012年12月20日)2013年10月2日閲覧。
  30. ^ bang_dream_gbpの2019年12月22日のツイート2019年12月23日閲覧。
  31. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ! カバーコレクション Vol.5”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト. 2020年11月24日閲覧。