医療従事者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

医療従事者(いりょうじゅうじしゃ)とは、医療業務に従事する者を指す。医療職とも、医療者とも呼ぶ。また、各医療従事者らを包含した言葉にコ・メディカルがある。

概要[編集]

医療者という職種は、病気や障害を持った人に、専門的知識と技術を行使し、その人がその人として生活できるよう手助けする職種だと考えられる。某医科大学の「病気を診ずして、病人を診よ」という理念になぞらえて、病をもった人の生活を支援することが医療者の仕事、と定義することもできるであろう[1]

病院医院診療所薬局助産所施術所歯科技工所介護老人保健施設などの医療機関・医療関連機関に勤務、または開業している者が多い。

医療従事者の業務は、対象者の生命身体精神の根幹に関わるものであるため、他職種に比しても特に高い専門性が要求される。従って、多くの場合、採用に当たっては免許資格を所有し、高度な専門性を担保していることが求められる。

ただし医療者というのは、専門的知識を持っていることも大事ではあるが、それに加えて、患者さんの生活を支援するために患者さんの個性を知り患者さんの生活を知ることも重要で、①が嫌いでないこと ②人間としての経験を積むこと ③知識を使うことの責任を知っていること ④変化に対応し自分自身を変えてゆく能力(Capability) などが求められている、ともされる[1]

職種[編集]

医療者には医師歯科医師薬剤師看護師助産師臨床検査技師診療放射線技師臨床工学技士歯科衛生士理学療法士作業療法士歯科技工士救急救命士言語聴覚士視能訓練士管理栄養士、等がある[1]。多くの種類の医療職が存在している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『医療入門 よりよいコラボレーションのために』第二章

関連項目[編集]