西洋医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西洋医学(せいよういがく)は、欧米において発展した医学を指す用語である。明治初期から、欧米医学を指す言葉として用いられた[1]。正式な医学用語ではなく、俗語であり[1]、文脈によって意味が異なる。

ヨーロッパアラビア(西洋)には、中国医学東洋医学)とは異なる概念・理論・治療体系をもつ伝統医学(ギリシャ・アラビア医学、ユナニ医学)がある。これは古代ギリシャに始まり、四体液説プネウマ論など基礎とするもので、アーユルヴェーダ(インド伝統医学)・中国医学と同じように全体観(ホーリズム)の医学である[2]。各地の伝統医学は交流しながら発展した。西洋医学は、古代から現代までの西洋の医学を指す場合もあるが、ルネサンスに端を発し、その後自然科学と結合し19世紀後半に発展した近代医学[3]または現代医学(正式名称は医学)を指すことが多い。

欧米では、医学を応用科学に含めるのが一般的である。

歴史[編集]

ギリシア神話にて医学の神であるアスクレーピオスの像。左手に持つのまとわりついた杖がシンボルとなっている。

ヨーロッパにおいては、「医」の起源は古代ギリシアヒポクラテスとされている。その後古代ローマガレノスアリストテレスの哲学(学問の集大成)を踏まえ、それまでの医療知識をまとめ、学問としての医学が確立されたと言われている。ガレノスはその後、数百年ものあいだ権威とされた。

中世では、外科はキリスト教徒の職業とはみなされていなかった。病気の恵みであり、医療は神への冒涜とされた。当時は理容師Barber surgeon:理容外科医とも言われた)によって外科手術やまじない的な瀉血治療などが行われていて、これは学術的な医学が発達するまで広く行われていた。このように、ヨーロッパにおいては、古代ギリシア等の知識が継承されることなく、学問としての医学は低迷した。

古代ギリシャの医学知識は、イブン・スィーナーイブン・ルシュドに代表される、イスラム世界において継承された。 (→ユナニ医学イスラム科学

ルネサンス期のヨーロッパでは、上記のイスラーム世界の(アラブ語の)医学書籍が(欧州の言語に)翻訳され、パドヴァ大学などで研究され始めた。それにつれて、人体に対し(部分的ではあるが)実証的研究がはじまり(→実証主義)、それまでの医学上の人体知識が徐々に否定されはじめ、近代科学としての医学が萌芽した。


日本では1543年に鉄砲伝来した以降、西洋医学が伝えられ、宣教師はキリスト教布教に医術を利用した[4]ポルトガル人アルメイダ豊後に日本最初の洋式病院を設立した[5]。幕末には蘭学とともに西洋医学書の翻訳などが行なわれた。明治維新後には漢方医学を廃し、西洋医学を「医学」とするようになった、とも言われる。

20世紀になると、医者は患者の人体に劇的に作用する技術の向上に力を注いだ。

関連文献[編集]

書籍
  • 小川政修『西洋医学史』日新書院、 1943
  • 矢部 一郎『西洋医学の歴史』恒和選書、1983年
  • インファンテ・ビエイラ セルソ『アディオス(さようなら)西洋医学―KI(気)がつけばハッピーライフ』さわやか出版社、1990、ISBN 4795214077
  • ヒポクラテス、常石敬一 『ヒポクラテスの西洋医学序説』小学館、1996 ISBN 4092510268
  • ディーター・ジェッター『西洋医学史ハンドブック』朝倉書店、1996、ISBN 4254101376
  • ジョン・Z. バワース『日本における西洋医学の先駆者たち』慶應義塾大学出版会、1998 ISBN 4766407237
  • 加藤 文三、平尾 真智子、石井 勉『西洋医学がやってきた―近世(日本人 いのちと健康の歴史) 』 農山漁村文化協会、2008、ISBN 454007217X
  • 吉良枝郎『日本の西洋医学の生い立ち: 南蛮人渡来から明治維新まで』築地書館、2000、 ISBN 4806711977
  • 梶田昭『医学の歴史』講談社学術文庫、2003、ISBN 4061596144
  • 吉良枝郎『幕末から廃藩置県までの西洋医学』築地書館、2005、ISBN 4806713066
  • 石原結実『間違いだらけの医学・健康常識―西洋医学を過信すると早死にする』日本文芸社、2005、ISBN 4537253029
  • 河村 攻『「なぜ治らないの?」と思ったら読む本第3の医学“ハイブリッド医療”』ハート出版、2008、ISBN 4892955612
  • 石内 裕人、織部 和宏『各科の西洋医学的難治例に対する漢方治療の試み』たにぐち書店、2009、ISBN 4861290880
論文類
  • 河本重次郞「日本と西洋醫學との關係」千葉醫學會雜誌 Vol.11 no.1 page.20-33、1933
  • 平野 智治「漢法医学と西洋医学」日本数学教育会誌Journal of the Mathematical Educaional Society of Japan 46(8) pp.121 1964
  • 中川 定明「東西医学の接点 : (2) 中国伝統医学の病理学と西洋医学の病理学の対比 : 東西両医学に共通する「疾患分類」の提唱」日本東洋醫學雜誌 Japanese Journal of Oriental Medicine 45(3) pp.625-631、 1995
  • 板垣英治2005「金沢医学館:北陸での西洋医学教育の始まり」
  • Nancy Midol & Wei Guo Hu, Médecine occidentale, médecine orientale : un dialogue intéressant pour penser la santé en Europe, Le Détour, No.5, 2005, p.171-183
  • 金澤 一郎「西洋医学と東洋医学の統合」日本東洋医学雑誌 Vol. 59、2008 、 No. 6 pp.765-774

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 真柳誠 「西洋医学と東洋医学」 『しにか』8巻11号
  2. ^ 梶田昭『医学の歴史』講談社学術文庫、2003年
  3. ^ 服部伸 著『世界史リブレット82 近代医学の光と影』 山川出版社、2004年
  4. ^ 小川鼎三『医学の歴史』(中公新書、1964年)、pp.96-97
  5. ^ 小川鼎三『医学の歴史』(中公新書、1964年)、p.96

関連項目[編集]

アスクレーピオスの杖。がまとわりついているのが特徴。

外部リンク[編集]