冒涜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冒瀆冒涜(ぼうとく)は、崇高なものや神聖なもの、または大切なものを、貶める行為、または発言をいう。 価値観が異なる人からすると冒涜の基準が異なるため、ある行為や発言を冒涜と感じるかどうかは各個人によるものである。 通常、性的な意味で戒律などの教えに背く、または社会のルールを破る場合は背徳といい、区別されている。

冒涜的、または冒涜行為が描写されている作品[編集]

冒涜に関連した主な罪、国[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現職知事が問われた宗教冒涜罪には欠陥も”. Sankei Biz (2017年6月21日). 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ アイルランド、「神への冒涜罪」を廃止へ 国民投票結果”. AFP (2018年10月28日). 2018年10月28日閲覧。
  3. ^ 韓国国旗を燃やした20代男性、「国旗冒涜」で起訴”. レコードチャイナ (2015年10月29日). 2018年10月28日閲覧。

関連項目[編集]