瀉血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中世ヨーロッパの瀉血
近代のヨーロッパや米国でも熱心に信じられ、さかんに行われた瀉血。

瀉血(しゃけつ)とは、人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つである。古くは中世ヨーロッパ、さらに近代のヨーロッパやアメリカ合衆国の医師たちに熱心に信じられ、さかんに行われた[1]。だが、現代では実は医学的根拠は無かったとされる。

現在の瀉血は限定的な症状の治療に用いられるのみである。方法としては17ゲージ前後の注射針を血管に穿刺・留置してチューブを通し吸引機を使用して血液を抜き去る。

概要[編集]

古典的な意味での瀉血は、体内にたまった不要物や有害物を血液と共に外部に排出させることで、健康を回復できるという考えによるものである。

西洋医学でさかんに行われた療法である。ヨーロッパやアメリカ合衆国で、多くの医者が患者のどんな症状を見てもしばしば「瀉血が効く」としてそれを実行した[1]。中世から18世紀末頃にかけて、欧米では瀉血は一般的な治療法であった[1]。初期のアメリカ合衆国でも盛んに瀉血が行われていた[1]。「熱が出れば瀉血」「下痢をしても瀉血」「せきが出ても瀉血」といった調子で、毎日のように、患者宅から患者宅へと一日に何軒も駆け回って、患者の血を抜くことを繰り返していた[1]。医療行為としては瀉血ばかりを行っていて、他にはほとんど何もしないというような医師が多い、というような状態だったのである[1]

初期には創傷などによって皮下にたまったを排出させるため、一度癒着した創傷部を切開したことに由来するといわれている。また鬱血によって皮下にたまった血液を排出させることで、治癒を促すともいい、中国医療のでは、患部に小さな傷をつけ、陰圧にしたガラス製の小さな壷を取り付け血を吸い出す療法もあるが、血液を体外に出すことの是非に関しては、現在の所では効果のほどは不明であるとされる。[独自研究?]またヒル等の吸血動物に血液を吸わせる瀉血法も古くから行われており、19世紀初頭には切開による瀉血に替わって広く行われた。

なお現在の日本の法律では、患者の体を切開することは医療行為にあたり、医師にしか許されない。無資格で行えば医師法違反(無資格医業)により処罰の対象となる。前述の刺絡に関しては瀉血であるか否かが議論となっているが、2006年2月1日に無資格者が瀉血を行なったとして逮捕者を出した(同5月11日に有罪判決)[要出典]。日本刺絡学会の弁に拠れば、(瀉血は血管を切って血を出すものだが)刺絡は身体の所定の箇所(いわゆる「ツボ」)の皮膚に鍼を刺すか小さく切開して、指で絞る(このほか負圧にした小さなガラス容器を吸い付かせるなども)などして血を少量出すだけの、瀉血とは考え方も方法も(加えて排出される血の量も)異なる方法だとしている。ただ一部では、こういった事情にも絡んでか刺絡にしても積極的に血を絞り出させない施術を行なうところも出てきている模様である。

現在的な瀉血は、基本的には献血で血液を採血するのと同様の方法で行われる。献血と違い、瀉血された血液は廃棄される。個人的に献血を瀉血の手段として利用する者[誰?]も存在する。

ヨーロッパでの瀉血の歴史[編集]

瀉血はギリシャに始まり、そしてヨーロッパに広まり、中世初期では修道士が実践していた。

初期の頃には創傷によって皮下にたまった膿などを排出させる治療行為であったが、時代が下ると打撲骨折によって生じた炎症部分を切開し、炎症の軽減を求めるためにも利用され、他方血液のよどみが病気の原因であると考えられたため、血管を切開した。頭痛ではこめかみの血管を切開して、頭痛の軽減を図ろうとしたりする方向へ発展した。

1162年、ローマ法王が瀉血を禁止すると、床屋が瀉血用の小刀が付属したツールナイフを開発して瀉血を引き継いだ。現代の床屋の看板「サインポール」の元である「赤・青・白の縞模様」はもともと「赤・白の縞模様」であり、赤は血、白は止血帯を表し、ポール自体の形は瀉血の際に用いた血の流れを良くするために患者に握らせた棒を表しているという。

なお頭痛治療における瀉血に関しては、穿頭(トレパネーション)の類型であると見なすことも可能だが、その一方で現代医学の範疇でも多血症下記参照)に一定の症状軽減効果があることが知られており、当時としても瀉血療法を施した患者の中に、理由がわからないながらも、一定の効果があった、そしてそれが経験的に知られていた可能性もある。ただ、症候学の未発達な時代でもあったため、多血症に原因がある頭痛にもそれ以外の頭痛でも区別されず、一律にこれら施術を行っていた部分もあるなど、必ずしも根拠に基づく医療ではなかった。

更に時代を下ると伝染病敗血症循環器系障害等にまで積極的に使用されたという。この時代においては衛生の維持が不十分であったため、切開部が感染症を引き起こすことも多く、また体力が落ちている患者にまで瀉血療法を行った結果、いたずらに体力を損耗させ、死に至るケースも珍しくなかった。そのケースに当てはまる可能性のある著名人には、エイダ・ラブレスモーツァルトジョージ・ワシントンなどがいる。

一部では神秘主義と結合し、体内に巣食った的なものが血液と共に排出されると考えられた部分もあり、このような瀉血の汎用は長く続き、またヨーロッパ一帯に広まって近代医療の発展する時代まで続いたという(呪術医の項を参照)。ヒポクラテスの唱えた四体液説が当時の医学の根本的な考えであったことも使用に拍車をかけた(四体液説では体液のバランスが健康に影響するとされているため、崩れた体液のバランスを戻すために血液の量を減らす目的で瀉血が行われた)。

後に、いたずらに体力を消耗させる瀉血療法の治療効果が疑わしいとして、18世紀以降には次第に汎用されることは減っていった

沖縄の瀉血療法[編集]

沖縄では伝統的な民間療法が見られる。この沖縄の民間療法における瀉血では、ハンセン病以外に熱発を伴う風邪、ハブ咬傷など色々な疾患にも使われていた[2]。名称として乱切・瀉血療法といっている文献もある[3]。瀉血の場所は頭痛の場合は頭部であるが、一般的には背部が多く、その他の場所でもある。その部位を柄つき剃刀で切り出血させる。芭蕉の芯で拭き出血を増大させ、泡盛で消毒する。火吹き竹で出血を増大させることもあり、そのためにブーブーともいう。開始時期は明確でないが、江戸時代か明治時代の文献がある。昭和42年においても、都市部で15.1%,離島では50%近くの子供にもみられた。非医師(ヤブ)や家族により施行された。実施の時期は乳幼児59.1%,幼児期、27,8%,新生時期、2.0%。背部では細い瘢痕、頭部では小さいハゲとして残る。宮古療養所、昭和12年年報や沖縄本島の患者の思い出の話にも記述がある。

現代医療における瀉血療法[編集]

現代医療では、いくつかの症例において治療法の一つとして、この瀉血療法が行われる場合があり、これらは医学的にも根拠のある治療手段である。以下に例をあげる。

多血症

血液細胞が必要以上に作られてしまう病気である真性多血症では瀉血は基本的な治療である。Ht>55%が治療開始の目安であり、1回の瀉血は400-600ml程度である[註 1]。瀉血した後一ヶ月程度でHtは元に戻るのでHtを見ながら繰り返し瀉血し、理想的にはHtを男性で45%以下女性で42%以下血小板数を40万/μl以下にコントロールすること、あるいは少なくともHt45%以下を目標とする。ただし瀉血は真性多血症の原因を解消する手段ではなくHtのコントロールが目的である[4][5][6]。瀉血を繰り返すうちに貯蔵鉄がなくなるとヘモグロビンの材料が乏しくなるため、赤血球は小型の物になり、Htの増加は抑え易くなる[7]。そのため赤血球が小さくなっても鉄剤の投与は厳禁である[7]。 ただし、研究者によっては鉄欠乏は皮膚掻痒の増大や倦怠感を招きQOLを下げるとして鉄剤の投与に肯定的な意見もある[8]。真性多血症以外の多血症では、赤血球増加の原因を探りその原因を解消すること基本とし瀉血が第一選択にはならないが、しかし、多血症の原因の解消が困難であったり、合併症が見込まれるとき、Htが極端に高いときには瀉血などの治療を適宜行う[9]

C型肝炎
ウイルス性肝炎の一種であるC型肝炎では、体内に異常蓄積された分を減らすため、食餌療法と並行して瀉血療法が行われることがある。C型肝炎では、肝臓に蓄積された鉄分により活性酸素が発生し、肝炎症状の悪化を招く。このため肝臓に蓄積された鉄分を減らすために通常は鉄分を含む食品を取らないようにして症状の悪化を食い止めるが、既に鉄分が過剰に蓄積されている状態では、通常の新陳代謝ではなかなか状態が改善しないことがある。このため、瀉血によりヘモグロビンの形で多量の鉄を内部にもつ赤血球を体外に排出させ、体内の鉄の総量を減少させる治療が行われる。[10][11]これは、あくまで肝炎の進行を抑え肝硬変及び肝がんへの移行を防ぐための対症療法であり、肝炎自体の治癒を目的とするものではない。
ヘモクロマトーシス
体内に鉄が沈着するヘモクロマトーシスでは、体内に沈着した鉄を除去するために瀉血を行う。遺伝性ヘモクロマトーシスでは瀉血が第一選択であり、定期的に行う必要がある。二次性ヘモクロマトーシスでも輸血が原因であったり貧血を伴ったりするものを除いて瀉血を行う。
接合手術後の処置
切断された四肢の端部の接合手術後、接合された部分に血液が循環せずに鬱血する場合があり、接合部分の傷口に大型の無菌化したヒルを当て血液を吸わせ、接合した部分の血液循環を促進させ、壊死を防ぐという療法が存在する。[要出典]
細菌・真菌感染症
動物実験で、瀉血によりヴァソプレシン免疫を活性化するホルモン)の分泌が増えることが確認されている[要出典]
また、ヘプシジン(w:en:Hepcidin)は肝臓で産生される一種のペプチドホルモンであり、鉄代謝制御を行っている。ヘプシジンは腸からの鉄の過剰な吸収を抑制する作用を有する。多くの病原体はその増殖に多量の鉄を要するため、ヘプシジンが血清鉄濃度を低下させることは炎症の原因となる菌の増殖を抑制して抗菌作用も発揮することになる[12]
笹針
に対して、馬針(三稜針)というの形に似た特殊な針を刺して瀉血する治療法である。競走馬は、血液の循環が悪くなり、鬱血状態を起こすと、全身コズミ(筋炎や筋肉痛の俗称)や跛行を呈することがある。これを解消するために針を刺して鬱血を取ることを笹針治療(乱刺手術)という。日本独自の治療法であり、欧米では行われない。[13]

類似の療法[編集]

カッピング療法(吸い玉療法)として、中を火であぶった竹筒ないしガラス容器など(容器内部の空気を急速に加熱膨張させ、それが冷える過程で負圧となる)を利用した陰圧で、皮下に鬱血を生じさせる伝統療法が、西洋東洋を問わず存在した。たんに鬱血を生じさせるだけでなく、そこを切開して瀉血を行う場合も多かった。現代においても民間療法として存在する。あるいは伝統中国医学ないし鍼灸治療刺絡(中国式表記では刺血)として存在する。これは過去のヨーロッパや現代でも行われる積極的に血管を切開して出血させる瀉血法とは別のものと見る考えもある[14]。ただ、第162国会質問主意書第26号(2005年6月14日)答弁に拠れば定義がはっきりしておらず、「個々の事例に則して判断されるべきもの」[15]としている。科学的な根拠は無いとされる。肩こり五十肩などには効果があるとする意見[誰?]もあるが、これらはそもそも疾病の原因が科学的に解明されておらず、現在の所は経験則の域を出ていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし治療者によっては1回の瀉血量を少なめにして、そのかわり瀉血回数を増やすこともある。大阪市立大学 血液内科2011.2.19閲覧

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f ダグラス・スター『血液の歴史』河出書房新 2009年
  2. ^ 沖縄県医師会会報・随筆(宮古南静園 菊池一郎・平成11年7月号)
  3. ^ 『沖縄県における乱切瀉血療法』菊池一郎・『皮膚科の臨床45(4)』435-437,2003.
  4. ^ 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、p.946
  5. ^ マリー E.『血液/腫瘍学シークレット』p.77
  6. ^ N Engl J Med 2013; 368:22-33
  7. ^ a b 『血液内科クリニカルスタンダード』p295
  8. ^ マリー E.『血液/腫瘍学シークレット』p.78
  9. ^ 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、p.1251
  10. ^ Yano, M., et al. A significant reduction in serum alanine amino-transferase levels after 3-months iron reduction therapy for chronic hepatitis C: a multicenter, prospective, randomizend, controlled trial in Japan. J.Gastroenterol. 39;570-574, 2004.
  11. ^ Kato, J., et al. Normalization of elevated hepatic 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine levels in chronic hepatitis C patients by phlebotomy and low iron diet. Cancer Res. 61;8697-8702, 2001.
  12. ^ 友杉 直久 2.ヘプシジンの発見とその後の発展  日本内科学会雑誌Vol. 99 (2010) No. 6 p. 1180-1187
  13. ^ JRA競走馬総合研究所
  14. ^ 日本刺絡学会リリースコメント
  15. ^ 参議院議員谷博之君提出鍼術における刺絡鍼法に関する質問に対する答弁書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]