福島県立医科大学附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 福島県立医科大学附属病院
Fukushima Medical University Hospital.jpg
情報
正式名称 公立大学法人福島県立医科大学附属病院
前身 白川仮病院 (1871-1872)
須賀川病院 (1872-1882)
福島県立福島病院 (1882-1890)
信夫・伊達・安達三郡共立福島病院(1890-1925)
公立福島病院 (1925-1944)
福島県立女子医学専門学校附属医院 (1944-1951)
許可病床数

778床
一般病床:713床
精神病床:49床
感染症病床:2床


結核病床:14床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 公立大学法人福島県立医科大学
管理者 村川雅洋(病院長)
開設年月日 1951年
所在地
960-1295
福島県福島市光が丘1番地
位置 北緯37度41分22秒
東経140度28分17秒
座標: 北緯37度41分22秒 東経140度28分17秒
二次医療圏 県北
PJ 医療機関
テンプレートを表示

福島県立医科大学附属病院(ふくしまけんりついかだいがくふぞくびょういん)は、福島県福島市光が丘1に所在する、公立大学法人福島県立医科大学が設置する大学病院である。周辺地域では「医大病院」と通称される。

概要[編集]

特定機能病院、福島県がん診療連携拠点病院・基幹災害医療センターであり、同県北部地方の救命救急センターとしての役割を持つ。日本第3位の面積と過疎地域を抱える県の中核病院として、ドクターヘリを独自運用している。

また原子力発電産業が県東部に立地するため、原子力災害緊急医療施設を有する。

2015年(平成27年)8月26日に全国の被曝医療態勢の整備を支援する「原子力災害医療・総合支援センター」と、 事故発生時に大量被曝患者の治療や他の医療機関を指導を行って原子力災害時の被曝医療の中心になる「高度被ばく医療支援センター」に指定された[1]

1,000名を超えるスタッフが、年間およそ23万4,000人の入院患者/38万1,000人の外来患者の診療にあたっている。一日あたり平均外来数は1,500人を超える。

診療科[編集]

  • 循環器内科
  • 血液内科
  • 消化器内科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 腎臓・高血圧内科
  • 糖尿病・内分泌代謝内科
  • 神経内科
  • 呼吸器内科
  • 漢方内科
  • 腫瘍内科
  • 呼吸器外科
  • 消化管外科
  • 肝胆膵・移植外科
  • 乳腺外科
  • 小児外科
  • 甲状腺・内分泌外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 心臓血管外科
  • 形成外科
  • 産科
  • 婦人科
  • 小児科
  • 小児腫瘍内科
  • 眼科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科・副腎内分泌外科
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 心身医療科
  • 放射線科
  • 麻酔・疼痛緩和科
  • 病理診断科
  • 歯科口腔外科
  • 救急科

中央診療施設・内部組織[編集]

  • 医療安全管理部
  • 感染制御部
  • 医療情報部
  • 地域連携部
  • 検査部
  • 放射線部
  • 手術部
  • 集中治療部
  • 総合周産期母子医療センター(母胎・胎児部門)
  • 総合周産期母子医療センター(新生児部門)
  • 病理部
  • 輸血・移植免疫部
  • 地域・家庭医療部
  • 内視鏡診療部
  • 遺伝診療部
  • リハビリテーションセンター
  • 救命救急センター
  • 臨床腫瘍センター
  • 臨床工学センター
  • 材料部
  • 臨床研究教育推進部
  • 人工透析センター
  • 痛み緩和医療センター
  • 中央採血室
  • 性差医療センター
  • 臨床研究センター
  • 看護部
  • 薬剤部
  • 栄養管理部
  • こどもの心診療センター

医療機関の指定等[編集]

アクセス[編集]

不祥事[編集]

同病院の男性医師の一人(大学助手)が、患者や看護師のスカートの中の盗撮などを繰り返し行ったり、派遣先の病院などで女性患者の胸を触るなどしていたことが明らかとなり、同病院は2016年10月26日付でこの医師を懲戒解雇の処分にした[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 大岩ゆり (2015年10月28日). “県立医大にセンター 原子力災害対応、医療の中核”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 福島中会版 
  2. ^ 盗撮 患者や看護師を数百回 福島県立医大の医師懲戒解雇 毎日新聞 2016年10月26日[リンク切れ]
  3. ^ このたびの不祥事に係るお詫び(2016.10.26) 福島県立医科大学ニュースリリース 2016年10月26日

参考文献[編集]

  • 福島県立医科大学史編集委員会『福島県立医科大学の歴史』福島県立医科大学、2006年1月31日
  • 福島県立医科大学附属病院『平成17年度版 病院年報』2006年10月

外部リンク[編集]