サインポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サインポール

サインポール(signpole)理容店を示す細長い円柱形の看板。の三色の縞模様(レジメンタル・ストライプ)がクルクルと回転する。

概要[編集]

理髪店であることを示すもので、三色のサインポールは世界共通のマークであるといわれる[1]。営業中を表すためにサインポールを回す。しかし、常夜灯代わりに閉店後も回転させずに明かりのみつけている場合もある。また、営業中でも予約客でいっぱいという場合に止めることもある。

日本のサインポールの模様は、右側に行くに従って上がる、いわゆる「Z巻き」が圧倒的に多い。

ひねりを加えた形が、安土桃山時代にポルトガルから伝来した砂糖菓子有平糖とよく似ていたことから有平棒(あるへいぼう)(またはアルヘイ棒)ともいう。英語圏ではバーバーズポール(Barber's pole)と呼ばれる。

歴史[編集]

サインポールの由来には諸説あり、かつ明文化された記録が存在しないため、由来の調査は困難なのが現状である。よって内容が異なる説があったとしても一概に違うとは言いきれない場合も存在する。

  1. 12世紀ヨーロッパで、当時の理容師外科医を兼ねていた(「床屋外科」と称した)ため、赤は動脈、青は静脈、そして白は包帯を表しているという説[2][3]。しかし、血管に動脈と静脈の2種類があることが発見されたのは17世紀のことで、12世紀に血管を赤と青で分けて表示したということは、歴史上考えられないという指摘がある。
  2. 2005年7月20日に放送された『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』内のコーナー「ガセビアの沼」では、「サインポールは元々中世のイギリスで、当時の理髪師が外科医も兼ねていたことから血液を表す赤と包帯を表す白の2色で生まれた。」「理髪師と外科医を別けるため理髪店は赤白に青を加える動きもあったが定着せず」「その後アメリカで同国の国旗星条旗)のカントンの色である青が加えられたものである」という説を紹介した。なお、同コーナーでは、全国理容衛生同業組合連合会の意見を根拠に、「赤は動脈、青は静脈、そして白は包帯というのはガセ」と結論付けた。
  3. 瀉血の際に使用した棒が原型とする説[4]
  4. 1815年ワーテルローの戦いで、フランス国旗を巻き付けた棒が野戦病院に立てられたのが起源とする説[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平川陽一編『今さら誰にも聞けない500の常識』廣済堂文庫 p.297 2003年
  2. ^ テルモ編「先駆者の勇気に応えたい―医学の歴史エピソード集」より。
  3. ^ 平川陽一編『今さら誰にも聞けない500の常識』廣済堂文庫 p.296 2003年
  4. ^ a b 篠崎晃一監修 佐々木正孝著 『アレ何?大事典』 小学館、2005年、14頁に基づく。