鉄砲伝来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鉄砲伝来(てっぽうでんらい)とは、16世紀ヨーロッパから東アジア火縄銃(鉄砲、鐵炮)が伝わったこと、狭義には日本種子島に伝来した事件を指す。現物の火縄銃のほか、製造技術や射撃法なども伝わった。年代については、1542年説、1543年説[1]やそれ以前とするなど、諸説ある。

種子島への伝来[編集]

『鉄炮記』の内容[編集]

鉄炮記』によれば、天文12年8月25日1543年9月23日)、大隅国の種子島、西村に一艘の船が漂着した。100人余りの乗客の誰とも言葉が通じなかったが、西村時貫(織部丞)はこの船に乗っていた儒者・五峯と筆談してある程度の事情がわかったので、この船を領主・種子島時堯の居城がある赤尾木まで曳航するように取り計らった。

この船は8月27日に赤尾木に入港した。時堯が改めて法華宗の僧・住乗院に命じて五峯と筆談を行わせたところ、この船に商人の代表者は2人いて、それぞれ牟良叔舎(フランシスコ)、喜利志多佗孟太(キリシタ・ダ・モッタ)という名だった。時堯は2人が実演した火縄銃2挺を買い求め、家臣の篠川小四郎に火薬の調合を学ばせた。時堯が射撃の技術に習熟したころ、紀伊国根来寺杉坊某もこの銃を求めたので、津田監物に1挺持たせて送り出した。さらに残った1挺を複製するべく金兵衛尉清定刀鍛冶を集め、新たに数十挺を作った。また、からは橘屋又三郎が銃の技術を得るために種子島へとやってきて、1、2年で殆どを学び取った[2]

なお、このころ平戸五島列島を拠点に活動していた倭寇の頭領・王直の号は五峰[3]という。山冠の「」は山偏の「」の異体字であり(山部)、『鉄炮記』で筆談相手となった明の儒者・「五峯」の名は王直の号と同じである。

  1. ^ 戦術、時代背景がよくわかる カラー版 戦国武器甲冑辞典、監修者中西豪、大山格、発行所株式会社誠文堂新光社、2015年4月16日、p.86.
  2. ^ Wikisource reference 南浦文之. 鉄炮記. - ウィキソース. 
  3. ^ Wikisource reference  殊域周咨錄 卷二 日本國. - ウィキソース. "先是王直者,徽州歙縣人。... 稱為五峰" 

文献情報[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]