春名徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春名 徹(はるな あきら、1935年(昭和10年)12月13日 - )は、日本のノンフィクション作家漂流民研究家。妻は作家の入江曜子

来歴・経歴・人物[編集]

東京府生まれ。都立日比谷高校を経て、1959年東京大学文学部東洋史学科卒業。

中央公論社勤務を経て、作家活動に入る。東洋史研究から江戸期の漂流民の研究に興味を移し、1980年(昭和55年)、『にっぽん音吉漂流記』で大宅壮一ノンフィクション賞日本ノンフィクション賞を受賞。

また國學院大學学習院大学各講師、調布学園女子短期大学(現・田園調布学園大学短期大学部)教授を歴任。

史学会日本文芸家協会日本ペンクラブ、各会員[1]

紫禁城の黄昏[編集]

入江と共訳した岩波文庫レジナルド・ジョンストン紫禁城の黄昏』は、同書の祥伝社版を監修した渡部昇一から、満洲侵略を日本の悪とするには、都合の悪いいくつかの部分を省略していると批判された。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『にっぽん音吉漂流記』晶文社、1979年5月。
    • 『にっぽん音吉漂流記』中央公論社〈中公文庫〉、1988年11月。ISBN 4-12-201568-5
  • 『世界を見てしまった男たち』文藝春秋、1981年7月。
    • 『世界を見てしまった男たち 江戸の異郷体験』筑摩書房〈ちくま文庫〉、1988年3月。ISBN 4-480-02209-0
  • 『漂流 ジョセフ・ヒコと仲間たち』角川書店〈角川選書 132〉、1982年1月。
  • 『大いなる海へ』講談社、1985年7月。ISBN 4-06-202133-1
  • 『中浜万次郎 世界をみてきたジョン=マン』講談社〈講談社火の鳥伝記文庫〉、1986年7月。ISBN 4-06-147563-0
  • 『音吉少年漂流記』田代三善絵、旺文社〈旺文社ジュニア・ノンフィクション〉、1988年3月。ISBN 4-01-069497-1
  • 『マルコ=ポーロ』宮本忠夫画、講談社〈少年少女伝記文学館 第4巻〉、1988年8月。ISBN 4-06-194604-8
  • 『音吉少年漂流記』旺文社〈必読名作シリーズ〉、1989年4月。ISBN 4-01-066028-7
  • 『島の旅島の人』木内博写真、世界文化社、1995年7月。ISBN 4-418-95513-5
  • 『細川幽斎 栄華をつかんだ文武両道の才』PHP研究所〈PHP文庫〉、1998年10月。ISBN 4-569-57205-7
  • 『北京 都市の記憶』岩波書店〈岩波新書〉、2008年4月。ISBN 978-4-00-431126-3
  • 『細川三代 幽斎・三斎・忠利』藤原書店、2010年10月。ISBN 978-4-89434-764-9

共著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より

外部リンク[編集]