立間祥介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立間 祥介(たつま しょうすけ、1928年3月22日 - 2014年6月2日)は、日本の中国文学者。慶應義塾大学名誉教授。本名読み・よしすけ。

活動[編集]

東京生まれ。1948年善隣外事専門学校卒業。

外務省に入省した後、東京都立大学、一橋大学各講師となる[1]。のち慶應義塾大学教授を経て名誉教授。浜松大学教授も務めた。

戦後当初は、竹内好などの新中国文学研究運動に参加するが、古典白話小説から近代文学まで中国散文作品を幅広く翻訳・紹介を行った。

1982年NHKテレビでの人形劇『三国志』で邦訳原作となり、後に文庫再刊されるなど『三国志』研究大家の一人であり、諸葛孔明等の評伝論考も多数著した。

2014年6月2日午前2時6分、肺癌のため東京都武蔵野市の病院で死去[2]。86歳没。

著書[編集]

  • 『乱世を生きる-孫子』新人物往来社, 1974
  • 『兵法六韜・三略入門 人を制する六つの智謀,三つの策略』日本文芸社 (ダルマ・ブックス) 1974
  • 孝経入門 孝行の本質を説く』日本文芸社 (ダルマ・ブックス) 1974
  • 『三国志入門』日本文芸社, 1975 「英雄たちの三国志」にちぶん文庫
  • 『人物中国志4 豪傑編 民衆と英雄』毎日新聞社, 1976 のち徳間文庫
  • 『中国の人と思想 3 孫子 戦わずして勝つ』集英社, 1984
  • 『三国志行』潮文庫, 1987 のち潮出版社, 1992
  • 『諸葛孔明 三国志の英雄たち』岩波新書, 1990
  • 『真説諸葛孔明』三笠書房, 1992 「軍師・諸葛孔明」同、知的生きかた文庫
  • 『覇中国大帝伝 大地を制圧した皇帝十二人』学習研究社, 1994 (歴史群像新書)
「中国大帝伝 大地を制圧した覇王の系譜」学研M文庫, 2001
  • 『三国志戦略クロニクル』世界文化社 (Bigmanスペシャル) 2006
  • 『知識ゼロからの三国志入門』幻冬舎 2009

編著共著[編集]

  • 竹内好著作ノート 図書新聞社 1965
  • 周恩来の謎 名を捨てて実をとる生き方 守屋洋共著 主婦と生活社 1972
  • 中国の故事と名言 歴史に刻まれた英雄・傑人の語録 常石茂共編 集英社文庫 1988
  • 三国志事典 丹羽隼兵共著 岩波ジュニア新書 1994
  • 年画・三国志 王樹村共編著 集英社 1994
  • ポケット中国の故事名言集 稲田孝,村松暎共著 平凡社 1997
  • 中国の群雄 英雄台頭 守屋洋共著 講談社 1997
  • 三国志ものしり人物事典 丹羽隼平共著 文芸社 2005

翻訳[編集]

  • 中国古典文学全集 第8・9 三国志演義 平凡社, 1958 のち中国古典文学大系26・27、徳間文庫(改版)
  • 中国現代文学選集 第12 野火と春風は古城に闘う 李英儒 平凡社, 1962
  • 中国講談選 編訳 平凡社・東洋文庫, 1969
  • 世界文学全集 第62 駱駝祥子 老舎 集英社, 1970 のち岩波文庫
  • 現代中国文学 10 紅岩 羅広斌,楊益言 河出書房新社, 1970
  • 世界文学全集 第4 紅楼夢 曹雪芹 集英社, 1971
  • 中国古典文学大系 47 児女英雄伝 文康 平凡社, 1971
  • 花岡川の嵐 洛沢 潮出版社, 1972
  • 中国古典文学大系 38 今古奇観 下 抱甍老人編 駒田信二共訳[3] 平凡社, 1973。東洋文庫 1974-1975
  • 世界文学全集 72 巴金 寒い夜 集英社, 1978
  • 世界文学全集 43 水滸伝(抄) 学習研究社, 1979 のち講談社青い鳥文庫
  • 霜葉は二月の花に似て紅なり 茅盾 岩波文庫, 1980
  • 魯迅全集 3 野草・朝花夕拾・故事新編 学習研究社, 1986
  • 現代中国文学選集 8 チャンピオン他 阿城 徳間書店, 1989
  • 三国志外伝 民間説話にみる素顔の英雄たち 湖北省群衆芸術館編 岡崎由美共訳 徳間書店, 1990
  • 三国志演義大事典 沈伯俊・譚良嘯 潮出版社, 1996
  • 聊斎志異 蒲松齢 編訳(上下) 岩波文庫, 1997、ワイド版2010
  • 中国歴史文化事典 孟慶遠 小島晋治丸山松幸共訳 新潮社, 1998
  • 茅盾回想録 松井博光共訳 みすず書房, 2002
  • 全相三国志平話 潮出版社, 2011

参考[編集]

注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 立間祥介さん死去 朝日新聞 2014年6月3日
  3. ^ 駒田信二と千田九一との共訳だったが、1965年改訳中に千田が急逝したため立間祥介が交代し継続。