巴金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
巴金
Ba Jin 1938.jpg
1938年撮影
プロフィール
出生: 1904年11月25日
死去: 2005年10月17日
出身地: 中華人民共和国の旗 中国四川省成都市
職業: 作家
各種表記
繁体字 巴金
簡体字 巴金
拼音 Bā Jīn
和名表記: ばきん
発音転記: バージン
テンプレートを表示

巴金(ばきん、拼音: Bā Jīn、バ・ジン、1904年11月25日[1] - 2005年10月17日)は、中華人民共和国小説家翻訳家エッセイスト。本名は李尭棠[2]、字は芾甘。巴金はペンネームである。ペンネームの由来は、自殺した友人・巴恩波とクロポトキン(中国語:克魯泡特金)からとったもの[要出典]

人物[編集]

四川省成都市の代々官吏を務める名家の三男として生まれる[2]。1919年、五・四運動に参加し、パクーニンやクロポトキンらのアナーキズムの影響を受けた[1]。1923年4月、次兄と共に上海に出て中学に入学したが[2]、同年12月南京の東南大学附属中学校に転学する[2]。1925年同中学校を卒業後、北京大学入学を目指すが健康上の理由で実現しなかった[2]。1927年フランスに留学する[2]。1929年、フランスから帰国し、作家としての活動を始める[2]。1934年、来日のさいには、横浜高商の武田武雄宅に滞在し、武田一家との交流は小説やエッセイに残している。


代表作に、長編小説『寒い夜』『火』など[3]。特に長編小説『激流三部曲-家・春・秋』『愛情三部曲-霧・雨・電』は文学的評価が高く、巴金の中国文壇での地位を不動のものにした。

文化大革命で失脚するが[1]、1978年末から1986年にかけて「随想録」全150篇を自分の「遺言」として執筆し、その中で文化大革命を起こした中国の社会・思想状況や自らの思想的弱点を深く内省した。

1981年には「現代文学館」の設立を提唱し、それは1985年に国立の「中国現代文学館」として北京で開設された[要出典]。1986年には「“文革”博物館」の建設も提唱した[要出典]

略年譜[編集]

著書(邦訳)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 巴 金(バ・ジン)” (日本語). 福岡アジア文化賞. 2022年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 米原, 謙; Ken, Yonehara (2017-03-30) (日本語), 山川均とふたりの中国人 : 施復亮と巴金, 甲南大学法学会, doi:10.14990/00002274, https://doi.org/10.14990/00002274 2022年4月16日閲覧。 
  3. ^ 巴金 プロフィール”. 福岡アジア文化賞委員会. 2022年4月閲覧。