山口守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マモル
基本情報
本名 山口 守
通称 修斗のカンムリワシ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-05-29) 1977年5月29日(42歳)
出身地 神奈川県川崎市
所属 シューティングジム横浜
身長 162cm
体重 56kg
階級 フライ級
バックボーン 柔道ムエタイ
テーマ曲 暴れん坊将軍のテーマ
菊池俊輔
テンプレートを表示

マモル(まもる、1977年5月29日 - )は、日本男性総合格闘家神奈川県川崎市出身。シューティングジム横浜所属。柔道初段。元フライ級キング・オブ・パンクラシスト。元KOTC世界ジュニアフライ級王者。元修斗世界フライ級王者[1]。元修斗世界バンタム級王者[2]

ムエタイ技術を駆使した高い立ち技中心のファイトスタイルを得意とする[3]具志堅用高ばりのアフロヘアーと「ちょちゅね」と言う口癖が特徴。

来歴[編集]

中学、高校時代は柔道部に所属。 卒業後は1年間鳶職をしていた[4]

1999年7月16日、プロ修斗デビュー。

2000年12月17日、初代修斗フェザー級(-60kg)王座決定戦で秋本じんと対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2001年11月25日、挑戦者大石真丈とフェザー級チャンピオンシップで対戦し、腕ひしぎ三角固めで一本負けを喫し王座陥落し、プロ初黒星となった。

2002年6月22日付けでフェザー級からバンタム級に転向[5]

2003年12月14日、初代修斗世界バンタム級(-56kg)王座決定戦で漆谷康宏と対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功し、2階級制覇に成功した。この試合で具志堅用高を意識した髪型となり、試合後のリング上インタビューで「ちょっちゅねー」と具志堅のモノマネを披露した[6]

2004年9月26日、挑戦者ホビソン・モウラと世界バンタム級チャンピオンシップで対戦し、2-0で判定勝ちし、初防衛に成功。試合後のモウラ側の提訴により、2005年1月にテクニカル判定1-0のドロー裁定に変更された[7]

2005年3月12日、D.O.Gの興行を観戦していたところ、廣野剛康にTKO勝ちした井口摂に「(修斗の)バンタムのチャンピオンでカリフラワーみたいな奴いるだろ?一発やらせてくれやー。イカせてやるぜー」と挑発を受けた[8]

2005年5月4日、修斗でストニー・デニスと対戦し、左ハイキックで失神させTKO勝ち。試合後のリング上インタビューで井口の話になり「井口?誰?それ?」とマモルが答えると、観客席にいた井口に「オイ、コラ、ハゲ!オレが井口だ、覚えとけ!」と更に挑発された[9]

2005年12月31日、PRIDE 男祭り 2005に出場した金子賢のセコンドについた。

2006年3月24日、挑戦者BJと修斗世界バンタム級チャンピオンシップで対戦し、判定ドロー。2度目の王座防衛に成功した。

2006年5月12日、1年前から挑発されていた井口摂と対戦し、膝蹴りで額をカットさせドクターストップ勝ち。試合後、井口は「ありがとうございました」と敗北を認めた。

2006年10月14日、挑戦者BJと修斗世界バンタム級チャンピオンシップで再戦し、スリーパーホールドで一本負けを喫し王座陥落した。

2008年7月18日、王者BJと修斗世界バンタム級チャンピオンシップで対戦し、フロントスリーパーホールドで一本負けを喫し王座獲得に失敗した。

2009年2月11日、初参戦となったシュートボクシングで、日本スーパーバンタム級暫定王者えなりのりゆきと対戦し、一本背負いでシュートポイントを奪うなどして判定勝ちを収めた。

2009年10月30日、10年ぶりの開催となったVALE TUDO JAPAN 09でジェシー・タイタノと対戦し、パウンドでKO勝ち。

2009年11月23日、修斗で行われた修斗 vs. パンクラスの対抗戦で清水清隆と対戦し、判定勝ちを収めた。

2010年1月30日、日本初開催となったKing of the Cageの世界ジュニアフライ級王座決定戦でフランク・バカと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年8月5日、カリフォルニア州ハイランドで開催されたKOTCでグレッグ・ガズマンと対戦し、グラウンドでの肘打ちでTKO勝ちを収めた[10]。この試合は王座防衛戦として行なわれる予定であったが、ガズマンが規定体重をクリアできずノンタイトルマッチに変更された[11]

2012年12月24日、VTJ 1stでダレル・モナヒューと対戦し、判定負け。

2017年3月12日、PANCRASE 285でのフライ級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチで王者神酒龍一と対戦し、2-1の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[12]

2017年8月20日、PANCRASE 289でのフライ級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチで仙三と対戦し、0-3の判定負けで王座防衛に失敗した[13]

人物・エピソード[編集]

  • デビュー当時はアフロではなく、茶髪の短髪にピアスといったファッションであったが、地味だったため関係者のアドバイスで嫌々ながら現在の姿に変えたという[14]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
47 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
31 11 4 16 0 5 0
11 0 4 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 仙三 5分5R終了 判定0-3 PANCRASE 289
【フライ級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
2017年8月20日
神酒龍一 5分5R終了 判定2-1 PANCRASE 285
【フライ級キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
2017年3月12日
ルイス・ベタオ・ノゲイラ 5分3R終了 判定2-1 PANCRASE 281 2016年10月2日
仙三 5分3R終了 判定2-1 PANCRASE 277 2016年4月24日
× 安永有希 5分3R終了 判定1-2 PANCRASE 273 2015年12月13日
北郷祐介 5分3R終了 判定2-1 PANCRASE 269 2015年8月9日
ランボー宏輔 5分3R終了 判定1-1 修斗 MOBSTYLES 15th Anniversary TOUR FIGHT & MOSH 2015年5月3日
飛猿☆No.2 2R 0:25 TKO(ドクターストップ) VTJ 6th 2014年10月4日
× シーザー・スクラヴォス 1R 1:28 リアネイキッドチョーク VTJ 4th
【フライ級トーナメント 1回戦】
2014年2月23日
前田吉朗 5分3R終了 判定0-1 TRIBE TOKYO FIGHT 〜長南亮引退興行〜 2013年10月20日
× 山上幹臣 5分3R終了 判定2-0 VTJ 2nd 2013年6月22日
× ダレル・モナヒュー 5分3R終了 判定1-2 VTJ 1st 2012年12月24日
× ジュシー・フォルミーガ 5分3R終了 判定0-3 TPF 10: Let the Chips Fall 2011年8月6日
ケビン・ダンスムーア 2R 4:03 KO(左フック) TPF 9: The Contenders 2011年5月6日
北原史寛 1R 2:33 KO(左ハイキック) 修斗 The Way of SHOOTO 06 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜 2010年11月19日
グレッグ・ガズマン 2R 2:21 TKO(グラウンドの肘打ち) KOTC: Sniper 2010年8月5日
フランク・バカ 2R 1:54 チョークスリーパー King of the Cage in 沖縄 2010 登竜門
【KOTC世界ジュニアフライ級王座決定戦】
2010年1月30日
清水清隆 5分3R終了 判定2-0 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 3 2009年11月23日
ジェシー・タイタノ 1R 4:41 KO(パウンド) VALE TUDO JAPAN 09 2009年10月30日
× BJ 3R 3:40 フロントスリーパーホールド "修斗伝承 02" ROAD TO 20th ANNIVERSARY
【修斗世界バンタム級チャンピオンシップ】
2008年7月18日
菅原雅顕 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 08 2008年3月28日
正城ユウキ 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 4 〜ボーン イン ザ ☆ ファイティング〜 2008年2月23日
× 漆谷康宏 5分3R終了 判定0-3 修斗 BACK TO OUR ROOTS 05 2007年9月22日
下川雄生 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 1 〜サタデーナイトヒーロー〜 2007年6月2日
× BJ 1R 1:38 スリーパーホールド 修斗
【修斗世界バンタム級チャンピオンシップ】
2006年10月14日
エリカス・ススロヴァス 1R 2:14 TKO(パンチ連打) 修斗 2006年9月8日
井口摂 1R 2:45 TKO(額のカット) 修斗 SHOOTO The DEVILOCK 2006年5月12日
BJ 5分3R終了 判定1-0 修斗
【修斗世界バンタム級チャンピオンシップ】
2006年3月24日
高橋大児 5分3R終了 判定3-0 修斗 2005年12月17日
パット・セイデル 2R 1:35 スリーパーホールド 修斗 2005年9月23日
ストニー・デニス 1R 1:36 TKO(左ハイキック) 修斗 2005年5月4日
生駒純司 5分3R終了 判定3-0 修斗 2005年1月29日
ホビソン・モウラ 5分3R終了 テクニカル判定1-0 修斗
【修斗世界バンタム級チャンピオンシップ】
2004年9月26日
吉岡広明 3R 4:41 TKO(膝蹴り) 修斗 2004年5月3日
漆谷康宏 5分3R終了 判定3-0 修斗
【修斗世界バンタム級王座決定戦】
2003年12月14日
久保山誉 5分3R終了 判定3-0 修斗 2003年3月18日
× ホビソン・モウラ 5分3R終了 判定0-3 修斗 2002年9月16日
吉岡広明 5分3R終了 判定3-0 修斗 WANNA SHOOTO 2002 2002年4月14日
× 大石真丈 1R 1:44 腕ひしぎ三角固め 修斗 SHOOTO TO THE TOP
【修斗フェザー級チャンピオンシップ】
2001年11月25日
ジルド・リマ 1R 3:57 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年3月2日
秋本じん 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D.
【修斗フェザー級王座決定戦】
2000年12月17日
吉信 3R 2:21 KO(膝蹴り) 修斗 R.E.A.D. 2000年8月27日
五木田勝 5分2R終了 判定0-0 修斗 R.E.A.D. 2000年3月17日
バレット・ヨシダ 3R 1:18 TKO(パンチ連打) SuperBrawl 15 1999年12月7日
ライアン・ディアス 2R 3:35 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOT GIG '99 1999年11月4日
秋本じん 5分2R終了 判定2-0 IV 修斗 the Renaxis 1999 1999年9月5日
勝村周一朗 5分2R終了 判定3-0 III 修斗 the Renaxis 1999 1999年7月16日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
藤本昌大 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の四 2009年9月4日
ナグランチューン・マーサM16 3R+延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の参 2009年6月1日
× 崎村暁人 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の弐 2009年4月3日
えなりのりゆき 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の壱 2009年2月11日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代修斗世界バンタム級王者

2000年12月17日 - 2001年11月25日

次王者
大石真丈
前王者
王座新設
初代修斗世界フライ級王者

2003年12月14日 - 2006年10月14日

次王者
BJ
前王者
神酒龍一
第4代パンクラスフライ級王者

2017年3月12日 - 2017年8月20日

次王者
仙三