聊斎志異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聊齋志異』(りょうさいしい、聊斎志異)は、中国代前期の短編小説集。作者は蒲松齢1640年崇禎13年) - 1715年康熙54年))。

藤田祐賢[注 1]によれば「中國古来の筆記小説の系統を引く數多い文語體の小説の中に在って、短編小説として最も傑出しているということは、既に定評となって」おり[1]、また今井弘昌[注 2]によれば、怪異文学の最高峰と言われている[2]

概要[編集]

聊齋は蒲松齢の号および書斎の名であり、『聊齋志異』とは「聊齋が異を志す[注 3]」の意味。内容は神仙幽霊妖狐等にまつわる怪異譚で、当時世間に口伝されていたものを収集して文言小説[注 4]の形にまとめたものであるが、作者の没後約半世紀を経て刻本として上梓された。版本によって異同があるが、およそ500篇の作品を収録している。

阿部泰記[注 5]によれば、『聊斎誌異』は肯て常識を無視し、浮薄な世情に堪え得る強靱な精神を礼讃する話ばかりを好んで載せている。また阿部は劇作家・白話小説家李漁(りぎょ)の、世の浅見や軽薄を嘲笑し、常識に縛られぬ、患難な世情に堪え得る人間を滑稽な筆致で称讃する作品からの影響を指摘している[3]

聊斎志異がいつ頃書かれたのかについて正確な所は分からないが、常石茂によれば第2巻の『地震』が1668年の出来事で、同じく第2巻の『蓮香』は1670年に孫蕙(そんけい、(中国語版))の幕客[注 6]となるために南游した際に得たものであり、また自序が蒲松齢40歳(1679年)の作であることから、まずは30歳代10年間の仕事だったとみられる[4]。 蒲松齢は一応の区切りとして1679年に自序を書いたころ、同好者として才能を高く評価され、また親しく交流していた同郷の名士王士禛(おうししん、1634-1711年)に序文の執筆を依頼したとされている[5]。 さらに以後も継続して書いており、第8巻の『夏雪』など蒲松齢68歳の時の話もある[6]。結局、蒲松齢存命中は版本として刊行されることなく、多くの同好の士たちによる写本によって広まった。

抄本について[編集]

1766年の刻本刊行までに、いくつかの抄本(筆写本)が残存するが、完本としては『鋳雪斎抄本聊斎志異』がある。済南の朱氏[注 7]による1723年の抄本(朱家抄本)を張希傑[注 8]が筆写したもので、1751年の日付がある。字句の異同があるが、篇次等が手稿本に最も近い最早の抄本とされている。1975年に上海人民出版社から影印本が、1979年に上海古籍出版社(中国語版)から活字本が出版された。474篇収録されている。なお、朱家抄本は残存していない。

1948年、東北(満洲)の西豊解放[注 9]の時、一貧農の家から聊斎志異の作者手稿本が発見された。ただしその所収は全編でなく237篇(重複が1篇あるので実質236篇)だった。またこの手稿本にあって1766年の刻本に含まれないものや手稿本以外の写本にみられるものなどがある[7]

1962年、『二十四巻抄本』が発見された。これは1750-65年筆写の抄本をさらに1821-74年の間に筆写したものと見られており、1980年に活字本が刊行された[8]。474篇が収録されている。

1963年、北京で『異史・聊斎焚余存稿』と題された6巻12冊で485篇収録された抄本が発見された。用字からみて手稿本に近く欠落もないため、最も完全で比較的早い時期の抄本とされ、1989年中国書店から影印版が出版された。[9]

版本について[編集]

事実上最初の刻本とされるのは[注 10]、蒲松齢没後51年の1766年(乾隆31年)に趙起杲(ちょうきこう、1718?-1766)、飽廷博(ほうていはく、1728-1814年)らによって刊行された『青柯亭刻本』である。趙起杲は鄭方坤(ていほうこん、中国語版[10]が蒲松齢の出身地に近い山東兗州知府だったという経歴から抄本を持っているのではと考え鄭方坤の息子を訪ねたところ写本全巻があった。息子が保有していた写本16巻から正副2抄本を作り、他の抄本と校合し鄭写本が原稿本であることを確認した[注 11]。その後筆写のための借覧依頼に応じきれなくなり、また友人の飽廷博からも勧められ1763年に刊行を決意するが、1766年全12巻を刊行したところで趙起杲は急死した。残りの4巻の刊行を趙起杲の弟から依頼された飽廷博が、趙起杲没後7か月を経て全16巻の刊刻を完成させた[11]

作者手稿本の発見以来、蒲松齢のまとめた原稿の探求が行われてきたが、その成果として1962年に張友鶴[注 12]輯校『聊齋誌異 會校會注會評本』[注 13]が刊行された。これは手稿本と鋳雪斎抄本を基本として可能な限り著者の意図を復元すべく、各抄本・刊本で校訂したもので全12巻503篇を収録し、張友鶴による後記に各対校本についての詳しい情報が掲載されている[12][9]

任篤行[注 14]が2000年に蒲松齢手稿本、康熙抄本[注 15]を基本に諸本で校訂した、輯校『聊齋志異:全校會註集評』が齊魯書社(中国語版)から刊行された。さらに2016年には修訂版[注 16]人民文学出版社から刊行されている[13]

章節[編集]

―― 12 巻 の 内 訳 ――
1巻
「考城隍」「耳中人」「尸変(尸變)」「噴水」「瞳人語」「画壁(畫壁)」「山魈」「咬鬼」「捉狐」「蕎中怪」「宅妖」「王六郎」「偸桃」「種梨」「労山道士(勞山道士)」「長清僧」「蛇人」「斫蟒」「犬奸」「雹神(雹神)」「狐嫁女」「嬌娜」「僧孽(僧孽)」「妖術」「野狗」「三生」「狐入瓶」「鬼哭」「真定女(眞定女)」「焦螟」「葉生」「四十千」「成仙」「新郎」「霊官(靈官)」「王蘭」「鷹虎神(鷹虎神)」「王成」「青鳳(靑鳳)」「画皮(畫皮)」「賈児(賈兒)」「蛇癖」
2巻
「金世成」「董生」「石」「廟鬼」「陸判」「嬰寧」「聶小倩」「義鼠」「地震」「海公子」「丁前溪」「海大魚」「張老相公」「水莽草」「造畜」「鳳陽士人」「耿十八」「珠児(珠兒)」「小官人」「胡四姐」「祝翁」「猟婆龍(獵婆龍)」「某公」「快刀」「俠女」「酒友」「蓮香」「阿宝(阿寶)」「九山王」「遵化署狐」「張誠」「汾州狐」「巧娘」「呉令」「口技」「狐聯」「濰水狐」「紅玉」「龍」「林四娘」
3巻
「江中」「魯公女」「道士」「胡氏」「戲術」「丐僧」「伏狐」「蟄龍」「蘇仙」「李伯言」「黄九郎(黃九郎)」「金陵女子」「湯公」「閻羅」「連瑣」「単道士(單道士)」「白于玉」「夜叉国(夜叉國)」「小髻」「西僧」「老饕」「連城」「霍生」「汪士秀」「商三官」「于江」「小二」「庚娘」「宮夢弼」「鴝鵒」「劉海石」「諭鬼」「泥鬼」「夢別」「犬灯(犬燈)」「番僧」「狐妾」「雷曹」「賭符」「阿霞」「李司鑒」「五朗大夫」「毛狐」「翩翩」「黒獣(黑獸)」
4巻
「余徳(余德)」「楊千総(楊千總)」「瓜異」「青梅(靑梅)」「羅刹海市」「田七郎」「産龍(產龍)」「保住」「公孫九娘」「促織」「柳秀才」「水災」「諸城某甲」「庫官」「酆都御史」「龍無目」「狐諧」「雨銭(雨錢)」「妾杖撃賊(妾杖擊賊)」「秀才駆怪(秀才驅怪)」「姉妹易嫁(姊妹易嫁)」「続黄粱(續黃粱)」「龍取水」「小猟犬(小獵犬)」「棋鬼」「辛十四娘」「白蓮教」「双灯(雙燈)」「捉鬼射狐」「蹇償債」「頭滾」「鬼作筵」「胡四相公」「念秧」「蛙曲」「鼠戲」「泥書生」「土地夫人」「寒月芙蕖」「酒狂」
5巻
「陽武侯」「趙城虎」「螳螂捕蛇」「武技」「小人」「秦生」「鴉頭」「酒虫(酒蟲)」「木雕美人」「封三娘」「狐夢」「布客」「農人」「章阿端」「稞秭媼」「金永年」「花姑子」「武孝廉」「西湖主」「孝子」「獅子」「閻王」「土偶」「長治女子」「義犬」「鄱陽神」「伍秋月」「蓮花公主」「緑衣女(綠衣女)」「黎氏」「荷花三娘子」「罵鴨」「柳氏子」「上仙」「侯静山(侯靜山)」「銭流(錢流)」「郭生」「金生色」「彭海秋」「堪輿」「竇氏」「梁彦(梁彥)」「龍肉」
6巻
「潞令」「馬介甫」「魁星」「厙将軍(厙將軍)」「絳妃」「河間生」「雲翠仙」「跳神(跳神)」「鉄布衫法(鐵布衫法)」「大力将軍(大力將軍)」「白蓮教」「顔氏(顏氏)」「杜翁」「小謝」「縊鬼」「呉門画工(吳門畫工)」「林氏」「胡大姑」「細侯」「狼」「美人首」「劉亮採」「蕙芳」「山神(山神)」「蕭七」「乱離(亂離)」「豢蛇」「雷公」「菱角」「餓鬼」「考弊司」「閻羅」「大人」「向杲」「董公子」「周三」「鴿異」「聶政」「冷生」「狐懲淫」「山市」「江城」「孫生」「八大王」「戲縊」
7巻
羅祖」「劉姓」「邵九娘」「鞏仙」「二商」「沂水秀才」「梅女」「郭秀才」「死僧」「阿英」「橘樹」「赤字」「牛成章」「青娥(靑蛾)」「鏡聴(鏡聽)」「牛」「金姑夫」「梓潼令」「鬼津」「仙人島」「閻羅薨」「顛道人」「胡四娘」「僧術」「禄数(祿數)」「柳生」「冤獄」「鬼令」「甄後」「宦娘」「阿繡」「楊疤眼」「小翠」「金和尚」「龍戲蛛」「商婦」「閻羅宴」「役鬼」「細柳」
8巻
「画馬(畫馬)」「局詐」「放蝶」「男生子」「鐘生」「鬼妻」「黄将軍(黃將軍)」「三朝元老」「医術(醫術)」「蔵虱(藏虱)」「夢狼」「夜明」「夏雪」「化男」「禽俠」「鴻」「象」「負屍」「紫花和尚」「周克昌」「嫦娥」「鞠樂如」「褚生」「盗戸(盜戶)」「某乙」「霍女」「司文郎」「醜狐」「呂無病」「銭卜巫(錢卜巫)」「姚安」「採微翁(採薇翁)」「崔猛」「詩讞」「鹿銜草」「小棺」「邢子儀」「李生」「陸押官」「蔣太史」「邵士梅」「顧生」「陳錫九」
9巻
「邵臨淄」「于去悪(于去惡)」「狂生」「俗」「鳳仙」「佟客」「遼陽軍」「張貢士」「愛奴」「単父宰(單父宰)」「孫必振」「邑人」「元宝(元寶)」「研石」「武夷」「大鼠」「張不量」「牧豎」「富翁」「王司馬」「岳神(岳神)」「小梅」「薬僧(藥僧)」「于中丞」「皂隸」「績女」「紅毛氈」「抽腸」「張鴻漸」「太医(太醫)」「牛飛」「王子安」「刁姓」「農婦」「金陵乙」「郭安」「折獄」「義犬」「楊大洪」「查牙山洞」「安期島」「沅俗」「雲蘿公主」「鳥語」「天宮」「喬女」「蛤此名寄生」「劉夫人」「陵県狐(陵縣狐)」
10巻
「王貨郎」「疲龍」「真生」「布商」「彭二掙」「何仙」「牛同人」「神女(神女)」「湘裙」「三生」「長亭」「席方平」「素秋」「賈奉雉」「胭脂」「阿繊(阿纖)」「瑞雲」「仇大娘」「曹操塚」「龍飛相公」「珊瑚」「五通」「申氏」「恒娘(恆娘)」「葛巾」
11巻
「馮木匠」「黄英(黃英)」「書痴」「斉天大聖(齊天大聖)」「青蛙神(靑蛙神)」「任秀」「晩霞(晚霞)」「白秋練」「王者」「某甲」「衢州三怪」「拆樓人」「大蠍」「陳雲犧」「司札吏」「蚰蜓」「司訓」「黒鬼(黑鬼)」「織成」「竹青(竹靑)」「段氏」「狐女」「張氏婦」「于子游」「男妾」「汪可受」「牛犢」「王大」「楽仲(樂仲)」「香玉」「三仙」「鬼隸」「王十」「大男」「外国人(外國人)」「韋公子」「石清虚(石淸虛)」「曽友于(曾友于)」「嘉平公子」
12巻
「二班」「車夫」「乩仙」「苗生」「蠍客」「杜小雷」「毛大福」「雹神」「李八缸」「老龍船戸(老龍船戶)」「青城婦(靑城婦)」「鳥」「古瓶」「元少先生」「薛慰娘」「田子成」「王桂庵」「寄生附」「周生」「褚遂良」「劉全」「土化兎(土化兔)」「鳥使」「姫生(姬生)」「果報」「公孫夏」「韓方」「紉針」「桓侯」「粉蝶」「李檀斯」「錦瑟」「太原獄」「新鄭訟」「李象先」「房文淑」「秦檜」「浙東生」「博興女」「一員官」「丐汕」「人妖」「蟄蛇」「晋人(晉人)」「龍」「愛纔」

後世への影響[編集]

『聊斎志異』の流行によって六朝時代の志怪小説復興は模倣者を生み活況を取り戻し始めたが、およそ80年後この動きに拍車をかけたのが袁枚(えんばい、1716年-1797年)と紀昀 (きいん、1724-1805年)である。袁枚が晩年に著したのが『子不語』正編・続編である[14]。『子不語』はほぼ蒲松齢の路線にのっとって書かれている。一方、紀昀(きいん、1724-1805年)は蒲松齢の才能を認めながらも作者の恣意による架構の世界を展開する戯作として低級なものと主張し、反聊斎の姿勢を鮮明にし『閲微草堂筆記』(えつびそうどうひっき)を著した[15]

日本には江戸時代の後期に伝わり[16]、事例は多くないが、受容され翻訳、翻案がなされた。 読本(よみほん)の元祖とされる都賀庭鐘の『莠句冊』(ひつじぐさ、1786年)第二巻第三篇『求冢俗説の異同 冢の神霊問答の話』(もとめづかぞくせつのいどうつかのかみのれいもんどうのこと)は巻十『恆娘』の翻案である。また森島中良『拍掌奇談凩草紙』(はくしょうきだんこがらしそうし) 1792年、9篇中7編が『聊斎志異』の翻案[17]である。 曲亭馬琴の『押絵鳥痴漢高名』(おしえどりあほうのこうみょう、1797年)は聊斎志異の翻案とされる。

明治にはいると、神田民衛(かんだたみえ)『艶情異史:聊斎志異抄録』(えんじょういし:りょうさいしょうろく)[18](1887年、明進堂)『王桂庵』『細柳』『寄生』『恒娘』『五通』の5篇を翻訳した。これは石川鴻斎の漢文小説『夜窓鬼談』[19](1894年、吾妻健三郎 出版)に影響を与えたとされる。

依田学海は『蓮花公主』を翻案して短編小説『小野篁』(をののたかむら)を『新著百種』第八号(1890年)に発表した[20]。しかし森鴎外は、この作品を創作ではなく翻訳に過ぎないと指摘している[21]

森鷗外の妹である小金井きみ子は同じ頃『文學評論 しからみ草紙』に、巻一『畫皮』(画皮)を『皮一重』(1890年)と題して偽古風文体の日本語訳を発表した。ただしこの年代のものは後の時代の翻訳とは意味合いが異なっている。藤田祐賢はほぼ70年後の慶応義塾創立百年記念論文集〈文学部編〉に寄せた論文で、『皮一重』は原文に忠実な訳ではなく、かなり潤色を施したもので、翻訳ではなく翻案と認識していると述べている[22]

『聊斎志異』を、訓読や擬古文体でない現代日本語に訳した最初の人は、国木田独歩である。独歩は、矢野龍渓から中国土産として『聊斎志異』を手に入れ、1903年から、『東洋画報』において、自ら訳した『聊斎志異』から計4篇[注 17]を発表している。さらに1906年、独歩が編集に加わった『支那奇談集』(1 - 3編)が出版された。藤田祐賢によれば、その中には蒲原有明の翻訳を含む54篇の『聊斎志異』からの日本語訳が収録され、当時第一の『聊斎志異』の訳書となった。藤田祐賢はこれについても「厳密な意味では翻訳というより、敷衍譚、意訳とでもいうべきもの」だと指摘している[23]

1919年になって、柴田天馬の最初の翻訳35篇が刊行された。後に井伏鱒二柴田天馬訳の賛辞を書いている[24]司馬遼太郎も初期エッセイの一節で、柴田天馬訳のファンだったと述べている。続いて1926年に、田中貢太郎の翻訳34篇が刊行される。

ヨーロッパでは1880年にハーバート・ジャイルズが『聊斎志異』から162篇[25]を抜粋英訳したが、これは削除ないし簡略化がなされているとチャールズ・エールマー(英語版)から評されている。 ドイツでは1911年、 マルティン・ブーバー の『中国幽霊・恋愛物語集』Chinesische Geister- und Liebesgeschichten が聊斎志異からのドイツ語訳16篇を収録しているが、これは上記ジャイルズの英訳を知人の中国人の協力を得て是正した独訳である[26]。この選集に対しカフカは、後に彼の婚約者となったフェリーツェ宛ての1913年1月16日付けの手紙の中で、これは自分の「知る限り」では「すばらしい」本だと留保つきで称賛している[27]

翻案作品等[編集]

日本語訳一覧[編集]

関連書籍[編集]

映像作品[編集]

Category:聊斎志異を題材とした作品、聊齋衍生作品列表(中国語版)も参照。

注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注記[編集]

  1. ^ ふじたゆうけん、1923-2008年、慶應義塾大学名誉教授。
  2. ^ いまいひろまさ、岐阜女子大学 教授
  3. ^ 志は誌の古字。
  4. ^ 文言小説とは、代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、前野直彬が仮に付けた呼称である。平凡社 中国古典文学大系 42 『閲微草堂筆記(抄) 子不語(抄) 他』 。解説 p.503 。
  5. ^ あべやすき、1949年生、山口大学名誉教授、梅光学院大学文学部特任教授、長江大学(中国語版)文学院講座教授(2016年時点)。
  6. ^ ばくかく、明・清朝時代の高級官吏の私設秘書。
  7. ^ 蒲松齢の友人だった朱網の息子とされ、殿春亭主人と号したが特定されていない。
  8. ^ ちょうきけつ、1689-1763?年、済南の人、字は漢張、東山と号す、別号として練塘も。鑄雪齋は書斎の名。
  9. ^ 遼瀋戦役
  10. ^ 『湖南・王氏刻本』が1765年刊で最古とされるが、残存しない。出典:《中国古典文学大系》40、解説 p.548 。
  11. ^ 鄭方坤抄本も趙起杲写本も行方不明となっている。
  12. ^ ちょうゆうかく、1907-1971年、安徽安慶の人。
  13. ^ かいこうかいちゅうかいひょうぼん、1962年 中華書局、簡称「三会本」。
  14. ^ じんとくこう、1923 -2008年、山東省菏沢市出身。『聊斎志異』版本の研究に尽力した。
  15. ^ 遼寧省図書館蔵、清・康煕年間第711号と第703号抄本の簡称。
  16. ^ 任篤行の最晩年8年間の改定作業による齊魯書社初版本への書き込み稿を底本として整理、12巻を8巻構成に改めたもの。Webサイト『每日頭條』に手稿写真等があり興味深い。你讀過《聊齋》,但你讀過蒲松齡落筆時的《聊齋》嗎?
  17. ^ 『黒衣仙』(原題『竹青』)『舟の少女』(原題『王桂庵』)『石清虚』(せきせいきょ、原題と同じ)『姉と妹』(原題『胡四娘』)の4篇。
  18. ^ 第4次『新思潮』第四号に発表された。
  19. ^ ふるせあつし、1924年山形県生れ- 、東京大学文学部中国文学科卒業。中国文学専攻、東京都立北高校教諭(当時)。
  20. ^ くろだまみこ 法政大学 文学部日本文学科 教授
  21. ^ チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2』(原題:倩女幽魂2 人間道、1990年)、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3』(原題:倩女幽魂3 道道道、1991年)と続編が製作されたが、これらは製作者ツイ・ハークの自由な発想によるもの。

出典[編集]

  1. ^ 『聊齋志異研究序説:特に蒲松齡の執筆態度に就いて』芸文研究 (3), 49-61, 1954-01 慶應義塾大学文学部藝文学会Journal Article
  2. ^ 《『聊斎志異』の冥界》岐阜女子大学紀要 39, 107-116, 2010-03-16 紀要 p.107 。
  3. ^ 阿部泰記 著「『聊斎志異』:清初の寓意小説」<紀要論文>、p.26-27 。
  4. ^ 《中国古典文学大系》40、解説 p.546 。
  5. ^ 立間祥介 訳 『聊斎志異』(下) 解説 p.449-449 。
  6. ^ 《中国古典文学大系》40、解説 p.546 。
  7. ^ 藤田祐賢(ふじたゆうけん、1924- 2008年、慶応大名誉教授) 『稿本聊齋志異考勘記』藝文研究 / 6 (195612) pdf、p.16-17 。
  8. ^ 『聊齋誌異:二十四卷抄本』1980年 済南市 齐鲁书社(中国語版)。
  9. ^ a b 立間祥介 訳 『聊斎志異』(下)、解説 p.452-455 。
  10. ^ 清史稿/卷484 文苑一 丁煒〈林侗 林佶 黃任 鄭方坤)ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:清史稿/卷484#丁煒〈林侗_林佶_黃任_鄭方坤〉
  11. ^ 笹倉一広(ささくらかずひろ、一橋大学経済学研究科 准教授) 『趙起杲の無念:青柯亭刻本の後4巻について』静岡大学教養部研究報告. 人文・社会科学篇 28(1), 270-252, 1992 [1] p.270-269 。
  12. ^ 常石茂 《中国古典文学大系》40、解説p.547 – 549 。
  13. ^ 任篤行鈐印版《全校會注集評聊齋志異》|微店預告
  14. ^ 星野明彦(ホシノアキヒコ、慶應義塾女子高等学校教諭 1996現在) 《袁枚と『子不語』:小説家としての意識を中心に》 慶應義塾大学藝文学会 藝文研究 Vol.51, (1987. 7) ,p.69-89 博士論文、p.69-70 。
  15. ^ 中国古典文学大系42 解説 p.505 。
  16. ^ 『商舶載来書目』に明和五年(1768年)に一部舶載との記述があり、その時期から『青柯亭刻本』(1966年刊行)と推定されている。
  17. ^ 磯部祐子(富山大学 人文学部 人文学科 教授、2005年-) 「江戸時代における『聊斎志異』の受容:『蛠洲餘珠』を例に」 富山大学人文学部紀要64巻 2016年 p.402 pdf、p.401 。
  18. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『艶情異史:聊斎志異抄録』影印
  19. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『夜窓鬼談』影印
  20. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション 學海居士『小野篁』影印
  21. ^ 森鴎外『寄書』(『読売新聞』1890年2月27日)。
  22. ^ 楊 爽《依田学海と『聊斎志異』:「小野篁」と「蓮花公主」との比較研究を中心に》日本漢文学研究二松学舎大学21世紀COEプログラム 「日本漢文学研究の世界的拠点の構築」 (12), 119-151, 2017-03 pdf p.123 。著者は二松學舍大学大学院博士後期課程 国文学専攻(2017年当時)。
  23. ^ 黒岩比佐子 著『編集者 国木田独歩の時代』 2007年 角川選書 ISBN 978-4047034174 、p.162-163
  24. ^ 井伏鱒二『その印象』、修道社豪華版『定本 聊斎志異』(1967年)第3巻月報に収録。
  25. ^ Strange Stories from a Chinese Studio (Volumes 1 and 2) by Songling Pu Project Gutenberg 版
  26. ^ 水藤龍彦(すいとうたつひこ) 『二十世紀初頭のドイツ文学における〈China〉その二:『聊斎志異』の翻訳と翻案をめぐって』追手門学院大学文学部紀要 32, 87-98, 1997-03-21 pdf 、著者は追手門学院大学 教授 。
  27. ^ 川島隆 『「こいつは途方もない偽善者だ」:カフカの中国・中国人像』 京都大学大学院独文研究室研究報告 第16号 2002年 pdf p.32-33 。
  28. ^ 増田周子『火野葦平「恋と牡丹」論-『聊斎志異』「葛巾」の改変から見る主題-』關西大學文學論集 66(3), 1-24, 2016-12 pdf p.1-2 。
  29. ^ 『新・聊斎志異-女郎蜘蛛』《週刊少年キング》1971年1月17日号掲載(少年画報社)。
    『新・聊斎志異-お常』《週刊少年キング》1971年5月23日号掲載。
    『新・聊斎志異-叩建異譚』《コミックバーガー》1987年2月24日号 - 3月10日号連載(スコラ)。
  30. ^ 別巻に『聊斎志異研究』創元社、1953年
  31. ^ 湯浅千映子(ゆあさちえこ、関東学園大学経済学部専任講師-当時)「読み手の年齢差による海外文学の訳し分け : 立間祥介訳『聊斎志異』の日本語訳」 埼玉大学紀要(教養学部)第51巻第2号 2016年 pp.361-371pdf
  32. ^ a b 「BonusColumn 西遊記の映像化伝説」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、150頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  33. ^ 参考:テレビドラマデータベース

関連項目[編集]