李翰祥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
李翰祥
中国語 李翰祥
漢語拼音 Lǐ Hànxiáng
粤拼 Lei5 hon6 coeng4
生誕 (1926-04-18) 1926年4月18日
中華民国の旗 中華民国奉天省錦西県小蘇家屯(現・遼寧省葫芦島市連山区沙河営郷蘇家屯村)
死没 (1996-12-17) 1996年12月17日(70歳没)
中華人民共和国の旗 中国北京市
英語名 Li Han-Hsiang
職業 映画監督、脚本家、映画プロデューサー、俳優、美術
ジャンル 古装映画
子供 李殿朗、李殿馨

李 翰祥(リー・ハンシャン、1926年4月18日 - 1996年12月17日[1])は、中国奉天省錦西県[2](現・遼寧省葫芦島市)出身の香港映画監督[1]

経歴[編集]

1926年奉天省錦西県小蘇家屯に生まれる[2]1930年、父親の仕事の都合で熱河省承徳に移り、1932年日本軍の熱河侵攻を逃れて北平(現・北京)に移った[2]。北平芸術専科学校に入学し西洋画を学ぶが、高校を出ていないことが発覚して除籍となり、1948年に香港に渡った[2]。翌年に永華電影公司 に俳優として入社し、その後は美術スタッフなども務めた[2][1]1954年、『嫦娥』で共同監督の一人として初監督[2][1]。同年にショウ・ブラザーズの前身の邵氏父子公司に移籍した[2][3]。ショウ・ブラザーズでは、「黄梅調」と呼ばれる歌唱時代劇映画のブームの中心となり、『江山美人』、『梁山伯與祝英台』などのヒット作を発表した[3]1963年、『梁山伯與祝英台』が金馬奨で最優秀作品賞など6部門を受賞[2]。同年の冬、台湾国聯影業中国語版を創業した[2]1965年の作品『西施』は金馬奨で最優秀作品賞など5部門を受賞し、台湾映画史上空前の歴史大作と言われる[4]。国聯影業は経営的にはうまくゆかず1970年に廃業し[4]、李は1971年に香港に戻った[2]1972年にコメディ映画『大軍閥』を発表、当時テレビの司会者として活躍していたマイケル・ホイを主役に抜擢し、映画界に引き入れた[5]。これを皮切りに、70年代にはエロティク・コメディを多く監督したが、本人が心血を注いでいたのは1975年の歴史映画『傾國傾城』とその続編『瀛台泣血』であるという[5]。80年代には中国大陸との合作で『西太后』、『火龍』を発表[1]1996年にテレビドラマの撮影のために滞在していた北京で、心臓病の発作で死去した[1]

フィルモグラフィー[編集]

監督[編集]

  • 嫦娥 (1954年)
  • 水仙 (1956年)
  • 雪裡紅 (1956年)
  • 窈窕淑女 (1957年)
  • 移花接木 (1957年)
  • 春光無限好 (1957年)
  • 馬路小天使 (1957年)
  • 黃花閨女 (1957年)
  • 妙手回春 (1958年)
  • 安琪兒 (1958年)
  • 給我一個吻 (1958年)
  • 全家福 (1958年)
  • 丹鳳街 (1958年)
  • 貂蟬 (1958年)
  • 兒女英雄傳 (1959年)
  • 江山美人』江山美人 (1959年)
  • 殺人的情書 (1959年)
  • 後門 (1960年)
  • 真説チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』倩女幽魂 (1960年)
  • 手鎗 (1961年)
  • 楊貴妃 (1962年)
  • 楊乃武與小白菜 (1963年)
  • 武則天 (1963年)
  • 梁山伯與祝英台 (1963年)
  • 鳳還巢 (1963年)
  • 七仙女 (1963年)
  • 狀元及第 (1964年)
  • 王昭君 (1964年)
  • 一毛錢 (1964年)
  • 西施 (1965年)
  • 菟絲花 (1965年)
  • 辛十四娘 (1966年)
  • 天之嬌女 (1966年)
  • 幾度夕陽紅大結局 (1966年)
  • 鳳陽花鼓 (1967年)
  • 塔裡的女人 (1967年)
  • 深情比酒濃 (1967年)
  • 十萬青年十萬軍 (1967年)
  • 破曉時分 (1968年)
  • 冬暖 (1969年)
  • 楊子江風雲 (1969年)
  • 北極風情畫 (1969年)
  • 喜怒哀樂 (1970年)
  • 鬼狐外傳 (1970年)
  • 騙術奇譚 (1971年)
  • 緹縈 (1971年)
  • 祇羡鴛鴦不羡仙 (1972年)
  • 風月奇譚 (1972年)
  • 騙術大觀 (1972年)
  • 大軍閥 (1972年)
  • 一樂也 (1973年)
  • 北地胭脂 (1973年)
  • 風流韻事 (1973年)
  • 牛鬼蛇神 (1973年)
  • 騙術奇中奇 (1973年)
  • 醜聞 (1974年)
  • 金瓶梅』金瓶雙艷 (1974年)
  • 聲色犬馬 (1974年)
  • 港澳傳奇 (1975年)
  • 傾國傾城 (1975年)
  • 捉姦趣事 (1975年)
  • 騙財騙色 (1976年)
  • 拈花惹草 (1976年)
  • 洞房艷事 (1976年)
  • 瀛台泣血 (1976年)
  • 風花雪月 (1977年)
  • 佛跳牆 (1977年)
  • 金玉良緣紅樓夢 (1977年)
  • 乾隆下江南 (1977年)
  • 哈囉床上夜歸人 (1978年)
  • 乾隆下揚州 (1978年)
  • 子曰:食色性也 (1978年)
  • 銷魂玉 (1979年)
  • 鬼叫春 (1979年)
  • 軍閥趣史 (1979年)
  • 乾隆皇與三姑娘 (1980年)
  • 徐老虎與白寡婦 (1980年)
  • 乾隆皇君臣鬥智 (1982年)
  • 武松 (1982年)
  • 三十年細說從頭 (1982年)
  • 垂簾聽政 (1983年) - 『火燒圓明園』と纏めて『西太后』として日本公開
  • 皇帝保車 (1983年)
  • 火燒圓明園 (1983年) - 『垂簾聽政』と纏めて『西太后』として日本公開
  • 火龍』火龍 (1986年)
  • 八旗子弟 (1988年)
  • 続・西太后』西太后 (1989年)
  • 敦煌夜譚 (1991年)
  • 金瓶風月』金瓶風月 (1991年)
  • 竹夫人の秘め事』竹夫人 (1991年)
  • 情人的情人 (1994年)
  • 少女潘金蓮 (1994年)

脚本のみ[編集]

  • 翠翠 (1953年)
  • 金鳳 (1956年)
  • 梅姑 (1956年)
  • 笑聲淚影 (1958年)
  • 皇帝與太監 (1981年)

出演[編集]

  • 火葬 (1949年)
  • 花街 (1950年)
  • 玫瑰花開 (1951年)
  • 霧香港 (1952年)
  • 浴室艷屍 (1952年)
  • 近水樓台 (1952年)
  • 狗兇手 (1952年)
  • 虎落平陽 (1952年)
  • 喜相逢 (1952年)
  • 一刻春宵 (1952年)
  • 月兒彎彎照九州 (1952年)
  • 翠翠 (1953年)
  • 嫦娥 (1954年)
  • 玫瑰玫瑰我愛你 (1954年)
  • 梅姑 (1956年)
  • 騙術大觀 (1972年)
  • 牛鬼蛇神 (1973年)
  • 運財童子小祖宗 (1974年)
  • 聲色犬馬 (1974年)
  • 嬉笑怒罵 (1975年)
  • 小祖宗 (1976年)
  • 三十年細說從頭 (1982年)
  • 金瓶風月』金瓶風月 (1991年)

美術[編集]

  • 雨夜歌聲 (1950年)
  • 玫瑰花開 (1951年)
  • 別讓丈夫知道 (1952年)
  • 楊貴妃 (1962年)
  • 金瓶風月』金瓶風月 (1991年)

受賞[編集]

  • 金馬奨
    • 最優秀作品賞『梁山伯與祝英台』『西施』『緹縈』
    • 最優秀監督賞『梁山伯與祝英台』『西施』
    • 最優秀脚本賞『緹縈』『乾隆下揚州』
    • 優秀作品賞『武則天』『揚子江風雲』『傾國傾城』『乾隆下江南』
  • アジア太平洋映画祭
    • 最高賞『江山美人』『後門』
    • 監督賞『貂蟬』『江山美人』『後門』
    • アジア伝統文化賞『緹縈』
    • ユーモア滑稽映画監督賞『大軍閥』
    • 人物描写賞『大軍閥』
  • カンヌ国際映画祭
    • 技術特別賞『楊貴妃』
  • 中華民国行政院新聞局優良国片金鼎奨
    • 『貂蟬』『安琪兒』『雪裡紅』『馬路小天使』『江山美人』
  • 中華人民共和国文化部優秀影片特別賞
    • 『火燒圓明園』『垂簾聽政』(『西太后』)
  • 文部大臣特別賞(日本)
    • 『後門』[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 李翰祥 MovieCool華文影史庫 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 李翰祥 財團法人國家電影中心 2018年7月9日閲覧。
  3. ^ a b 李翰祥 香港記憶 2018年7月9日閲覧。
  4. ^ a b 歷史鉅片《西施》 財團法人國家電影資料館 2018年7月9日閲覧。
  5. ^ a b 从风月片到三级皇朝,细数香港色情电影50年(九) 电影学院 2018年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]