竹田晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹田 晃(たけだ あきら、1930年11月26日 - 2021年8月6日[1])は、日本中国文学者東京大学教養学部教授を経て、東京大学名誉教授明海大学名誉教授。六朝志怪小説伝奇小説が専門。元東京大学運動会硬式野球部監督。

略歴[編集]

1930年東京生まれ。父はやはり中国文学者で、元東京大学助教授東京教育大学名誉教授竹田復。弟は大東文化大学元教授の竹田宏

1943年東京高等師範学校附属国民学校(現・筑波大学附属小学校)、1949年に東京高等師範学校附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。在学中は野球部に所属しており、4年生時には二塁手として夏の甲子園(但しこの年は甲子園が米軍に接収中で西宮球場で挙行)に出場。出場選手が甲子園の土を持ち帰る風習の起こりに関わったうちの一人となった。(日本の高校野球#甲子園の土 参照)[2]

旧制中学5年生の時(1948年)に旧制第一高等学校の受験に失敗し、浪人する予定であったが、ちょうどその年にできた新制・東京高等師範学校附属高等学校に3年生として編入し、1949年春に東京大学に合格・入学した。野球部に入部、学部生時代は野球部主将として東京六大学リーグで活躍した。大学院進学後は助監督、監督を歴任。大学院博士課程進級にあたって指導教授の倉石武四郎より野球部監督を辞め研究に専念するよう命じられ、まもなく監督を辞任。[3]

1953年東京大学文学部中国文学科卒業。1959年同大学院中国語中国文学専門博士課程単位取得満期退学。高校非常勤講師を務めた。

1961年に東京大学文学部助手となり、1965年同大学教養学部講師助教授、教授、評議員、教養学部長等を歴任し、1991年に定年退官し名誉教授となる。

その後、東京女子大学教授、明海大学教授を務め、明海大学名誉教授。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『岩波漢語辞典』山口明穂共編 岩波書店 1987、新版2014ほか
  • 『漢字源』藤堂明保・松本昭・加納喜光共編 学研 1988、新版2018ほか
  • 『五十音引き 講談社漢和辞典』坂梨隆三共編 講談社 1997

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『東アジア文化論叢 竹田晃先生退官記念学術論文集編集委員会』汲古書院, 1991

脚注[編集]

  1. ^ 東大野球部監督を務めた竹田晃氏が死去 甲子園の土持ち帰りの起源も - アマ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年8月7日閲覧。
  2. ^ 『「甲子園の土」ものがたり』(三浦馨著、明治書院)および竹田晃「人と学問」(中国社会文化学会『中国-社会と文化』19号、2004年6月)
  3. ^ 竹田晃「人と学問」(中国社会文化学会『中国-社会と文化』19号、2004年6月)

関連項目[編集]