侠女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
侠女
監督 キン・フー
脚本 キン・フー
原作 蒲松齢聊斎志異』の中の一篇「侠女」
出演者 シュー・フォン
シー・チュン
パイ・イン
ロイ・チャオ
公開 香港の旗 イギリス領香港 1971年11月18日
上映時間 200分
製作国 香港の旗 香港
言語 中国語
テンプレートを表示

侠女』(きょうじょ)は、キン・フー監督・脚本による台湾香港の武侠映画である[1][2]。台湾の聨邦影業公司で製作。台湾での公開時は上下二部であり、上が1970年、下が1971年に公開された。1971年に香港で公開された際に、上下巻が1本となった。

聊斎志異』の中の一篇「侠女」の映画化。第28回カンヌ国際映画祭高等技術委員会グランプリ受賞作品[3]

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:キン・フー
  • 撮影:ファ・フィイン
  • 音楽:ウー・タイコン
  • 武術指導:ハン・インチェ

キャスト[編集]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは、12件のレヴューで支持率は92%、平均値は7.6点だった[4]

Empire』のパトリック・ピーターズは「振り付けの巧妙さは、息をのむ素晴らしさである」と述べた[5]AllMovieのジョナサン・クロウは、「見事なジャンル映画として、最良かつ最も革新的なアクション場面が展開されている」と述べる一方、「ラスト20分で『2001年宇宙の旅』以来のトリッピーな結末を迎える本作は、実験映画の領域へと進行方向を変えていく」と指摘した[6]

1975年の第28回カンヌ国際映画祭にて、高等技術委員会グランプリを受賞した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『キン・フー武侠電影作法』(草思社)P.362
  2. ^ Planet Hong Kong, p1, Harvard University Press, 2000,ISBN0674002148,ISBN 978-0674002142
  3. ^ a b 17 Chinese films with a Cannes Award”. Shenzhen Daily (2015年5月29日). 2015年9月1日閲覧。
  4. ^ A Touch of Zen”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2015年9月1日閲覧。
  5. ^ Peters, Patrick. “A Touch Of Zen - Vintage Hong Kong sword opera”. Empire. 2015年9月1日閲覧。
  6. ^ Crow, Jonathan. “A Touch of Zen - Review”. AllMovie. 2015年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]