安岡章太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安岡 章太郎
(やすおか しょうたろう)
Shotaro Yasuoka 01.jpg
1954年頃
誕生 (1920-05-30) 1920年5月30日
日本の旗 日本高知県高知市
死没 (2013-01-26) 2013年1月26日(92歳没)
日本の旗 日本東京都(詳細は非公開)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 慶應義塾大学英文科
活動期間 1951年 - 2013年
ジャンル 小説随筆文芸評論
文学活動 第三の新人
代表作 『悪い仲間』(1953年)
海辺の光景』(1959年)
『幕が下りてから』(1967年)
『流離譚』(1981年)
『鏡川』(2000年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1953年)
芸術選奨(1960年)
野間文芸賞(1960年・1988年)
毎日出版文化賞(1967年)
読売文学賞(1974年・1996年)
日本芸術院賞(1975年)
日本文学大賞(1982年)
川端康成文学賞(1991年)
朝日賞(1992年)
大佛次郎賞(2000年)
デビュー作 「ガラスの靴」(1951年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

安岡 章太郎(やすおか しょうたろう、1920年4月18日[1] - 2013年1月26日)は、日本小説家

生涯[編集]

高知県高知市帯屋町に父・安岡章、母・恒の子として生まれる。父方は、安岡正美(覚之助)安岡正定(嘉助)などの土佐勤王党員を多くだした土佐藩士の安岡家であり、幕末板垣退助率いる土佐藩迅衝隊に加わり戊辰戦争を戦った勤皇家である。母方の入交家江戸時代郷士だったという。章太郎の父は陸軍獣医官であったため、生後2ヶ月で千葉県市川市に転居[2]。その後、香川県善通寺市東京小岩、市川市で過ごした後、5歳の時、一家で京城(現・ソウル)に移った[2]。小学校3年の時、青森県弘前市に転居[2]。小学校5年から東京青山目黒などで育った[2]

青南小学校から第一東京市立中学校に入学するが、素行不良のため教師の実家の禅寺に寄宿生活を強いられる。この生活は3年に肋膜炎を患うまで続いた。

青南小学校以来軍隊除隊までの劣等生への風当たりは小説やエッセイで再三文章にしており、病気、落第と共に彼の重要な文学的動機になっている。

1939年高知高等学校 (旧制)を受験するが失敗[3]。浪人生活を城北高等補習学校で送り、毎日古山高麗雄と遊び歩いた。1940年、旧制松山高等学校山形高等学校 (旧制)の受験に失敗し[4]1941年慶應義塾大学文学部予科に入学するも、1944年陸軍に学徒動員で召集され東部第六部隊へ入営し満州に送られた。部隊では射撃の最優秀兵であったが「銃の手入れが悪い」と叱責される模範的でない兵隊であった。翌年肺結核により除隊処分となり内地送還された。なお、部隊はその後に全滅し数少ない生き残りとなる。

戦後、復学するも陸軍少将の父は敗戦により失職し、復員後も公職にはつけなかった。そのため、家族は収入のほとんどを失った。結核菌による脊椎カリエス(結核性脊椎炎)を患い、大きな肉体的・精神的苦痛の中1948年英文学科を卒業する。その当時コルセットをつけながら、吉行淳之介阿川弘之と盛り場などを遊び歩いたと言う。

1951年『ガラスの靴』が芥川賞の候補作に選ばれ、文壇に注目される。1953年、選考委員の評価が真っ二つに割れながらも『悪い仲間』・『陰気な愉しみ』により、芥川賞を受賞し、1954年には脊椎カリエスが快癒(自然治癒したが、その為背丈が数センチ縮んだという)。創作活動に意欲的に取りくむ。『流離譚』では土佐藩での祖先の事跡を調査、『果てもない道中記』では中里介山大菩薩峠』を論じた。

1960年代初頭に約半年間ロックフェラー財団の基金でアメリカ留学、公民権運動たけなわのテネシー州ナッシュビルに滞在し、その経験を『アメリカ感情旅行』としてまとめる。その後もアメリカに対する関心を深くもち、アフリカ系アメリカ人の先祖を探った作品『ルーツ』(アレックス・ヘイリー著)の翻訳もしている。

批評家としても文壇の評価が高かった安岡は、芥川賞をはじめ大佛次郎賞伊藤整文学賞選考委員も務めた。また学校国語教科書に、1955年著の「サアカスの馬(サーカスの馬)」が採用されている。

2013年1月26日、老衰により死去[5]。92歳没。

年譜[編集]

家族・親族[編集]

著書[編集]

  • 『悪い仲間』文藝春秋新社 1953 のち講談社文芸文庫「ガラスの靴・悪い仲間」
  • 『青馬館』河出書房 1955
  • 『ガラスの靴・愛玩』角川文庫 1956
  • 『青い貝殻』大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス)1957
  • 『肥った女』現代文芸社(新鋭作家叢書)1957
  • 『遁走』大日本雄弁会講談社 1957 のち角川文庫、旺文社文庫
  • 『結婚恐怖症』平凡出版 1958
  • 『舌出し天使』講談社 1958 のち中公文庫
  • 『二つの顔』講談社 1958
  • 『青葉しげれる』新潮社 1959 のち旺文社文庫
  • 『海辺の光景』講談社 1959 のち新潮文庫、講談社文庫、角川文庫
  • 『ああ女難』講談社 1960
  • 『やって来た連中』毎日新聞社 1961
  • 『安岡章太郎集』筑摩書房(新鋭文学叢書)1961
  • 『いざこざ手帳』雪華社 1961
  • 『アメリカ感情旅行』岩波新書 1962
  • 『花祭』新潮社 1962 のち文庫
  • 『奴隷の教訓』白凰社 1963
  • 『質屋の女房』新潮社 1963 のち文庫
  • 『ちえかします』筑摩書房 1963
  • 『ソビエト感情旅行』新潮社 1964 のち角川文庫
  • 『映画の感情教育』講談社 1964
  • 『利根川』朝日新聞社 1966 「利根川・隅田川」旺文社文庫
  • 『良友・悪友』新潮社 1966 のち文庫、角川文庫
  • 『思想音痴の発想』芳賀書店 1966 のち角川文庫
  • 『ああいえばこういう 感情的文明論』文藝春秋 1966
  • 『幕が下りてから』講談社 1967 のち文庫、角川文庫、文芸文庫
  • 『不精の悪魔』新潮社 1967 のち角川文庫
  • 『軟骨の精神』講談社 1968 のち文庫
  • 『志賀直哉私論』文藝春秋 1968 のち講談社、同文庫
  • 『犬をえらばば』新潮社 1969 のち文庫、講談社文芸文庫
  • 『もぐらの言葉』講談社 1969 のち文庫
  • 『アメリカ夏象冬記』中公新書 1969 のち「アメリカそれから」角川文庫
  • 『小説家の小説論』河出書房新社 1970 のち「小説家の小説家論」 福武書店(文芸選書)、同文庫
  • 『感性の骨格』講談社 1970
  • 安岡章太郎全集』全7巻 講談社 1971
  • 『サルが木から下りるとき』朝日新聞社 1971 のち角川文庫
  • 『現代の文学 17 安岡章太郎』講談社 1972
  • 『セメント時代の思想』講談社 1972
  • 『月は東に』新潮社 1972 のち講談社文芸文庫
  • 『新潮日本文学 安岡章太郎集』新潮社 1972
  • 『自叙伝旅行』文藝春秋 1973 のち角川文庫
  • 『走れトマホーク』講談社 1973 のち文庫、文芸文庫
  • 『もぐらの手袋』番町書房 1973 のち角川文庫
  • 『やせがまんの思想』角川文庫 1973
  • 『へそまがりの思想』角川文庫 1973
  • 『なまけものの思想』角川文庫 1973
  • 『人生の隣』講談社 1975 のち福武文庫
  • 安岡章太郎エッセイ全集』全8巻 読売新聞社 1975-76
  • 『ドン・キホーテと軍神』講談社 1975
  • 『私説聊斎志異』朝日新聞社 1975 のち講談社文庫、文芸文庫
  • 『とちりの虫』番町書房(ユーモアエッセイ集)1975 のち旺文社文庫、光文社文庫
  • 『驢馬の学校』現代史出版会 1975
  • 『自選作家の旅』山と渓谷社 1976
  • 『快楽その日その日』新潮社 1976
  • 『ヨーロッパやきもの旅行』平凡社 1976
  • 『アメリカ人の血と気質』集英社 1977
  • 『絵のある日常』平凡社 1978
  • 『方言の感傷 現代の随想』日本書籍 1978
  • 『放屁抄』岩波書店 1979
  • 『水の神様』講談社 1980
  • 『ウィタ・フンニョアリス』講談社 1980 「滑稽糞尿譚」文春文庫
  • 『犬と歩けば』読売新聞社 1981 のち文春文庫
  • 『流離譚』新潮社 1981 のち文庫、講談社文芸文庫
  • 『言葉のなかの旅』朝日新聞社(現代のエッセイ)1984
  • 『街道の温もり』講談社 1984
  • 『僕の昭和史』全3巻 講談社 1984-88 のち文庫、新潮文庫
  • 『大世紀末サーカス』朝日新聞社 1984 のち文庫
  • 『僕の東京地図』文化出版局 1985 のち新編・世界文化社
  • 安岡章太郎集』全10巻 岩波書店 1986-88
  • 『歳々年々』講談社 1989
  • 『酒屋へ三里、豆腐屋へ二里』福武書店 1990 のち文庫
  • 『活動小屋のある風景』岩波書店 1990
  • 安岡章太郎随筆集』全8巻 岩波書店 1991-92
  • 『夕陽の河岸』新潮社 1991 のち文庫
  • 『父の酒』文藝春秋 1991 のち文庫
  • 『果てもない道中記』講談社 1995 のち同文芸文庫(「大菩薩峠」)
  • 『歴史への感情旅行』新潮社 1995 のち文庫
  • 『まぼろしの川 私の履歴書』講談社 1996
  • 『でこぼこの名月』世界文化社 1998
  • 『死との対面 瞬間を生きる』光文社 1998 のち知恵の森文庫
  • 『愛犬物語』KSS出版 1998
  • 『私の濹東綺譚』新潮社 1999 のち文庫
  • 『わたしの20世紀』朝日新聞社 1999
  • 『忘れがたみ』世界文化社 1999
  • 『戦後文学放浪記』岩波新書 2000
  • 『鏡川』新潮社 2000 のち文庫
  • 『風のすがた』世界文化社 2000 
  • 『慈雨』世界文化社 2002
  • 『天上大風』世界文化社 2003
  • 『晴れた空 曇った顔 私の文学散歩』幻戯書房 2003
  • 『雁行集』世界文化社 2004
  • 『観自在』世界文化社 2005
  • カーライルの家』講談社 2006
  • 『文士の友情 吉行淳之介の事など』新潮社 2013 のち文庫
  • 『歴史の温もり-安岡章太郎歴史文集』講談社 2013

対談・共著[編集]

  • 『大逃走論 政治的行動への自由』小田実共著 毎日新聞社 1969
  • 『戦争と青春 対談集』潮出版社 1974
  • 『われわれはなぜ書くか 対談集』毎日新聞社 1975
  • 『作家はどう発言するか 対談集』毎日新聞社 1977
  • 『差別・その根源を問う』野間宏共編 朝日新聞社 1977
  • 『ひとなぜ怒りを謳う ナショナリズム講義』平岡昇対談 朝日出版社(Lecture books)1979
  • 安岡章太郎対談集』全3巻 読売新聞社 1988
  • 『対談・僕の昭和史 安岡章太郎対談集』講談社 1989
  • 『我等なぜキリスト教徒となりし乎』井上洋治共著 光文社 1999
  • 『安岡章太郎15の対話』新潮社 1997
  • 『齢八十いまなお勉強』近藤啓太郎対談共著 光文社 2001

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『戦後文壇放浪記』あとがきに、戸籍の上では5月30日だが、実際は4月18日が誕生日だと記している
  2. ^ a b c d 斉藤明美『家の履歴書 文化人・芸術家篇』キネマ旬報社、2011年、p200-203
  3. ^ 安岡章太郎、‎遠丸立『安岡章太郎』247頁(2000年)
  4. ^ 安岡章太郎、‎吉行淳之介、‎鳥居邦朗『安岡章太郎・吉行淳之介』211頁
  5. ^ 「海辺の光景」…作家・安岡章太郎氏が死去 読売新聞 2013年1月29日閲覧
  6. ^ 『朝日新聞』1976年4月6日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  7. ^ 筒井康隆『トーク8<エイト>』(徳間文庫、1984年)p.93-94
  8. ^ 安岡章太郎『文士の友情』p.115

参考文献[編集]

  • 群像日本の作家 28 安岡章太郎 小学館 1997
  • 私の履歴書 第三の新人』日本経済新聞社、2007年、9-111頁
  • 廣木寧『江藤淳氏の批評とアメリカ』慧文社 2010年 ISBN 978-4-86330-040-8

関連項目[編集]