山下澄人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山下 澄人(やました すみと、1966年1月25日 - )は、日本劇作家小説家俳優

略歴[編集]

概要[編集]

兵庫県神戸市出身[1]神戸市立神戸商業高等学校(現神戸市立六甲アイランド高等学校)卒。倉本聰富良野塾第二期生。

1996年より劇団FICTIONを主宰。

2011年より小説を発表しはじめる。

2012年、「ギッちょん」で第147回芥川賞候補、同年初の創作集『緑のさる』で第34回野間文芸新人賞を受賞。

2013年、「砂漠ダンス」で第149回芥川賞候補。同年、「コルバトントリ」で第150回芥川賞候補。

2016年、『鳥の会議』で第29回三島由紀夫賞候補。

2017年、「しんせかい」で第156回芥川賞受賞。

富良野塾生として[編集]

[2]

入塾時[編集]

誤配されてきた新聞に富良野塾の募集チラシが挟まっていた。それを読んで無料で生活できることに魅力を感じたこととブルース・リー高倉健などを観て俳優に憧れていたことが主な志望動機であり、倉本聰の作品は観ていたものの脚本家名は当時意識していなかったという[2]

東京新橋で面接と実演試験があり、後者に関して台詞を暗記しなくてもよいと言われたため暗記せずに臨んだが、他の受験生はほとんど暗記してきたという。他のスタッフの反対を押し切って倉本が山下を選び、数千人の希望者の中から採用された[2]

在籍中[編集]

倉本から態度が悪いと常時叱られていたが、演技は誉められて入塾後三ヶ月ほどでドラマ出演できたという[2]

卒業後[編集]

卒業後も塾関連の公演に出演していたが、27歳の時に倉本により降板させられた[2]

劇作家として[編集]

倉本に降板させられた後、劇団FICTIONを旗揚げする(1996年)。イッセー尾形の一人芝居の演出家の森田雄三脚本を書くことを進められ、自作するようになった。倉本はFICTIONの都内での公演にも北海道から見に来てくれたという。[2]

小説家として[編集]

公演を見に来ていた出版社社員に小説を書くことを二年間にわたって勧められたので、書くことを承諾して原稿を渡したが、実はその社員は編集者ではなく営業マンであった。後に山下の芝居のファンであった小説家・保坂和志が他の未完原稿を評価したことがきっかけになって『緑のさる』が刊行され、野間文芸新人賞を受賞した。[2]

著書[編集]

  • 『緑のさる』(平凡社、2012年3月) - 書き下ろし
  • 『ギッちょん』(文藝春秋、2013年3月、のち『コルバトントリ』と合本して文春文庫)
    • ギッちょん(『文學界』2012年6月号)
    • 水の音しかしない(『文學界』2011年12月号)
    • トゥンブクトゥ(『文學界』2012年12月号)
  • 『砂漠ダンス』(河出書房新社、2013年8月、のち河出文庫)
    • 砂漠ダンス(『文藝』2013年夏号)
    • 果樹園 Фруктовый сад(書き下ろし)
    • 浮遊(『早稲田文学』2016年春号、文庫版のみ収録)
    • ディンドンガー(仮)(『三田文学』2016年夏季号、文庫版のみ収録)
  • 『コルバトントリ』(文藝春秋、2014年2月、のち『ギッちょん』と合本して文春文庫) - 初出:『文學界』2013年10月号
  • 『ルンタ』(講談社、2014年10月)
    • ルンタ(『群像』2014年7月号)
    • 星になる(『群像』2011年4月号)
  • 『鳥の会議』(河出書房新社、2015年7月、のち河出文庫)
    • 鳥の会議(『文藝』2015年春号)
    • 鳥のらくご(『文藝』2015年秋号)
  • 『壁抜けの谷』(中央公論新社、2016年8月)
  • 『しんせかい』(新潮社、2016年10月)
    • しんせかい(『新潮』2016年7月号)
    • 率直に言って覚えていないのだ、あの晩、実際に自殺をしたのかどうか(『新潮』2016年1月号)

俳優としての出演作品[編集]

作劇[編集]

  • ディンドンガー

単行本未収録作品[編集]

  • 「歌え、牛に踏まれしもの」(『群像』2013年3月号)
  • 「アートマン」(『文學界』2014年8月号)
  • 「はふり」(『文學界』2015年2月号)
  • 「ほしのこ」(『別冊文藝春秋』2016年11月号〜)

脚注[編集]

  1. ^ 河出書房新社 著書紹介「山下澄人」 - 2015年7月29日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h 文藝春秋2017年3月号芥川賞受賞インタビュー

外部リンク[編集]