コインロッカー・ベイビーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コインロッカー・ベイビーズ
訳題 Coin Locker Babies
作者 村上龍
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 書下ろし
刊本情報
出版元 講談社
出版年月日 1980年10月28日
受賞
第3回野間文芸新人賞
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ポータル 書物
テンプレートを表示

コインロッカー・ベイビーズ』は、村上龍長編小説野間文芸新人賞受賞作品。

概要[編集]

1980年昭和55年)10月28日、講談社より上下巻の単行本として刊行された。

当時起こったコインロッカー幼児置き去り事件を題材とし[1]、生後間もなくコインロッカーに捨てられ、その後蘇生したキクとハシによる、都市への復讐を描いた小説である[2]1981年(昭和56年)の第3回野間文芸新人賞を受賞した[3]

1981年(昭和56年)8月、FM東京にてラジオドラマが放送され、2016年平成28年)には舞台化作品が上演された。

あらすじ[編集]

1972年(昭和47年)7月12日、駅のコインロッカーに遺棄されていた乳児が発見された。乳児院で「関口菊之」と名付けられたこの子供は、仲間に「キク」と呼ばれるようになる。同じ院にいた溝内橋男、通称「ハシ」と交友を結ぶようになる。

小学校入学を来年に控えた夏、二人はまとめて西九州の離島の桑山家に引取られる。かつて炭鉱で栄えた島の廃墟を探検していた二人は、廃墟の映画館に住むオートバイ乗りの男「ガゼル」と出会う。ガゼルは映画館で自ら上映した小笠原諸島の映画を見ながら「ダチュラ」と呟き、その後キクに、「人を片っぱしから殺したくなったらこのおまじないを唱えるんだ」と言い、この「ダチュラ」という言葉を教える。

高校一年生の秋、ハシは母親を探すと言い、置手紙を残して東京へ出奔した。半年経った1989年(平成元年)の夏、キクは養母の和代と共にハシを探す東京への旅行に出るが、和代は東京で体調を崩し、死亡する。キクは島へ戻ることを拒み、思い出した「ダチュラ」の意味を調べ始める。本屋で店員の協力を得て、ダチュラが米軍の開発した、まれに見る凶暴性を発現させる神経兵器の名であり、かつて精神高揚剤にも使われていたことを知る。

代々木公園のアンツーカー施設で棒高跳びの練習をしていると、運動靴のコマーシャルフィルムの撮影が始まり、キクは背景として出演を依頼される。キクは花嫁衣装を着たモデルの少女、「アネモネ」と話をする。キクは彼女を連れ、鉄条網に囲まれた立入禁止の区域・薬島へ、ダチュラを探しに向かう。フィリピン人のタツオに手助けされてアネモネと薬島に潜り込んだキクは、ハシとの再会を果たす。ハシは長く髪を伸ばし、化粧をしていた。ハシは「僕はホモなんだよ」と言い、ミスターDという男に見込まれもうすぐ歌手としてデビューするのだと話す。

キクはアネモネの本棚にあったスキューバ・ダイビング愛好者の雑誌の記事にあった事件から、小笠原諸島カラギ島のウワネ海底洞窟にダチュラが沈められていることを悟る。キクはアネモネに、ダチュラで東京を廃墟にする計画を打明け、彼女が会員権を持つヘルス・クラブでダイビングの練習を始める。

ハシを売り出したミスターDはドキュメンタリー番組でハシと再会させるため、「便利屋」の男にハシの母親の居所を探させ、沼田君枝という女が1972年の夏に横浜市内のコインロッカーに嬰児を遺棄したことを突き止める。しかしハシは東京へ飛び出してきた手掛かりとなった本の老作家に会い、自分の母親は一昨年に死んでおり、君枝はキクの母親であることを知る。キクはミスターDの計画を阻止しようとアネモネの部屋を飛び出し、ハシにその事実を告げられると、タツオから預かっていた拳銃で君枝を射殺した。キクは多くの人間の同情を買い、懲役5年の刑を科せられた。少年刑務所でキクは、山根、中倉、林らと知り合う。

アネモネはマンションをはじめとする財産を処分して2億円を超える金を作り、モデルの契約も破棄し、キクのいる少年刑務所へ向った。その途中、サービスエリアで出会った運転手に煽り運転をされ、アネモネの飼っていたワニのガリバーは路上に放り出されて轢死する。

その頃、ハシのレコードは驚異的に売れており、ハシはニヴァと結婚していた。

函館に着いたアネモネと面会した際にキクは、訓練の実習航海に出る際に船を陸路で追ってほしいと伝える。やがて実習航海が始まり、途中、遭難したタイの密漁者を救助した際、中倉は拳銃をその男から手に入れる。

やがて台風が来たため、実習生たちは宮城県の睦郡港の倉庫に避難する。そこへ密漁船を救助した訓練生のインタビューのためにテレビ局のスタッフたちがやってくる。インタビューの最中、山根が突如として暴れ出し、警官ら数名を素手で殺害した。中倉が人質をとって警官たちを拳銃で脅迫し、キクと林と共に脱走する。3人は凶悪脱走犯として全国へ手配されたが、無事にアネモネと合流し、台風の過ぎ去った海をパワーボートでカラギ島へと向った。

カラギ島へ着きウワネ岩礁の海底洞窟へと潜ったキクたちはダチュラを発見するが、そのとき中倉がミノカサゴに刺され、口からレギュレーターを外したために凶暴化する。林をナイフで刺殺した中倉を、キクは水中銃で射殺した。その後キクはダチュラを引き上げ、近くの島に住む老人の助けを借りて、アネモネと共にヘリコプターで東京へと戻る。アネモネの運転するオートバイに乗り、走りながらダチュラを東京へと撒いた。

一方でハシは、ニヴァを殺さなければならないという強迫観念に駆られ、ナイフで刺して病院へ収容されていた。そこへダチュラで凶暴化した患者が運び込まれ、騒動に乗じてハシは脱走する。街はキクたちの撒布したダチュラによって無人の廃墟と化しており、自分もまた毒を浴びたハシは、叫び声を上げて暴力的な衝動に抗する。やがてその叫び声は歌へと変っていった。

登場人物[編集]

キク(関口菊之)
主人公の少年。1972年(昭和47年)7月12日、駅のコインロッカーに遺棄された。棒高跳びが得意。
ハシ(溝内橋男)
1972年(昭和47年)7月19日、国電根岸線の関川駅コインロッカー三〇九番に遺棄される。歌の才能をミスターDに見出された。
アネモネ
数社と契約を結び、モデルとして働いている少女。高校を中退している。「ガリバー」と名付けた3メートル以上の鰐を飼っている。
ガゼル
キクたちが引き取られた西九州の島の廃墟に住む男。1987年の夏、オートバイで崖から転落死した。
タツオ・デ・ラクルース
薬島に住むフィリピン人の少年。セブ市から1969年に来日したバンドマンとダンサーの父母から1971年の冬に生れた。中学生になった年の夏、家の押し入れから拳銃を発見し、事件を起して児童救護院へ送致されたが脱走。手製銃を作り逮捕される。少年院を出た後、一時は自衛隊を志願したが諦め、薬島で暮らし始めた。
ミスターD
ハシのスポンサー。レコード制作会社を経営している。同性愛者で、清掃会社のアルバイトをしていたハシを見つけて買春した際、彼を見込んで歌手として送り出した。脂肉を食べると女を抱くこともできる。「歌を歌う男」の発掘にかけては天才的で、脂肉を食べてから街を歩き、なおも魅力的に見える男に声を掛けることで発掘している。
ニヴァ
ミスターDが手配したハシのスタイリスト。38歳。癌の手術で両乳房を摘出している。ハシと結婚した。
山根素彦
少年受刑者。金属のように滑らかで白い肌の大男。集団乱闘の際に正拳で4人を殺害した。
中倉
少年受刑者。肉料理屋の店員だったが、訪ねてきた祖母の顔を見て笑った先輩を注意しようと包丁で突いたところ突き刺さり、殺人となって収監された。
少年受刑者。床屋に強盗に入り、大声を上げた年寄りの首を絞めて殺害した。

評価・分析[編集]

秋山駿は、「この小説は、コインロッカーに赤ん坊の死体発見の相次ぐ頃、思いつかれたものであろう。私はそこがいいと思う。こういう現代的生存の特徴的な急所を(しばしば犯罪の形が先行するもの)、真なる一つの想像力の発案として、小説世界に挑むということ。それが現代文学の前衛の場所のはずだが、そんなことを本当に試みている作家は寡い」と評した[4]

住吉雅子は、コインロッカーに捨てられた「ベイビー」を、「倫理観などを差し置いた経済最優先の社会に生じた歪の象徴」とし、「二人は自分が何者なのかを希求した先に都市への復讐を果たすことで「コインロッカー・ベイビーズ」という主体を獲得したのである」と分析している[2]

吉本隆明は、ハシやキクのような胎児や嬰児を純粋理念上に存在させるとすれば「こういう胎児または嬰児は、やがて同性愛的な傾斜をもつようになるだろう」「何らかのきっかけさえあれば、被害妄想、追跡妄想をこうじさせて、フロイトが古典時代にパラフレニーと名づけたものの病像をたどるだろう」とし、「この作品に捨て難い魅力があるとすれば、作品の主人公たちの織りなす物語が、胎児あるいは嬰児の時期に母性的なものとの接触を決定的に障害された人間がたどる純粋理念的な必然を、いわばありあまるほど豊饒で狂暴なイメージの情欲として展開しているからだとおもえる」と評した[5]

書誌情報[編集]

  • 『コインロッカー・ベイビーズ』上下巻(1980年、講談社)
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』〈講談社文庫〉上下巻(1984年、講談社) - カバー絵・小山佐敏、解説・三浦雅士
  • 『村上龍自選小説集 4 (破壊による突破)』(1997年、集英社)
  • 『コインロッカー・ベイビーズ』〈講談社文庫〉新装版(2009年、講談社) - カバー絵・佐藤亮太、解説・金原ひとみ

翻訳[編集]

朝鮮語
  • V.Grivnina訳『코인로커 베이비스』1、2(1994年、도서출판 삼문)
英語
  • 『コインロッカーベイビーズ/KOIN LOCKER BABIES 英語版』(1996年、講談社インター)
  • Stephen Snyder訳『Coin locker babies』(1998年、Kodansha International)
  • Stephen Snyder訳『Coin locker babies』(2013年、Pushkin)
フランス語
  • Corinne Atlan訳『Les bébés de la consigne automatique』〈J'ai lu, 5024〉(1996年、Éditions J'ai lu)
  • Corinne Atlan訳『Les bébés de la consigne automatique』(1996年、Philippe Picquier)
ロシア語
  • 『Дети из камеры хранения』(2003年、Амфора)
ルーマニア語
  • Florin Oprina訳『Copii de aruncat』〈Biblioteca Polirom〉(2005年、Polirom)
トルコ語
  • H. Can Erkin訳『Emanet dolabı bebekleri』〈Dünya edebiyatı, Roman〉(2008年、Doğan Kitap)
ポーランド語
  • Małgorzata Dutka訳『Dzieci ze schowka』〈Lemur〉(2009年、Świat Książki)
中国語
  • 欒殿武訳『寄物櫃嬰兒』(2010年、上海譯文出版社)
スペイン語
  • Pilar Álvarez Sierra訳『Los chicos de las taquillas』〈[Precursores] ; 6〉(2010年、Escalera)
ブルガリア語
  • Мая Милева訳『Децата от гаровия сейф』〈Отвъд〉(2013年、Жанет 45)
ドイツ語
  • Ursula Gräfe訳『Coin Locker Babys』(2015年、Septime-Verlag)

ラジオドラマ[編集]

1981年8月、FM東京にてラジオドラマが放送された。監督:村上龍、ハシ:沢田研二、音楽:笹路正徳。モチーフにローリングストーンズの「We Love You」が使われた。

舞台[編集]

2016年版[編集]

同名タイトルの舞台化作品が、2016年6月から7月に赤坂ACTシアター福岡市民会館広島文化学園 HBGホールオリックス劇場で上演された。主演はA.B.C-Z橋本良亮河合郁人[6][7]。本作の舞台化は2001年から考えられていたが、脚本・演出を担当した宝塚歌劇団所属の木村信司が当時、宝塚歌劇団では絶対にできない一番遠い作品を書いてみようとチャレンジした作品であり、十数年経ってようやく村上龍に話が通り、「ぜひやってほしい」と実現に至ったものである[8]

真田佑馬および芋洗坂係長は劇中でそれぞれ5役を演じ分けている[1][9]

上演日程(2016年版)[編集]

キャスト(2016年版)[編集]

スタッフ(2016年版)[編集]

2018年版[編集]

2018年7月から8月に赤坂ACTシアター、豊中市立文化芸術センター、オーバード・ホールで上演された。主演はA.B.C-Z橋本良亮河合郁人[12][13][14]。初演当時に橋本と河合が抱いた「お互いの役に挑んでみたい」という思いが実現し、公演日によって2人がそれぞれハシとキクを演じるというダブルキャスト形式で上演された。

上演日程(2018年版)[編集]

キャスト(2018年版)[編集]

スタッフ(2018年版)[編集]

  • 原作 - 村上龍
  • 脚本・演出 - 木村信司宝塚歌劇団
  • 音楽 - 長谷川雅大
  • 振付 - 麻咲梨乃、KAZUMI-BOY
  • 美術 - 大田創
  • 衣裳 - 有村淳
  • 照明 - 勝柴次朗
  • 音響 - 鈴木宏
  • ヘアメイク - 川端富生
  • 舞台監督 - 吉見裕司
  • プロダクションマネージャー - 南部丈
  • 製作 - TBSPARCOTSP
  • 企画協力 - 新音楽協会

脚注[編集]

  1. ^ a b A.B.C-Zの橋本、河合が舞台『コインロッカー・ベイビーズ』に意気込み”. チケットぴあ (2016年6月7日). 2016年6月9日閲覧。
  2. ^ a b 住吉雅子『都市と病-村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』論-』(2016年3月30日『奈良教育大学国文 : 研究と教育』)2021年3月4日閲覧。
  3. ^ 野間文芸新人賞 過去受賞作|講談社 2021年3月5日閲覧。
  4. ^ 秋山駿『書評 今日性を捉える暴力 村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」』(『群像』1981年1月号)
  5. ^ 吉本隆明「村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』」(『吉本隆明全集 一九八〇-一九八二』2012年、晶文社)
  6. ^ a b c A.B.C-Z橋本&河合、村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」舞台化で主演!”. シネマトゥデイ (2015年10月5日). 2015年10月6日閲覧。
  7. ^ 村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」舞台版、全キャスト決定”. ステージナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  8. ^ a b c d 昆夏美×シルビア・グラブ×木村信司 (2016年4月28日). 昆×シルビア×木村が語る『コインロッカー・ベイビーズ』. インタビュアー:中川實穗. チケットぴあ.. http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201604280014 2016年5月30日閲覧。 
  9. ^ “河合はキス、橋本はトランクス姿…オトナのA.B.C-Zに悲鳴?!”. スポーツ報知. (2016年6月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160603-OHT1T50104.html 2016年6月9日閲覧。 
  10. ^ “「コインロッカー・ベイビーズ」河合郁人は「橋本とのキスがあって今がある」”. ステージナタリー. (2016年6月4日). https://natalie.mu/stage/news/189543 2016年6月4日閲覧。 
  11. ^ 木村信司 (2016年5月18日). 【インタビュー】宝塚の演出家・木村信司が、若手ジャニーズとつくる音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』にかける思い. インタビュアー:佐々木なつみ. マイナビニュース.. http://news.mynavi.jp/articles/2016/05/18/coinlockerbabies/ 2016年5月22日閲覧。 
  12. ^ A.B.C-Z橋本&河合「コインロッカー・ベイビーズ」日替わりWキャストで再演(コメントあり)”. 音楽ナタリー (2018年2月27日). 2021年6月14日閲覧。
  13. ^ A.B.C-Z橋本良亮と河合郁人の“違い”は「肌の手触り」!? 音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』初日前会見 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス (2018年7月11日). 2021年6月14日閲覧。
  14. ^ 『コインロッカー・ベイビーズ』再演に向け橋本良亮&河合郁人「A.B.C-Zはすごいって思われたい」│エンタステージ” (日本語). enterstage.jp (2018年7月11日). 2021年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]