由起しげ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1949年

由起 しげ子(ゆき しげこ、1900年12月2日 - 1969年12月30日)は、日本の小説家。

生涯[編集]

大阪府堺市生まれ。旧姓名は新飼 志げ(しんがい しげ)。神戸女学院音楽部在学中に山田耕筰に作曲を学び、才能を発揮していたが、中退する。1924年、画家伊原宇三郎と結婚、三男一女を儲けた。1945年、伊原と別居する。神近市子らの勧めにより作家の道に進む。1949年、『作品』に発表した最初の短篇「本の話」で第21回(戦後再開第1回)芥川賞を受賞する。1954年、『小説新潮』に載せた「女中ッ子」が映画化され、ベストセラーとなる。以後はもっぱら少女小説中間小説の作家として活躍した。息子は彫刻家の伊原通夫(1928年- )。

著書[編集]

  • 『厄介な女』(時事通信社、1950年)
  • 『春を告げる花』(時事通信社、1950年)
  • 『警視総監の笑ひ・本の話』(角川文庫、1951年)
  • 『コクリコ夫人』(早川書房、1952年)
  • 『ルリ色の海』(同和春秋社、1955年)
  • 『女中ッ子・この道の果に』(新潮社、1955年)
  • 『語らざる人』(大日本雄弁会講談社、1955年)
  • 『今日のいのち』(現代社、1956年)
  • 『未知からの誘い』(現代社、1956年)
  • 『若い火』(河出新書、1956年)
  • 『夕すげ』(現代社、1956年)
  • 『生きる場所』(大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス)、1958年)
  • 『ヒマワリさん』(講談社(ロマン・ブックス)、1958年)
  • 『女ごころ』(文芸評論新社、1958年)
  • 『女の中の悪魔』(新潮社、1959年)
  • 『契約結婚』(新潮社、1960年)
  • 『夢違い』(光文社、1960年)
  • 『赤坂の姉妹』(新潮社、1960年)
  • 『沢夫人の貞節』(新潮社、1961年)
  • 『罪と愛』(新潮社、1962年)
  • 『小さな結婚』(講談社、1963年)
  • 『真夜中の顔』(新潮社、1963年)
  • 『やさしい良人』(文藝春秋新社、1963年)
  • 『愛のかけら』(文藝春秋新社、1964年)
  • 『女性作家シリーズ 森茉莉・由起しげ子・萩原葉子』角川書店 1998

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大辞典
  • 『日本近代文学大辞典』講談社、1984年
  • 「年譜」『芥川賞全集』第4巻 文藝春秋、1982年 
  • 「年譜」『女性作家シリーズ』