藤野千夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤野 千夜(ふじの ちや、1962年2月27日 - )は、日本小説家

経歴[編集]

福岡県出身。麻布中学校・高等学校千葉大学教育学部卒業。

漫画雑誌の編集者を経て、1995年「午後の時間割」で第14回海燕新人文学賞を受賞し小説家に転身。1996年少年と少女のポルカ』で第18回野間文芸新人賞候補。1998年おしゃべり怪談』で第20回野間文芸新人賞受賞。1999年「恋の休日」で第121回芥川賞候補。2000年「夏の約束」で第122回芥川賞受賞。

2004年群像新人文学賞選考委員に就任(第47回~第51回まで)。2006年には『ルート225』が映画化された。

作品リスト[編集]

  • 『少年と少女のポルカ』(1996年、ベネッセコーポレーション / 2000年、講談社文庫
    • 少年と少女のポルカ、午後の時間割
  • 『おしゃべり怪談』(1998年、講談社 / 2001年、講談社文庫)
    • BJ、おしゃべり怪談、女生徒の友、ラブリープラネット
  • 恋の休日』(1999年、講談社 / 2002、講談社文庫)
    • 恋の休日(『群像』1999年5月号)
    • 秘密の熱帯魚
  • 夏の約束』(2000年、講談社 / 2003年、講談社文庫)
    • 夏の約束(『群像』1999年12月号)
    • 主婦と交番
  • 『ルート225』(2002年、理論社 / 2005年、新潮文庫
  • 彼女の部屋』(2003年、講談社 / 2006年、講談社文庫)
    • ハローウィーン(『文學界』2002年1月号)
    • アメリカを連れて
    • 父の帰宅(『群像』2003年1月号)
    • 愛の手紙(『文學界』2002年5月号)
    • 薬屋事件(『文學界』2003年3月号)
    • 彼女の部屋(『群像』2003年9月号)
  • ベジタブルハイツ物語』(2005年、光文社 / 2007年、光文社文庫
    • アボカドの娘
    • ブロッコリーの日常
    • キャロットの二人(『小説宝石』2003年3月号)
    • ダイコンの夢(『小説宝石』2003年10月号)
    • アボカドふたたび
    • さよならベジタブル(『小説宝石』2004年10月号)
  • 主婦と恋愛』(2006年、小学館)のち文庫 
    • 初出:『文藝ポスト』連載
  • 『中等部超能力戦争』(2007年、双葉社
  • 『さやかの季節』(2007年、光文社
    • 二週間
    • どっちにする?(『小説宝石』2006年4月号)
    • 九月の写メール、秋のひみつ、声を聞かせて、一番の恋人、一年の終わり
  • 『少女怪談』(2008年、文藝春秋
    • ペティの行方(『文學界』2004年4月号)
    • 青いスクーター(『文學界』2005年11月号)
    • アキちゃんの傘(『飛ぶ教室』2006年春号)
    • ミミカの不満(『飛ぶ教室』2007年春号)
  • 『親子三代、犬三匹』朝日新聞出版、2009年 
  • 『願い』講談社、2010年 
  • 『ネバーランド』新潮社、2010年
  • 『スラスラ描けるマンガ教室 ピリカの魔法のペン』かぼ絵 学研パブリッシング、2013年
  • 君のいた日々』角川春樹事務所、2013年 のち文庫 
  • 『時穴みみか』講談社 2015
  • 『D菩薩峠漫研夏合宿』新潮社、2015年 

アンソロジー[編集]

「」内が藤野千夜の作品

  • あのころの宝もの ほんのり心が温まる12のショートストーリー(2003年3月 メディアファクトリー)
    • 【改題】ありがと。 あのころの宝もの十二話(2004年10月 メディアファクトリー MF文庫ダ・ヴィンチ)「アメリカを連れて」

単行本未収録作品[編集]

  • 不感症な夜(『小説現代』2004年4月号)
  • 春休みの乱(『小説推理』2004年5月号)
  • イブの過ごし方(『小説すばる』2004年12月号)
  • タテになって(『小説すばる』2005年6月号)

作品提供[編集]

映画[編集]

  • ルート225 (監督:中村義洋、配給:オフィス・シロウズ/ソフトシューズ(京阪神)、2006年)

漫画[編集]