この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

津村記久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津村 記久子
(つむら きくこ)
ペンネーム 津村 記久子
誕生 (1978-01-23) 1978年1月23日(38歳)
日本の旗 日本大阪府大阪市
職業 作家
最終学歴 大谷大学国際文化学科卒業
活動期間 2005年 -
代表作 『ポトスライムの舟』(2009年)
主な受賞歴 太宰治賞(2005年)
野間文芸新人賞(2008年)
咲くやこの花賞(2008年)
芥川龍之介賞(2009年)
織田作之助賞(2011年)
川端康成文学賞(2013年)
芸術選奨新人賞(2016年)
デビュー作 『君は永遠にそいつらより若い』(2005年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

津村 記久子(つむら きくこ、1978年1月23日 - )は、日本小説家大阪府大阪市出身、大阪府立今宮高等学校大谷大学文学部国際文化学科卒業。

経歴

幼少時には児童書をまねて文章を書いていたが、中学生のころからは音楽に親しむようになる。大学3年のころから本格的に小説を書き始める[1]

2000年、新卒で入社した会社で上司からパワーハラスメントを受け、10ヶ月で退社[2]。その後、職業訓練校などを経て2001年に転職。

2005年に「マンイーター」(単行本化の際『君は永遠にそいつらより若い』に改題)で第21回太宰治賞を受賞し、小説家デビュー。兼業作家として、会社から帰った後、睡眠を二回に分けてその合間に小説を執筆していた[1]

2012年、10年半勤めた会社を退職し、専業作家となる[1]

受賞歴

作風・人物

作品

小説

  • 『君は永遠にそいつらより若い』(筑摩書房、2005年11月 / ちくま文庫、2009年5月) 
  • 『カソウスキの行方』(講談社、2008年2月 / 講談社文庫、2012年1月)
    • カソウスキの行方(『群像』2007年9月号)
    • Everyday Write A Book.(『小説すばる』2006年7月号)
    • 花婿のハムラビ法典(『群像』2006年5月号)
  • 『ミュージック・ブレス・ユー!!』(角川書店、2008年6月 / 角川文庫、2011年6月)
    • 書き下ろし
  • 『婚礼、葬礼、その他』(文藝春秋、2008年7月 / 文春文庫、2013年2月)
    • 婚礼、葬礼、その他(『文學界』2008年3月号)
    • 冷たい十字路 (『文學界』2007年6月号)
  • 『アレグリアとは仕事はできない』(筑摩書房、2008年12月 / ちくま文庫、2013年6月)
    • アレグリアとは仕事はできない(『ちくま』2007年7月 - 2008年1月[5]
    • 地下鉄の叙事詩(書き下ろし)
  • 『八番筋カウンシル』(朝日新聞出版、2009年2月 / 朝日文庫、2014年4月)
    • 書き下ろし
  • 『ポトスライムの舟』(講談社、2009年2月 / 講談社文庫、2011年4月)
    • ポトスライムの舟(『群像』2008年11月)
    • 十二月の窓辺(『群像』2007年1月号)
  • 『ワーカーズ・ダイジェスト』(集英社、2011年3月 / 集英社文庫、2014年6月)
    • ワーカーズ・ダイジェスト(『小説すばる』2010年9月号 - 11月号)
    • オノウエさんの不在(『小説すばる』2008年4月号)
  • 『まともな家の子供はいない』(筑摩書房、2011年8月 / ちくま文庫、2016年3月)
    • まともな家の子供はいない(『ちくま』2009年11月号 - 2010年10月号)
    • サバイブ(『Webちくま』2006年3月 - 6月)
  • 『とにかくうちに帰ります』(新潮社、2012年2月 / 新潮文庫、2015年10月)
    • 職場の作法(日本経済新聞電子版 2010年10月4日 - 23日)
    • バリローチェのフアン・カルロス・モリーナ(『新潮』2011年1月号)
    • とにかくうちに帰ります(『新潮』2009年3月号)
  • 『ウエストウイング』(朝日新聞出版、2012年11月)
    • 『小説トリッパー』2009年12月号 - 2010年12月号
  • 『これからお祈りにいきます』(角川書店、2013年6月 / 角川文庫、2017年1月)
    • サイガサマのウィッカーマン(『デジタル野性時代』2012年3月号 - 4月号)
    • バイアブランカの地層と少女(『野性時代』2008年1月号)
  • 『ポースケ』(中央公論新社、2013年12月)
    • 書き下ろし
  • 『エヴリシング・フロウズ』(文藝春秋、2014年8月)
  • 『この世にたやすい仕事はない』(日本経済新聞出版社、2015年10月)
    • 日本経済新聞電子版 2014年5月1日 - 2015年3月19日
  • 『浮遊霊ブラジル』(文藝春秋、2016年10月)
    • 給水塔と亀(『文學界』2012年3月号)
    • うどん屋のジェンダー、またはコルネさん(『文學界』2010年2月号)
    • アイトール・ベラスコの新しい妻(『新潮』2013年1月号)
    • 地獄(『文學界』2014年2月号)
    • 運命(『新潮』2014年6月号)
    • 個性(『すばる』2014年9月号)
    • 浮遊霊ブラジル(『文學界』2016年6月号)

エッセイ等

  • 『やりたいことは二度寝だけ』(講談社、2012年6月) 
  • 『ダメをみがく "女子"の呪いを解く方法』(紀伊國屋書店、2013年4月 / 集英社文庫、2017年1月)
    • 深澤真紀との対談集。『日経ウーマンオンライン』2012年10月 - 2013年3月
  • 『二度寝とは、遠くにありて想うもの』(講談社、2015年4月)
  • 『くよくよマネジメント』(清流出版、2016年5月)
    • イラストは森下えみこ。『清流』2010年5月号 - 2013年7月号
  • 『枕元の本棚』(実業之日本社、2016年7月)
    • 『ジェイ・ノベル』2010年7月号 - 2015年11月号、『小説現代』2010年2月号

外部リンク

脚注

  1. ^ a b c d e >作家の読書道 第155回:津村記久子さん
  2. ^ 当時の経験は「十二月の窓辺」(『ポトスライムの舟』収録)に描かれている。
  3. ^ 「津村 そうですね。一番は、身近なことが働くことなので、基本的には働くことを書くということだと思います。」日経Bizアカデミー インタビュー
  4. ^ 受賞時タイトルは「マンイーター」、ペンネームは「津村記久生」。
  5. ^ 連載時タイトルは「コピー機が憎い!」。