石井遊佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石井 遊佳(いしい ゆうか、1963年11月[1] - )は日本の小説家、日本語教師。インドタミル・ナードゥ州チェンナイ在住[1]

略歴[編集]

大阪府枚方市出身[1]

早稲田大学法学部卒業[2]。その後、東京大学文学部インド哲学仏教学専修課程に学士編入。更に、同大学院人文社会系研究科博士後期課程に進み、満期退学[1](専門は中国仏教[3])。

2015年から東大で知り合ったサンスクリット語研究者の夫と共にチェンナイのIT企業で日本語教師として働く[3]。2017年、『百年泥』で第49回新潮新人賞を受賞。2018年、同作で第158回芥川賞を受賞[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『百年泥』著者プロフィール”. 新潮社. 2018年1月20日閲覧。
  2. ^ 早稲田大学法学部ホームページ. 2018年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c “芥川賞に若竹千佐子さんと石井遊佳さん 直木賞に門井慶喜さん”. 東京新聞. (2018年1月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011702000130.html 2018年1月20日閲覧。