今村夏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今村 夏子
(いまむら なつこ)
誕生 (1980-02-20) 1980年2月20日(39歳)
広島県広島市
言語 日本語
活動期間 2010年-
ジャンル 小説
代表作こちらあみ子』『あひる
主な受賞歴 三島由紀夫賞(2011年)
河合隼雄物語賞(2017年)
野間文芸新人賞(2017年)
デビュー作 「こちらあみ子」
テンプレートを表示

今村 夏子(いまむら なつこ、1980年2月20日[1] - )は、日本の小説家広島県広島市安佐南区生まれ[2]

経歴[編集]

広島県内の高校を経て大阪の大学を卒業[3]。その後は清掃のアルバイトなどを転転とした[3]。29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、帰宅途中に突然、小説を書こうと思いついたという[3]。そうして書き上げた「あたらしい娘」が2010年太宰治賞を受賞した[3]。同作を改題した「こちらあみ子」と新作中篇「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』(筑摩書房)で、2011年に第24回三島由紀夫賞受賞[4]。広島の実家近くで2014年に起きた広島土砂災害では、泥水が実家の周囲に押し寄せ、祖母の墓が流された[3]。「こちらあみ子」には、子どもの頃の郷里の思い出も散りばめ、広島弁もさりげなく登場する[3]2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作「チズさん」が併録されたが、それ以外に作品の発表はなく、半引退状態となっていた[5]

2016年、新創刊された書肆侃侃房の文芸誌〈たべるのがおそい〉で2年ぶりとなる新作「あひる」を発表し、第155回芥川龍之介賞候補に挙がった。同作を収録した短篇集『あひる』で、第5回河合隼雄物語賞受賞。2017年、「星の子」で第157回芥川賞候補[2]、第39回野間文芸新人賞受賞。

2013年に結婚し、大阪市内で夫とふたり暮らし。庄野潤三の長女は同姓同名の別人。岡山市出身の小川洋子を「神様みたいな人」と敬愛し、「ずっとあんなふうに書いていけたらすてき」と話している[3]

著作[編集]

  • こちらあみ子』(2011年1月・筑摩書房、2014年6月・ちくま文庫
    • 「こちらあみ子」 - 『太宰治賞2010』に「あたらしい娘」の題で収録
    • 「ピクニック」 - 書下ろし
    • 「チズさん」 - 書下ろし、文庫版のみ収録
  • あひる』(2016年11月・書肆侃侃房、2019年1月・角川文庫
    • 「あひる」 - 文学ムック『たべるのがおそい』vol.1
    • 「おばあちゃんの家」 - 書き下ろし
    • 「森の兄妹」 - 書き下ろし
  • 星の子』(2017年6月・朝日新聞出版) - 『小説トリッパー』2017年春号
  • 『父と私の桜尾通り商店街』(2019年2月・角川書店
    • 「白いセーター」 - 文学ムック『たべるのがおそい』vol.3
    • 「ルルちゃん」 - 『文芸カドカワ』2017年12月号
    • 「ひょうたんの精」 - 『文芸カドカワ』2017年10月号
    • 「せとのママの誕生日」 - 『早稲田文学』増刊女性号
    • 「モグラハウスの扉」 - 書き下ろし
    • 「父と私の桜尾通り商店街」 - 『文芸カドカワ』2016年9月号

単行本未収録作品[編集]

  • 「冬の夜」 - 『文芸カドカワ』2017年8月号
  • 「木になった亜沙」 - 『文學界』2017年10月号
  • 「ある夜の思い出」 - 文学ムック『たべるのがおそい』vol.5

脚注[編集]

  1. ^ 第155回芥川龍之介賞候補作品決定!
  2. ^ a b 芥川賞候補に広島出身の今村さん”. 中国新聞アルファ. 中国新聞 (2017年6月20日). 2017年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g “芥川賞候補になった今村夏子さん『あひる』転機の作品に手応え”. 中国新聞 (中国新聞): p. 15. (2016年7月26日) 
  4. ^ 筑摩書房 こちらあみ子 / 今村 夏子 著
  5. ^ 『こちらあみ子』がちくま文庫に入った