織田作之助賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

織田作之助賞(おださくのすけしょう)は、「織田作之助賞実行委員会」(大阪市大阪文学振興会関西大学、パソナグループ、毎日新聞社(50音順))が主催する文学賞である。大阪生まれの作家・織田作之助1913年大正2年)10月26日 - 1947年昭和22年)1月10日)の生誕70年を記念して、1983年(昭和58年)に創設された。[1]

概要[編集]

第1回(1984年)から第22回(2005年)までは未発表の作品を受け付ける公募新人賞としておこなわれ、受賞作は『関西文学』に掲載された。第15回作品より文藝春秋の協賛があり『文學界』に掲載された。

第23回(2006年)より制度を変更し、単行本を対象とする「大賞」と、公募新人賞としての機能を残した「青春賞」を授賞することとなった。

「大賞」は第26回(2009年)までは舞台、登場人物、題材などが関西近畿2府4県)に関わりのある小説随筆評論評伝の単行本を授賞対象としていた。第27回(2010年)以降は、その限定をはずし、対象作品を「新鋭・気鋭の小説」とするようになった。現在の選考委員は、いしいしんじ重里徹也、芝井敬司、高村薫田中和生の5名。受賞者には賞金100万円が与えられる。

「青春賞」は未発表の短編小説を対象とするが、作者の年齢が各年度の締切日時点で24歳以下であることを応募条件としている。現在の選考委員は、堂垣園江、柏木治(関西大学教授)、吉村萬壱の3名。受賞者には賞金30万円が与えられ、第31回(2014年)からは、受賞作が文芸誌『三田文学』に掲載されることになった。第31回(2014年)~第35回(2018年)は作者の年齢が締切日時点で18歳以下の作品を対象に「U-18賞」を設けた。  第36回(2019年)から「U-18賞」を廃止し、作者の年齢が締切日時点で18歳以下である作品のうち優秀と認められたものに「奨励賞」を授与している。

選考結果の発表は、『毎日新聞』紙上および毎日新聞社ウェブサイト上でおこなわれる。

制度変更前の受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第20回[編集]

第21回から第22回[編集]

制度変更後の大賞受賞作一覧[編集]

第23回から第26回(対象作品は「関西に関わりのある小説・随筆・評論・評伝」)[編集]

第27回以降(対象作品は「新鋭・気鋭の小説」)[編集]

制度変更後の青春賞受賞作一覧[編集]

第23回から[編集]

  • 第23回(2006年) - 該当作なし 佳作:久野智裕『一セントコインの女』、土谷三奈『リフレインリフレイン』
  • 第24回(2007年) - 緒野雅裕『天梯』 佳作:宮規子『魚は水の中』
  • 第25回(2008年) - 小笠原由記『Innocent Summer』 佳作:深山あいこ『ユメノシマ』
  • 第26回(2009年) - 島谷明『マニシェの林檎』 佳作:木田肇『換気扇』
  • 第27回(2010年) - 香川みわ『おっさん』 佳作:森田弘輝『逃げるやもりと追うやもり』
  • 第28回(2011年) - 『コンシャス・デイズ』 佳作:中野沙羅『フリーク』
  • 第29回(2012年) - 滝口浩平『ふたりだけの記憶』 佳作:未来谷今芥『アイランド2012』
  • 第30回(2013年) - 藤原侑貴『通りゃんせ』 佳作:岡田美津穂『橋の下と僕のナイフ』
  • 第31回(2014年) - 柳澤大悟『ジンジャーガム』 U-18賞:中原らいひ『池から帰るふたり』
  • 第32回(2015年) - 犬浦香魚子『はきだめ』 U-18賞:烏月にひる『パチンコ玉はUFO、ブルーのビー玉は地球』
  • 第33回(2016年) - 中野美月『海をわたる』 U-18賞:浅田紗希『思い出屋と私』
  • 第34回(2017年) - 馬場広大『みかんの木』 U-18賞:吉田菜々穂『サイコロバレンタイン』
  • 第35回(2018年) - 川勝浩人『ママの犬』 U-18賞:織田香音『夏が死ぬ』
  • 第36回(2019年) - 丸井常春『檻の中の城』 奨励賞:楊美裕華『ざまぁおぼろげ』
  • 第37回(2020年) - 三浦育真『夜明珠』 奨励賞:土岐咲楽『木香』

過去の選考委員[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]