久間十義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

久間 十義(ひさま じゅうぎ、1953年[1]11月27日[2] - )は、日本小説家。「久間十義」は本名[3]

北海道新冠町出身[1]北海道札幌南高等学校[4]、1977年[5]早稲田大学第一文学部仏文科卒業[1]。日本ペンクラブ、日本文芸家協会、各会員[6]

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 大学卒業後は塾講師をしていた[10]
  • 体調を崩したときに見た、韓流ドラマにはまったことがきっかけで、韓流オヤジを自称していた[11]
  • 同じく文藝賞出身の作家である外岡秀俊とは高校の同級生であり、親交が長い[12]。外岡の『北帰行』(河出文庫)の解説も担当している。また同じく北海道出身の高澤秀次は大学の同級生である。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • マネーゲーム(1988年1月 河出書房新社 / 1990年10月 河出文庫
  • 聖マリア・らぷそでぃ(1989年1月 河出書房新社 / 1993年5年 河出文庫)
  • 世紀末鯨鯢記(1990年3月 河出書房新社 1992年10月 河出文庫)
  • ヤポニカ・タペストリー(1992年7月 河出書房新社 / 1996年6月 河出文庫)
  • 海で三番目につよいもの(1993年4月 新潮社
  • B級読書機械(1993年11月 朝日新聞社
  • 魔の国アンヌピウカ(1996年3月 新潮社)
  • B級読書倶楽部(1996年8月 毎日新聞社
  • 狂騒曲―1985〜1990(1997年7月 角川書店
  • 刑事たちの夏(1998年7月 日本経済新聞出版社 / 2000年8月 幻冬舎文庫【上・下】 / 2009年2月 新潮文庫【上・下】)
  • ダブルフェイス(2000年5月 幻冬舎/ 2003年4月 幻冬舎文庫 / 2010年8月 新潮文庫【上・下】)
  • オニビシ(2000年6月 講談社
  • ロンリー・ハート(2001年11月 幻冬舎【上・下】 / 2008年10月 幻冬舎文庫【上・下】)
  • サラマンダーの夜(2004年2月 角川書店)
    • 【改題】放火―アカイヌ(2009年5月 角川文庫)
  • 聖ジェームス病院(2005年12月 光文社 / 2008年6月 光文社文庫
  • 生命徴候(バイタル・サイン)あり(2008年4月 朝日新聞出版 / 2010年5月 朝日文庫【上・下】)
    • 【改題】生存確率―バイタルサインあり(2013年7月 新潮文庫)
  • 祈りのギブソン(2009年3月 光文社)
    • 【改題】僕と悪魔とギブソン(2011年11月 光文社文庫)
  • 刑事たちの聖戦(2010年8月 角川書店 / 2012年8月 角川文庫)
  • 黄金特急(2011年8月 実業之日本社
  • デス・エンジェル(2015年10月 新潮社)
  • 禁断のスカルペル(2015年11月 日本経済新聞出版社

アンソロジー[編集]

「」内が久間十義の作品

  • 人はお金をつかわずにはいられない(2011年10月 日本経済新聞出版社)「グレーゾーンの人」

映像化作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 久間十義 (2010年10月28日). お金の世界には人間ドラマがある 久間十義さん. (インタビュー). 日本経済新聞.. http://www.nikkei.com/article/DGXBZO17012390V21C10A0000000/ 2016年3月25日閲覧。 
  2. ^ 久間十義(ひさま じゅうぎ)とは - コトバンク
  3. ^ 朝日新聞人物データベース
  4. ^ 北海道文学とSFの習合――久間十義『魔の国アンヌピウカ』
  5. ^ 朝日新聞人物データベース
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  9. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  10. ^ 『サラマンダーの夜』の久間十義さん インタビュアー 「新刊ニュース」編集部
  11. ^ 『日本経済新聞』2012年1月20日夕刊「あすへの話題」
  12. ^ 久間十義の“憧れの小説家だった”中上健次

外部リンク[編集]