中沢けい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中沢 けい(なかざわ けい、1959年10月6日 - )は、日本の小説家法政大学教授。本名、本田恵美子[1]

人物・来歴[編集]

千葉県館山市出身。千葉県立安房高等学校卒業。1978年明治大学政治経済学部経済学科に入学し、同年「海を感じる時」で第21回群像新人文学賞を受賞した。1982年明治大学卒業。1985年には『水平線上にて』で第7回野間文芸新人賞を受賞した。

21歳で出版社社員と結婚、二児を産んだが離婚[2]シングルマザーとして親子関係や子育てに関しての発言も多い。

西部邁主宰の雑誌『発言者』に、1999年から2000年「思考の原器」、2000年から2005年まで「器物愛玩」を連載した。

2005年法政大学文学部日本文学科教授に就任。「法政文芸」編集長も務める。BRC(放送と人権等権利に関する委員会)委員となっている。 2013年『楽隊のうさぎ』が鈴木卓爾監督で映画化された。中沢作品初の映画化となる。

有田芳生と仲がよく、のりこえネット『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと? 』(のりこえブックス)2014年4月23日刊行で、中沢が日本のレイシズムの事例項目を担当している。

2015年8月3日のニコニコ動画で、「ヘイトスピーチをする人間は3歳児のようなものであり、反論するのではなく叱りつけるしかない。」と発言。またインターネット上の言論において「インターネットにおいて言論の管理をすることが必要」という発言を行ったこともある。

都知事選[編集]

2016年の都知事選では鳥越俊太郎を支持して8月6日には民進党と共産党の統一候補として立候補したことに「敬意を表します」と賛美していた。しかし、都知事選後の8月13日には「ほんとの負け惜しみを言わせてもらいますが、こんなアホダラ候補(鳥越)でも「野党共闘が大事」でがんばれば130万票とれたってこと。良い候補が見つかれば300万票超えも夢ではありません。」とツイートした[3]

著書[編集]

  • 『海を感じる時』講談社 1978、のち文庫、文芸文庫 *2014年に映画化[4]
  • 『女ともだち』河出書房新社 1981 のち文庫、講談社文芸文庫
  • 『野ぶどうを摘む』講談社 1981、のち文庫
  • 『風のことば海の記憶』冬樹社 1983 のち中公文庫
  • 『ひとりでいるよ一羽の鳥が』講談社 1983 のち文庫
  • 『水平線上にて』講談社 1985 のち文芸文庫
  • 『往きがけの空』河出書房新社 1986
  • 『静謐の日』福武書店 1986
  • 『曇り日を』福武書店 1988
  • 『喫水』集英社 1988 のち文庫
  • 『遊覧街道』リクルート出版 1989
  • 『首都圏』集英社 1991 のち文庫
  • 『男の背中』日本文芸社 1993
  • 『仮寝』講談社 1993
  • 『楽譜帳 女ともだちそれから』集英社 1994
  • 『親、まあ』河出書房新社 1994
  • 『夜程』日本文芸社 1995
  • 『豆畑の夜』講談社 1995
  • 『占術家入門報告』朝日新聞社 1996
  • 『さくらささくれ』講談社 1999
  • 『豆畑の昼』講談社 1999
  • 『時の装飾法』青土社 2000
  • 『楽隊のうさぎ』新潮社 2000 のち文庫
  • 『人生の細部』青土社 2001
  • 『月の桂』集英社 2001
  • 『うさぎとトランペット』新潮社 2004 のち文庫
  • 『豊海と育海の物語』集英社文庫 2006
  • 『大人になるヒント』メディアパル 2008
  • 『書評 時評 本の話』河出書房新社 2011
  • 『動物園の王子』新潮社、2013
  • 『アンチヘイト・ダイアローグ』人文書院、2015年 

[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.459
  2. ^ 「年譜」『女ともだち』講談社文芸文庫
  3. ^ https://mobile.twitter.com/kei_nakazawa/status/764264713152671744
  4. ^ “市川由衣、少女から女への変貌…中沢けい「海を感じる時」映画化で大胆演技!”. シネマトゥデイ. (2014年3月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0061742 2014年12月5日閲覧。 

外部リンク[編集]