町屋良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
町屋 良平
(まちや りょうへい)
誕生 1983年????
日本の旗 東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2016年 -
ジャンル 小説
代表作 『1R1分34秒』(2018年)
『ほんのこども』(2021年)
主な受賞歴 文藝賞(2016年)
芥川龍之介賞(2019年)
野間文芸新人賞(2022年)
デビュー作 『青が破れる』(2016年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

町屋 良平(まちや りょうへい、1983年 - )は、日本小説家

来歴[編集]

東京都台東区出身。埼玉県立越ヶ谷高等学校卒業[1]。卒業後は大学には進学せずに[2][3]フリーターをしながら小説の執筆を開始し[3]、「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞[4][5]。同作で第30回三島由紀夫賞候補。2018年、「しき」で第159回芥川龍之介賞候補、第40回野間文芸新人賞候補。2019年、「1R1分34秒」で第160回芥川龍之介賞を受賞。2022年、「ほんのこども」で第44回野間文芸新人賞を受賞。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『青が破れる』(河出書房新社、2016年11月/河出文庫、2019年2月)
    • 青が破れる(初出:『文藝』2016年冬季号)
    • 脱皮ボーイ(書き下ろし)
    • 読書(書き下ろし)
  • 『しき』(河出書房新社、2018年7月/河出文庫、2020年10月)
    • しき(初出:『文藝』2018年夏季号)
  • 『1R1分34秒』(新潮社、2019年1月/新潮文庫、2021年11月)
    • 1R1分34秒(初出:『新潮』2018年11月号)
  • 『ぼくはきっとやさしい』(河出書房新社、2019年2月)
    • ぼくはきっとやさしい[6](初出:『文藝』2017年冬季号)
  • 『愛が嫌い』(文藝春秋、2019年6月)
    • しずけさ(初出:『文學界』2019年5月号)
    • 愛が嫌い(初出:『文學界』2018年7月号)
    • 生きるからだ(書き下ろし)
  • 『ショパンゾンビ・コンテスタント』(新潮社、2019年10月)
    • ショパンゾンビ・コンテスタント(初出:『新潮』2019年4月号)
  • 『坂下あたると、しじょうの宇宙』(集英社、2020年2月/集英社文庫、2023年3月)
    • 坂下あたるとしじょうの宇宙(初出:『小説すばる』2019年6月号 - 2019年10月号)
  • 『ふたりでちょうど200%』(河出書房新社、2020年11月)
    • カタストロフ(初出:『文藝』2019年冬季号)
    • このパーティー気質がとうとい(初出:『文藝』2020年夏季号)
    • ホモ・ソーシャルクラッカーを鳴らせよ(書き下ろし)
    • 死亡のメソッド(初出:『文藝』2020年秋季号)
  • 『ほんのこども』(講談社、2021年11月)
    • ほんのこども(初出:『群像』2020年1月号 - 『群像』2021年6月号)

電子書籍[編集]

雑誌発表作品[編集]

小説
  • 「ラジオボーイ」 - 『文學界』2020年1月号
  • 「スポーツ 基礎と応用」 - 『早稲田文学』2020年春号
  • 「かれのこえ」 - 『新潮』2020年2月号
  • 「沖野」 - 『ランバーロール』3号(同人誌
  • 「四半世紀ノスタルジー」 - 『小説トリッパー』2020年夏季号
    • 『25の短編小説』(小説トリッパー編集部/編、朝日文庫、2020年9月)に再録
    • 『文学2021』(日本文藝家協会/編、講談社、2021年5月)に再録
  • 「失踪前夜、揺れ」 - 『小説すばる』2021年7月号
  • 「私の文体」 - 『群像』2021年12月号
  • 「生活」 - 『新潮』2022年6月号
  • 「私の推敲」 - 『文藝』2022年秋季号
児童文学
  • 「オレにちゅういするな」 - 『飛ぶ教室』第59号(2019年秋号)
随筆・論考・その他
  • 「ボクシングと舞踏」 - 『新潮』2017年8月号
  • 「川の名前を分かつ場所」 - 『文學界』2017年11月号
  • 「部屋と文体」 - 『群像』2018年9月号
  • 「よろこびのTikTok」 - 『新潮』2019年5月号
  • 「魔法ではない出会い――岸政彦『図書室』を読む」 - 『新潮』2019年8月号
  • 井上尚弥とスポーツ言語の可能性」 - 『文藝春秋』2019年8月号
  • 「ごまかしやのしっぱい」 - 『飛ぶ教室』第58号(2019夏号)
  • 「ズラされつづける身体性――千葉雅也『デッドライン』論」 - 『新潮』2020年1月号
  • 「ぶかぶかの風景――乗代雄介「最高の任務」」 - 『群像』2020年7月号
  • 「旅は小説か」 - 『新潮』2021年9月号
  • 「笑い上戸の私」 - 『文學界』2022年1月号
  • 「子ども大人辞典」寄稿 - 『飛ぶ教室』 第68号(2022年冬号)

メディア出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]