辻亮一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 亮一(つじ りょういち、1914年9月28日 - 2013年3月6日)は、小説家

滋賀県神崎郡南五個荘村金堂(現在の東近江市五個荘金堂町)生まれ。従兄に画家の野口謙蔵がいる。父は市左衛門で、父に謡曲を習う。早稲田第二高等学院から、1937年早稲田大学フランス文学科卒業。早稲田大学在学中、八木義徳多田裕計らと同人雑誌『黙示』を創刊。満洲に勤務したが、敗戦で中国共産党軍に抑留され、妻を喪う。48年帰還し再婚、長浜ゴム(のち三菱樹脂)に勤務。49年「異邦人」を書き八木義徳に郵送すると同郷の外村繁に見せ、外村が『新小説』に推薦し掲載される。1950年「異邦人」で芥川賞受賞、単行本化。細々と創作は続け、62年ころ創作の筆を絶つ。63年三菱樹脂営業第三部長。70年退社し仏教に傾倒、72年より『大真』に仏教論文の連載をする。

2013年3月6日、心不全のため死去[1]。98歳没。

著書[編集]

脚注[編集]