若竹千佐子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

若竹 千佐子 (わかたけ ちさこ、1954年[1] - )は、日本の小説家

略歴[編集]

岩手県遠野市出身[1]千葉県木更津市在住[2]岩手県立釜石南高等学校を経て[3]岩手大学教育学部卒業[1]

大学卒業後は臨時教員を経て専業主婦となる。55歳のときに夫に先立たれ、長男からのすすめをきっかけに早稲田大学エクステンションセンターの小説講座に通い始める[4]2017年、『おらおらでひとりいぐも』で第54回文藝賞を史上最年長で受賞し、デビュー[5]2018年、同作で第158回芥川賞を受賞[5]黒田夏子に次いで芥川賞史上2番目の高齢受賞となった。受賞作のタイトルは宮沢賢治の詩「永訣の朝」の一節からとられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “第54回文藝賞受賞作 若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」に決定”. 河出書房新社. (2017年8月31日). http://www.kawade.co.jp/news/2017/08/54.html 2018年1月20日閲覧。 
  2. ^ 「私が一番びっくり」 芥川賞に木更津在住・若竹さん
  3. ^ 芥川賞若竹さんに市民栄誉賞 遠野市「市民と喜びを」
  4. ^ 早稲田大学エクステンションセンターホームページ. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b “芥川賞に若竹千佐子さんと石井遊佳さん 直木賞に門井慶喜さん”. 東京新聞. (2018年1月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011702000130.html 2018年1月20日閲覧。