多田裕計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1947年

多田 裕計(ただ ゆうけい、1912年8月18日[1] - 1980年7月8日[1])は、日本の小説家俳人福井県福井市出身。

旧制福井中学校早稲田大学文学部仏文科卒業。横光利一に師事[1]し、石塚友二らと交流する[1]。1940年上海中華映画に勤務して上海へ渡り[1]1941年「長江デルタ」で芥川賞受賞。1945年福井に疎開するが空襲にあい、三国町(現坂井市)に移住し、三好達治らと交流を持つ。

1947年福井県社会教育委員を務め、福井県文化協議会の設立に参加。「蛇師」で大衆文芸懇話会賞受賞。49年神奈川県逗子に住む。1954年[要出典]石田波郷主催の雑誌『』同人となり[1]俳人として発足。1957年日本文藝家協会の訪中団に加わり、井上靖中野重治らと新中国を訪問。1962年俳句雑誌『れもん』を創刊、主宰する[2]

門田泰明は、多田に師事して小説を学び、多田の示唆によって大衆文学へ向かった[3]

著書[編集]

  • 『長江デルタ』文藝春秋社 1941
  • 『新世界』大都書房, 1943
  • 『秘かな話』成書房, 1947
  • 『白痴の愛』大日本雄弁会講談社 1949
  • 『描かれし薔薇』偕成社 1950
  • 夏目漱石 永遠の文豪』偕成社(偉人物語文庫)1951
  • 親鸞 民衆済度の聖者』偕成社(偉人物語文庫)1952
  • 『秘めた手帖』偕成社, 1953
  • 『母明星』偕成社 1954
  • 織田信長』(世界伝記全集)講談社, 1955
  • 『アジアの砂』大日本雄弁会講談社, 1956
  • 『草萌えにショパンの雨滴打ち来る』近藤書店, 1957
  • 『風雲関ケ原』(少年少女日本歴史小説全集)講談社, 1958
  • 芭蕉学習研究社(芥川賞作家シリーズ) 1964
  • 『美しきライバル』秋元書房 1966
  • 『句集 浪漫抄』大雅洞, 1974
  • 『俳句と草絵』柏書房 1975
  • 『はなごろも 俳句と草絵 多田裕計九十九句』柏書房, 1976
  • 『多田裕計句集』角川書店 1980
再話
  • ユーゴー原作『孤島の嵐 海に働く人々』偕成社(世界名作文庫)1954

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 多田裕計』 - コトバンク
  2. ^ 年譜『芥川賞全集』第三巻、文藝春秋
  3. ^ 門田『黒豹作家のフットワーク』光文社文庫