この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

小山田浩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小山田 浩子
(おやまだ ひろこ)
誕生 (1983-11-02) 1983年11月2日(33歳)
日本の旗 広島市佐伯区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 広島大学文学部日本文学語学講座卒業
活動期間 2010年 -
ジャンル 小説
代表作 『穴』(2013年)
主な受賞歴 新潮新人賞(2010年)
織田作之助賞(2013年)
芥川龍之介賞(2014年)
デビュー作 「工場」(2010年)
配偶者
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小山田 浩子(おやまだ ひろこ、1983年11月2日 - )は、日本小説家広島県広島市佐伯区生まれ。広島大学文学部日本文学語学講座卒業。広島市在住。広島東洋カープのファンとしても知られる[1]。英国文芸誌『GRANTA』に短編が掲載されたり、オーストリアで開かれた文学イベント「Literature in autumn:Echoes from Japan」に青山七恵辻仁成ドリアン助川中村文則柳美里らと共に招待されるなど海外でも高く評価されている[2]

経歴

大学卒業後、編集プロダクション、大手自動車メーカー子会社など職場を転々とする。 2010年、「工場」で第42回新潮新人賞を受賞。 2013年、単行本『工場』で第26回三島由紀夫賞候補、第30回織田作之助賞受賞、第4回広島本大賞(小説部門)受賞[3]2014年、「穴」で第150回芥川龍之介賞を受賞。同年、第30回県民文化奨励賞(第30回記念特別賞)を受賞[4]


作品

単行本

  • 工場(2013年3月 新潮社)
    • 工場(『新潮』2010年11月号)
    • ディスカス忌(『新潮』2012年9月号)
    • いこぼれのむし(『新潮』2011年5月号)
  • 穴(2014年1月 新潮社)
    • 穴(『新潮』2013年5月号)
    • いたちなく(『新潮』2013年7月号)
    • ゆきの宿(書き下ろし)

雑誌掲載

  • うらぎゅう(『群像』2013年4月号)
  • 彼岸花(『GRANTA JAPAN with 早稲田文学 01』)
  • 延長(『早稲田文学』2014年秋号)
  • 異郷(『早稲田文学』2014年冬号)
  • 叔母を訪ねる(『すばる』2015年1月)
  • うかつ(『新潮』2015年1月)
  • どじょう(『GRANTA JAPAN with 早稲田文学 03』)

エッセイ・対談他

  • 受賞記念対談 日常と幻想のあいだ(『文學界』2014年3月号 川上弘美
  • 受賞記念エッセイ 穴のころのこと(『文學界』2014年3月号)
  • 被爆三世として、母として、内なる「広島」を書く(『文學界』2017年4月号)
  • 書評)問い直す視野(『波』2017年9月号:古川真人『四時過ぎの船』)

脚注

  1. ^ カープの街 短編に描く 「早稲田文学」で小山田浩子さん | ヒロシマ平和
  2. ^ ロンドンの創刊イベントに日本人作家が登壇して大盛況!
  3. ^ 広島のご当地本「広島本大賞」
  4. ^ 第30回「県民文化奨励賞」の贈呈について

外部リンク