庄野潤三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
庄野 潤三
(しょうの じゅんぞう)
Junzō Shōno.jpg
誕生 1921年2月9日
大阪府東成郡住吉村
死没 2009年9月21日(満88歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 九州帝国大学東洋史
活動期間 1953年 - 2006年
ジャンル 小説
文学活動 第三の新人
代表作 プールサイド小景』(1955年)
静物』(1960年)
『夕べの雲』(1965年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1955年)
新潮社文学賞(1960年)
読売文学賞(1966年)
芸術選奨(1969年)
野間文芸賞(1971年)
毎日出版文化賞(1972年)
赤い鳥文学賞(1972年)
日本芸術院賞(1973年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年大正10年)2月9日 - 2009年平成21年)9月21日)は、日本小説家

来歴・人物[編集]

大阪府東成郡住吉村(現・大阪市)出身。帝塚山学院小学校大阪府立住吉中学校を経て、1941年(昭和16年)12月に大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)英語科を卒業。更に九州帝国大学法文学部で東洋史を専攻するが、戦時中の特例措置で繰り上げ卒業となる。

終戦後大阪府立今宮中学校(大阪府立今宮高等学校)の歴史教員となり、野球部長として同校野球部の第19回選抜中等学校野球大会(1947年)出場を率いた。その後朝日放送に入社し、1955年(昭和30年)に『プールサイド小景』で第32回芥川賞を受賞、「第三の新人」の一人として注目される。1965年(昭和40年)『夕べの雲』で読売文学賞、1969年(昭和44年)『紺野機業場』で芸術選奨文部大臣賞、1971年(昭和46年)『絵合せ』で野間文芸賞、1972年(昭和47年)『明夫と良二』で毎日出版文化賞、1973年(昭和48年)日本芸術院賞、1978年(昭和53年)日本芸術院会員。

住吉中学時代の国語教師が詩人伊東静雄で、九州帝大時代には1学年上に島尾敏雄がいた。また詩人で児童文学者阪田寛夫とは小学校・中学校を通じての同級生で、その後朝日放送でも同僚となっており親交が長く続いた。

父は帝塚山学院初代学院長の庄野貞一、兄は児童文学者・帝塚山学院長の庄野英二。なお弟の庄野至織田作之助賞受賞者。

2009年9月21日午前10時44分、川崎市の自宅で老衰のため死去。88歳没[1]。叙従四位

受賞歴[編集]

主な著書(刊行順)[編集]

  • 『愛撫』[[新潮社]]、1953年 
  • プールサイド小景』[[みすず書房]]、1955年 のち[[角川文庫]]、[[新潮文庫]]
  • 『結婚』[[河出書房]]、1955年
  • 『ザボンの花』 近代生活社、1956年 のち角川文庫、福武文庫、講談社文芸文庫
  • 『ガンビア滞在記』[[中央公論社]]、1959年 のち文庫 
  • 静物』[[講談社]]、1960年
  • 『浮き燈台』 新潮社、1961年
  • 『道』 新潮社、1962年
  • 『つむぎ唄』 講談社、1963年
  • 『鳥』 講談社、1964年
  • 『佐渡』[[学習研究社]]、1964年
  • 『夕べの雲』 講談社、1965年 のち文庫、文芸文庫
  • 『丘の明り』[[筑摩書房]]、1967年
  • 『自分の羽根』講談社、1968年 のち文芸文庫 
  • 『前途』 講談社、1968年
  • 『紺野機業場』 講談社、1969年 のち[[講談社文芸文庫]]
  • 『クロッカスの花』[[冬樹社]]、1970年
  • 『小えびの群れ』 新潮社、1970年
  • 『絵合せ』 講談社、1971年 のち文庫、文芸文庫 
  • 『屋根』 新潮社、1971年
  • 『明夫と良二』 岩波書店、1972年 のち[[岩波少年文庫]]
  • 『野鴨』 講談社、1973年 のち文芸文庫 
  • 『おもちゃ屋』[[河出書房新社]]、1974年
  • 『休みのあくる日』 新潮社、1975年
  • 『鍛冶屋の馬』[[文藝春秋]]、1976年
  • 『引潮』 新潮社、1977年
  • 『水の都』 河出書房新社、1978年 のち文庫
  • 『御代の稲妻』 講談社、1979年
  • 『屋上』 講談社、1980年
  • 『ガンビアの春』 河出書房新社、1980年
  • 『早春』 中央公論社、1982年 のち文庫 
  • 『陽気なクラウン・オフィス・ロウ』文藝春秋、1984年 のち講談社文芸文庫 
  • 『山の上に憩いあり』 新潮社、1984年
  • 『ぎぼしの花』 講談社、1985年
  • 『[[サヴォイ・オペラ]]』河出書房新社、1986年
  • 『世をへだてて』 文藝春秋、1987年
第三の新人たち
1954年(昭和29年)1月に東京・東中野で開かれた庄野潤三『愛撫』および小島信夫『小銃』出版記念会に集まった第三の新人をはじめとする文士たち。
前列左から、遠藤周作、不詳、不詳、十返肇、不詳、吉岡達夫。
後列左から、不詳、安岡章太郎、不詳、小島信夫庄野潤三小沼丹吉行淳之介進藤純孝
  • 『インド綿の服』講談社、1988年 のち文芸文庫
  • 『エイヴォン記』 講談社、1989年
  • 『誕生日のラムケーキ』 講談社、1991年
  • 『懐しきオハイオ』 文藝春秋、1991年
  • 『鉛筆印のトレーナー』 福武書店、1992年
  • 『さくらんぼジャム』 文藝春秋、1994年
  • 『文学交遊録』新潮社、1995年 のち文庫 
  • 『貝がらと海の音』新潮社、1996年 のち文庫
  • 『ピアノの音』 講談社、1997年 のち文芸文庫
  • 『せきれい』文藝春秋、1998年 のち文庫
  • 『野菜讃歌』講談社、1998年 のち文芸文庫
  • 『庭のつるばら』 新潮社、1999年 のち文庫
  • 『鳥の水浴び』 講談社、2000年
  • 『山田さんの鈴虫』文藝春秋、2001年 のち文庫
  • 『うさぎのミミリー』新潮社、2002年 のち文庫
  • 『孫の結婚式』講談社、2002年
  • 『庭の小さなばら』 講談社、2003年
  • 『メジロの来る庭』 文藝春秋、2004年
  • 『けい子ちゃんのゆかた』新潮社、2005年 のち文庫 
  • 『星に願いを』 講談社、2006年
  • 『ワシントンのうた』 文藝春秋、2007年
  • 『愛撫 庄野潤三初期作品集』講談社文芸文庫、2007年
  • 『逸見小学校』 新潮社、2011年。若き日の著作
  • 『親子の時間 庄野潤三小説撰集』 夏葉社、2014年。岡崎武志

出典[編集]

  1. ^ “芥川賞作家、「第三の新人」 庄野潤三さん死去”. 朝日新聞. (2009年9月22日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0922/TKY200909220111.html 2009年9月22日閲覧。 
  2. ^ 『朝日新聞』1973年4月10日(東京本社発行)朝刊、22頁。