浜田観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

浜田 観(はまだ かん、旧字体:濱田 觀1898年明治31年)2月20日 - 1985年昭和60年)10月6日)は、日本画家日本芸術院会員。本名は浜田 仙太郎(はまだ せんたろう)。

兵庫県(現在の姫路市手柄)生まれ。京都絵画専門学校卒。金島桂華の紹介で竹内栖鳳に師事。在学中に帝展入選。戦後は日展に出品。1965年(昭和41年)日本芸術院賞受賞[1]。1984年(昭和59年)芸術院会員。勲四等旭日小綬章紺綬褒章受章。日展顧問。花鳥画を得意とした。日本画家浜田昇児は子。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1965年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁。