青山杉雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山 杉雨
生誕 青山文雄
1912年6月6日
日本の旗 日本愛知県江南市
死没 (1993-02-13) 1993年2月13日(満80歳没)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本東京都
研究分野 篆書隷書古文書体研究
研究機関 大東文化大学
影響を
受けた人物
西川寧
影響を
与えた人物
関根薫園、成瀬映山、他
主な受賞歴 勲三等旭日中綬章1985年
文化勲章1992年
従三位銀杯一組(1993年)
プロジェクト:人物伝

青山 杉雨(あおやま さんう、1912年6月6日 - 1993年2月13日)は、書家愛知県葉栗郡草井村大字村久野(現・江南市)生まれ。大東文化大学教授。は杉雨、本名は文雄。

業績・生涯[編集]

篆書隷書古文等の書体研究。また清朝の書体より新しい表現方式を生み出す。生涯一度も個展を開くことがなかった。

略歴[編集]

死後開催展[編集]

  • 1994年(平成6年)、『青山杉雨展』(東京・名古屋・大阪・成田 ~1995年
  • 1998年(平成10年)、学術論文賞「青山杉雨記念賞」(青山杉雨記念賞実行委員会)が制定、実施。(継続中)
  • 2012年(平成24年)、特別展『青山杉雨の書と眼』(東京国立博物館)開催。
  • 2013年(平成25年)、生誕百年『青山杉雨の時代』(成田山書道美術館)、「青山杉雨のコレクションと書」(上海博物館)開催。

役職[編集]

自身の最高役職のみ記載。

著書[編集]

  • 『青山杉雨書法』(1976年)
  • 『中国書法名蹟』(1979年)
  • 『書の実相 中国書道史話』(1982年)
  • 『江南遊 中国文人風土記』(1983年)
  • 『明清書道図説』(1986年)
  • 『文字性霊』(1991年)
  • 『青山杉雨作品』(1994年)
  • 『青山杉雨文集』(2005年)

門弟[編集]

書の教育には熱心であり、弟子は2000人程いたといわれる。しかし、次々と団体を作り金集め集団化したとの批判もある。以下物故者のみ。

  • 関根薫園
  • 成瀬映山
  • 種村山童
  • 稲垣菘圃
  • 大島嵓山
  • 吉田蘭処
  • 松原雪邦

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1966年4月7日(東京本社発行)朝刊、14頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]