佐伯彰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐伯 彰一(さえき しょういち、1922年大正11年〉4月26日 - 2016年平成28年〉1月1日)は、日本アメリカ文学者・比較文学研究者・文芸評論家翻訳家東京大学名誉教授日本芸術院会員。勲三等旭日中綬章受章。

略歴[編集]

富山県出身。古代日本に存在した佐伯部の子孫で神官の家柄[1]。先祖に佐伯有頼がいる[2]旧制富山高校を経て、東京帝国大学英文科、同大学院修了、旧・東京都立大学助教授を経て、1967年にカナダ・トロント大学で客員教授として日本文学を講義、1968年東京大学教養学部教授、1976年から大学院比較文学比較文化研究室主任。1983年定年退官後は中央大学教授を1993年まで勤め、世田谷文学館館長、2007年同名誉館長。三島由紀夫文学館初代館長。1980年『物語芸術論』で読売文学賞、1982年日本芸術院賞[3]、1986年『自伝の世紀』で芸術選奨文部大臣賞受賞。1988年より日本芸術院会員。1994年勲三等旭日中綬章受章。

1958年篠田一士村松剛らと雑誌『批評』を創刊し、批評活動を行った。日米関係を軸とした比較文学、伝記批評と分析批評の融合などを試みるが[要出典]、1970年代以降は自伝や伝記研究に重点をおき、その方面での著作があった。第一次『三島由紀夫全集』(1973年4月-1976年6月)の編纂、作品論や伝記を執筆し、政治言論では保守系評論家として、日本会議代表委員も務めた。『作家の自伝』シリーズを松本健一と監修している。

2016年1月1日、肺炎のため死去[4][5]。93歳没。叙従四位[6]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『現代英米小説の問題点』(南雲堂新書) 1956
  • 『日本を考える』(新潮社) 1966
  • 『伝記と分析の間』(南北社) 1967
  • 『文学的アメリカ』(中公新書) 1967
  • 『内と外からの日本文学』(新潮選書) 1969
  • 『アメリカ文学史』(筑摩書房) 1969、筑摩叢書 1980
  • 『内なるアメリカ・外なるアメリカ』(新潮社) 1971
  • 『日本の小説を索めて 文芸時評』(冬樹社)1973
  • 『日本への視点』(PHP研究所) 1974
  • 『日本人の自伝』(講談社) 1974、講談社文庫 1979、講談社学術文庫 1991
  • 『日本の「私」を索めて』(河出書房新社) 1974
  • 『評伝 三島由紀夫』(新潮社) 1978、中公文庫 1988
  • 『書いた、恋した、生きた ヘミングウェイ伝』(研究社選書) 1979
  • 『物語芸術論 芥川谷崎・三島』(講談社) 1979、中公文庫 1993
  • 『狂気の時代』(サンケイ出版) 1979
  • 『外から見た近代日本』(日本経済新聞社) 1980、講談社学術文庫 1984
  • 『近代日本の自伝』(講談社) 1981、中公文庫 1990
  • 『外から見た日本文学』(TBSブリタニカ・選書) 1981
  • 『日米関係のなかの文学』(文藝春秋) 1984
  • 『批評家の自伝』(研究社出版) 1985
  • 『自伝の世紀』(講談社) 1985、講談社文芸文庫 2001
  • 神道のこころ 見えざる神を索めて』(日本教文社・教文選書)1989、中公文庫 1992
  • 『伝記のなかのエロス』(筑摩書房) 1990、中公文庫 1994
  • 『昭和史のなかの私』(筑摩書房) 1993
  • 『大世俗化の時代と文学』(講談社) 1993
  • 『読書という悪徳』(文藝春秋) 1995
  • 『わが愛する伝記作家たち』(講談社) 1997
  • 『作家の手紙をのぞき読む』(講談社) 2000
  • 『回想 私の出会った作家たち』(文藝春秋) 2001
  • 『作家論集 島崎藤村から安部公房まで』(未知谷) 2004
  • 『作家伝の魅力と落とし穴』(勉誠出版) 2006

翻訳[編集]

編著[編集]

  • 『ジェイムズ・ジョイス入門』(荒正人共編、南雲堂) 1960、新版1978
  • 『20世紀英米文学案内15 ヘミングウェイ』(研究社) 1966、新版1980
  • 『批評 '58-'70文学的決算』(編、番町書房) 1970
  • 『三島由紀夫全集』(新潮社 全36巻) 1973 - 1976 - 第一次版の編集委員
  • 『ふたつの日本 対談集』(集英社) 1973
  • 『アメリカ人の日本論』(編・解説、川西進瀧田佳子訳、研究社、アメリカ古典文庫22) 1975
  • 『日本人の自伝』全23巻・別巻2(監修、平凡社) 1980 - 1982。
    『15 二葉亭四迷 ほか』および『16 正宗白鳥 ほか』の解説
  • 『旅人への贈り物 ボルヘス日本滞在誌』(神吉敬三共編、法政大学出版局) 1982
  • 『非行文化の時代 新しいライフスタイルの創造』(高根正昭共著、紀尾井書房) 1982
  • 『自伝文学の世界 退官記念論文集』(朝日出版社) 1983
  • 『アメリカハンドブック』(神谷不二らと共編、三省堂) 1986
  • 外国人による日本論の名著』(芳賀徹共編、中公新書) 1987
  • 山本七平と日本人 一神教文明のなかの日本文化をめぐって』(会田雄次との対論、廣済堂出版) 1993
  • 『作家の自伝 シリーズ』(松本健一と共編・監修、日本図書センター、シリーズ・人間図書館) 1995 - 2000
    『37 三島由紀夫 小説家の休暇 / 私の遍歴時代』(編・解説) 1995
  • 『自伝の名著101』(新書館) 2000 - 序論と他数項目を執筆

脚注[編集]

  1. ^ 入江隆則『告白』洋泉社、p112
  2. ^ 「先祖の山」『アサヒグラフ』1976年7月30日号
  3. ^ 『朝日新聞』1982年3月3日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  4. ^ 文芸評論家の佐伯彰一さんが死去、93歳 読売新聞 2016年1月5日閲覧[リンク切れ]
  5. ^ 文芸評論家、佐伯彰一氏死去 正論メンバー、三島由紀夫文学館初代館長”. 産経ニュース (2016年1月5日). 2021年1月26日閲覧。
  6. ^ 平成28年2月10日官報
  7. ^ 文庫版は小説作品のみ全作収録。第5巻が詩と詩論

参考文献[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]