瀬戸剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬戸 剛(せと ごう、1945年1月3日 - 2020年7月15日[1])は、日本の彫刻家[2]。本名の読みは「せと つよし」。長野県上伊那郡辰野町出身。父である瀬戸團治も彫刻家で、剛はその4男である[2]

略歴[編集]

代表作[編集]

  • 「少年」(1987年作製)西望賞
  • 「トルソー・・・男」(1993年作製)日展会員賞
  • 「通奏低音」(2004年作製)日展文部科学大臣賞
  • 「エチュード」(2006年作製)日本芸術院賞

脚注[編集]

  1. ^ “彫刻家の瀬戸剛氏死去”. 時事ドットコムニュース. (2020年7月22日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072200835&g=soc 2020年7月22日閲覧。 
  2. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus『瀬戸剛』 - コトバンク

外部リンク[編集]