金春惣右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金春 惣右衛門(こんぱる そうえもん)は、能楽太鼓方の名跡。

初代[編集]

1583年天正11年) - 1644年2月15日寛永21年1月8日))

江戸時代前期の能役者太鼓方。金春長誥の子。名は一峰。通称ははじめ音松。金春流太鼓方6代。金春安照金春彦三郎)の娘と結婚し、彦九郎、のち惣右衛門を名のる。徳川家康に仕え、以後その流派は惣右衛門流と呼ばれる。法名は宗岸。

21代[編集]

1897年7月22日 - 1942年2月8日

東京出身。本名は林太郎。20代川井彦兵衛の女婿増見仙太郎の長男。明治41年(1908年)初舞台。大正5年(1916年)断絶していた宗家を再興、金春五十雄の継嗣として昭和6年(1931年)惣右衛門を襲名し、国泰を名のった。

22代[編集]

1924年9月22日 - 2014年3月11日

東京出身。21代の長男。本名は惣一。父に師事し、1936年、初舞台。1942年、金春流22代家元を継ぎ金春惣右衛門国長を名のる。東京音楽学校卒。1953年、「金春流太鼓全書」を刊行。1992年、人間国宝。1996年、日本芸術院賞。2005年、日本芸術院会員。著書に『金春流太鼓序之巻』(能楽書林、1984)

2014年3月11日午前1時13分に心不全のため東京都新宿区の病院で死去[1]。89歳没。歿日付で従四位

実子は金春國和

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:金春惣右衛門さん89歳=人間国宝、能楽太鼓方金春流22世宗家 著名人の葬儀 2014年3月11日