観世寿夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かんぜ ひさお
観世 寿夫
死没 (1978-12-07) 1978年12月7日(53歳没)
東京
国籍 日本の旗 日本
別名 観世清寿
職業 観世流シテ方能楽師
冥の会代表
著名な実績 第二次世界大戦後の能楽復興
不条理演劇ギリシア悲劇の振興

観世 寿夫(かんぜ ひさお、1925年11月12日 - 1978年12月7日)は、観世流能楽シテ方。53歳で早世した。

七代観世銕之丞(雅雪)の長男で、弟に観世栄夫八代観世銕之丞(静夫)がいる。戦後の能楽復興期に「伝統芸術の会」、「能楽ルネッサンスの会」、「華の会」を結成参加。能楽以外の演劇人や音楽家たちと交流した。冥の会などで不条理演劇ギリシア悲劇を上演[1]しつつ、「世阿弥伝書研究会」で、世阿弥の能芸論を軸に、の本質を問い続けた著作を残しており、遺著で代表作「心より心に伝ふる花」は今日でも重版されている。「昭和の世阿弥」と言われる。[2]

人物年表[編集]

  • 1929年(4歳)仕舞「猩々」で初舞台
  • 1932年(7歳)初シテで「経正」を舞う
  • 1940年(15歳)慶應義塾普通部中退、「巴」で初めて能面をつけて舞う
  • 1942年(17歳)横道萬里雄と知る
  • 1944年(19歳)清寿と名乗る。「道成寺」を演能。
  • 1946年(21歳)第一回銕仙会研究会
  • 1949年(24歳)「伝統芸術の会」発足、寿夫に名を戻す
  • 1950年(25歳)「能楽ルネッサンスの会」に参加
  • 1953年(28歳)栄夫、静夫と「華の会」を作る。布施浩子と結婚(58年離婚)
  • 1954年(29歳)ヴェネツィアの国際演劇祭に能が初参加
  • 1955年(30歳)武智鉄二の演出でシェーンベルクのマイム「月に憑かれたピエロ」に出演
  • 1956年(31歳)青山の「銕仙会舞台」落成、舞台披き公演を行う
  • 1959年(34歳)観世華雪死去
  • 1960年(35歳)草月アートシアターにて草月コンテンポラリーを作舞・出演
  • 1962年(37歳)フランス政府招聘留学生として渡仏、ジャン=ルイ・バローに学ぶ
  • 1964年(39歳)福島愛子と結婚(68年離婚)
  • 1969年(44歳)女優の関弘子と結婚
  • 1970年(45歳)現代劇との交流を実践する「冥の会」結成、代表となる
  • 1971年(46歳)冥の会第一回公演、観世栄夫演出「オイディプース王」で主演
  • 1972年(47歳)冥の会、渡邊守章訳・演出「アガメムノーン」に出演、世界演劇祭「国際演劇会議」に出席。ヨーロッパ各地で演能。
  • 1973年(48歳)冥の会、サミュエル・ベケット作「ゴドーを待ちながら」に出演。
  • 1974年(49歳)冥の会、鈴木忠志演出「トロイアの女」に出演、芸術祭優秀賞受賞。
  • 1976年(51歳)ヨーロッパ各地で演能。モービル音楽賞(邦楽部門)受賞。
  • 1977年(52歳)日仏演劇協会主催のシンポジウム「演劇の作業の根拠」で、来日したジャン=ルイ・バローと演技論を交した。

著書等[編集]

著書[編集]

追悼出版[編集]

DVD[編集]

  • 能楽名演集 「井筒」観世流 観世寿夫、宝生閑、NHKエンタープライズ
  • 能楽名演集 能『俊寛』 能『猩々乱』/観世流 観世寿夫、NHKエンタープライズ

脚注[編集]

  1. ^ 『観世寿夫著作集4 能役者の周辺』
  2. ^ 1306夜『世阿弥を読む』観世寿夫|松岡正剛の千夜千冊

外部リンク[編集]