伊藤裕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 裕司(いとう ひろし、1930年9月3日 - )は、日本の漆芸家日本藝術院会員。

京都府出身。本名は裕允(ひろのぶ)。京都市立日吉ヶ丘高等学校卒。山崎覚太郎に師事。1953年「山海譜」で日展初入選。1964年「触」で日本現代工芸美術展初入選。京蒔絵を習び色漆を主な素材にした作品を発表している。2004年「スサノオ聚抄」で日本芸術院賞受賞。2011年芸術院会員。

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]