中里太郎右衛門 (13代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

13代中里太郎右衛門(じゅうさんだい なかざと たろうえもん、1923年大正12年)5月31日 - 2009年平成21年)3月12日)は、陶芸家日本藝術院会員。本名・中里忠夫。法号・中里逢庵佐賀県唐津市生まれ。日本工匠会会長。国際陶芸アカデミー会員。

中里太郎右衛門 (12代)の長男。弟の中里重利中里隆も陶芸家。

略歴[編集]

エピソード[編集]

亡くなる直前、NHK鶴瓶の家族に乾杯の撮影に際してゲスト出演をした米倉涼子に陶芸の指導をしている。なお、この放送回が放送されたのは中里の没後であり、その旨がテロップにて表示された。また、葬儀には米倉も参列している。

脚注[編集]

  1. ^ 知足美術館コレクション
  2. ^ 『朝日新聞』1984年4月5日(東京本社発行)朝刊、22頁。