大山忠作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大山 忠作(おおやま ちゅうさく、1922年5月5日 - 2009年2月19日)は、日本画家日展会長。福島県二本松市出身。妻和子。

長男は日本テレビフットボールクラブ(東京ヴェルディ)役員の大山昌作、娘は女優の一色采子

経歴[編集]

1943年学徒出陣の為、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)を繰り上げ卒業。1946年、復員し、その年の第2回日展『O先生』が初入選。翌年、高山辰雄らの日本画研究団体「一采社」に参加。山口蓬春に師事した。人物画、宗教的作品、花鳥、風景など高範な題材を得意とする。1961年、日展会員となり、事務局長、理事長などを歴任。1973年日本芸術院賞受賞[1]1986年日本芸術院会員。1999年文化功労者2006年文化勲章受章。2009年2月19日敗血症による多臓器不全のため死去。86歳。

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1973年4月10日(東京本社発行)朝刊、22頁。