福王寺法林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福王寺 法林(ふくおうじ ほうりん、1920年11月10日 - 2012年2月21日)は、日本画家日本芸術院会員。山形県生まれ。本名は福王寺雄一。日本美術院理事。

人物[編集]

代表作は、『島灯』『ヒマラヤの花』等。息子の福王寺一彦も日本画家。

略歴[編集]

作品[編集]

  • 『北の海』
  • 『島灯』
  • 『ヒマラヤ連峰』
  • 『ヒマラヤの花』

脚註[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1984年4月5日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  2. ^ 訃報:福王寺法林さん死去…「ヒマラヤの画家」、91歳 毎日新聞 2012年3月1日閲覧
  3. ^ 官報本紙、2012年3月19日