堀田善衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堀田 善衛
(ほった よしえ)
Yoshie Hotta 01.jpg
誕生 1918年7月7日
日本の旗 日本富山県高岡市
死没 1998年9月5日(満80歳没)
職業 小説家
評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 慶應義塾大学仏文科
活動期間 1948年 - 1998年
ジャンル 小説
評論
文学活動 第二次戦後派
代表作 『祖国喪失』(1948~1950)
『広場の孤独』(1951年)
『漢奸』(1951)
『歴史』(1953)
『時間』(1955)
『方丈記私記』(1971年)
『ゴヤ』(1977年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1952年)
毎日出版文化賞(1971年)
大佛次郎賞(1977年)
ロータス賞(1977年)
和辻哲郎文化賞(1994年)
朝日賞(1995年)
日本芸術院賞(1998年)
処女作 『祖国喪失』(1948~1950)
『広場の孤独』(1951年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

堀田 善衛(ほった よしえ、1918年大正7年〉7月7日 - 1998年平成10年〉9月5日)は、日本小説家評論家

来歴・人物[編集]

富山県高岡市出身。父は富山県会議長の堀田勝文、母は大正年間に富山県で初めて保育所を創設した堀田くに。経済学者で前・慶應義塾大学商学部教授の堀田一善は甥にあたる。生家は伏木港廻船問屋であり、当時の北前船の日本海航路の重要な地点であったため、国際的な感覚を幼少時から養うことができた[1]

旧制金沢二中から1936年に慶應義塾大学政治科予科に進学し、1940年に文学部仏文科に移り卒業。大学時代は詩を書き、雑誌『批評』で活躍、その方面で知られるようになる。戦争末期に国際文化振興会の上海事務所に赴任し、そこで敗戦を迎える。敗戦直後、上海現地の日文新聞「改造日報」に評論「希望について」を発表。同年12月に中国国民党中央宣伝部対日文化工作委員会に留用される。翌年12月まで留用生活を送る。

1947年に引揚げ、世界日報社に勤めるが、会社は1948年末に解散する。この頃は詩作や翻訳業を多く手がけていた。アガサ・クリスティの『白昼の悪魔』の最初の邦訳は堀田によるものである。

1948年に処女作である連作小説『祖国喪失』の第1章「波の下」を発表、戦後の作家生活を始める。1950年10月23日品川駅でかっぱらいをして逮捕されたと報じられたが[2]、『高見順日記』によると、酔った上でのいたずらだったらしい。 1951年に「中央公論」に話題作「広場の孤独」を発表、同作で当年度下半期の芥川賞受賞。また、同時期に発表した短編小説「漢奸」(「文学界」1951年9月)も受賞作の対象となっていた。

1953年に国共内戦期の中国を舞台にした長編小説『歴史』を新潮社から刊行。1955年に「南京事件」をテーマとした長編小説『時間』を新潮社から刊行。


1956年、アジア作家会議に出席のためにインドを訪問、この経験を岩波新書の『インドで考えたこと』にまとめる。これ以後、諸外国をしばしば訪問し、日本文学の国際的な知名度を高めるために活躍した。また、その中での体験に基づいた作品も多く発表し、欧米中心主義とは異なる国際的な視野を持つ文学者として知られるようになった。この間、1959年にはアジア・アフリカ作家会議日本評議会の事務局長に就任。モスクワパキスタンの詩人ファイズ・アハマド・ファイズと知り合ったのは1960年代である。ジャン=ポール・サルトルとも親交があった。日本評議会が中ソ対立の影響で瓦解したあと、1974年に結成された日本アジア・アフリカ作家会議でも初代の事務局長を務めた。また、「ベ平連」の発足の呼びかけ人でもあり、脱走米兵を自宅に匿ったこともあった。マルクス主義には賛同せず日本共産党などの党派左翼でもなかったが、政治的には戦後日本を代表する進歩派知識人であった。

1977年の『ゴヤ』完結後、スペインに居を構え、以後はスペインと日本とを往復する。スペインやヨーロッパに関する著作がこの時期には多い。また、1980年代後半からは、社会に関するエッセイである〈同時代評〉のシリーズを開始。同シリーズの執筆は堀田の死まで続けられ、没後に『天上大風』として1冊にまとめられた。

エピソード[編集]

宮崎駿が最も尊敬する作家であり、宮崎は堀田の文学世界や価値観から非常な影響を受けていることを常々公言、堀田と幾度も対談している。たとえば宮崎の作品によく出てくるゴート人のイメージは、堀田のスペイン論に由来している[3]。また、宮崎は堀田の『方丈記私記』のアニメ化を長年に渡って構想していた。2008年には、宮崎吾朗などのスタジオ・ジブリスタッフによって、『方丈記私記』などの堀田作品をアニメ化するという仮定のもとのイメージ・ボードが制作され、神奈川近代文学館に展示された。

海外での受容[編集]

大学図書館システムNACSISで確認できる範囲では、英語ロシア語中国語韓国語に著作が翻訳されている。このうちロシア語訳されたものは4作確認でき、最も多い。

英訳作品[編集]

  • 「審判」(1994年)
TR:Judgment / Yoshie Hotta ; translated with an introduction by Nobuko TsukuiPUB:Hirakata-shi, Osaka-fu, Japan : Intercultural Research Institute, Kansai Gaidai University , 1994

ロシア語訳作品[編集]

  • 「海鳴りの底から」(1968年)
TR:Из глубины бушующего моря : роман / Хотта Ёсиэ ; перевод с японского И. Львовой
PUB:Москва : Изд-во "Художественная литература" , 1968
http://www.livelib.ru/book/1000540119
  • 「審判」(1969年)
TR:Суд / Ё. Хотта ; перевод с японского З. Рахима
VT:RM:Sud
PUB:Москва : Изд-во "Прогресс" , 1969
  • 「記念碑」(1962年)
TR:Памятник : роман / Ёсиэ Хотта ; перевод Я. Берлина и З. Рахима
RM:Pami︠a︡tnik
PUB:Москва : Изд-во иностранной литературы , 1962
  • 「時間・歯車」(1958年)
TR:Шестерни : повесть ; Время: роман / Ёсиэ Хотта ; перевод с японского род редакцией И .Л. Иоффе||||:Shesterni : povest' ; Vremi︠a︡ : roman
PUB:Ташкент : Государственное изд-во художественной литературы УзССР , 1958

ウズベキスタンでの受容[編集]

ロシア語版の「時間・歯車」の出版地はウズベキスタンの首都タシュケントで、第2回アジア・アフリカ作家会議は1958年10月にタシュケントで開かれている。

2005年5月にウズベク語で刊行された『ウズベキスタン国家百科事典』第9巻には、二葉亭四迷と並んで堀田の項がある[4]

中国語訳作品[編集]

  • 「鬼無里島」
鬼无鬼島 / 堀田善卫著 ; 李芒, 文洁若譯||キブキジマ||gui wu gui dao
PUB:(不明)
北京:作家出版社 , 1963.4

韓国語訳作品[編集]

  • 「ゴヤ Vol.1」(1998年)
TR:에스파냐 : 빛과 그림자 / 홋타 요시에 지음 ; 김석희 옮김||에스파냐 : 빛 과 그림자
VT:TT:Francisco Goya
PUB:서울 : 한길사 , 1998
  • 「ゴヤ Vol.2」(1998年)
TR:마드리드 : 사막과 초목 / 홋타 요시에 지음 ; 김석희 옮김||마드리드 : 사막과 초목
ST:마드리드 : 사막과 초원||마드리드 : 사막 과 초원
PUB:서울 : 한길사 , 1998
  • 「ゴヤ Vol.3」(1998年)
TR:거인의 그림자 / 홋타 요시에 지음 ; 김석희 옮김||거인 의 그림자
PUB:서울 : 한길사 , 1998
  • 「ゴヤ Vol.4」(1998年)
TR:운명 : 검은 그림 / 홋타 요시에 지음 ; 김석희 옮김||운명 : 검은 그림
PUB:서울 : 한길사 , 1998

書籍を紹介する韓国のウェブサイトでは、翻訳者による堀田へのインタビューを見ることができる。「浜の近くにある丘の上の小さな家に大作家を訪ねる」「アジア/アフリカ作家会議の指導者」と題され、一貫して深い敬意をもって語られている[5] 韓国における堀田作品の出版元である「ハンギル社」社長の自伝『本で作るユートピア』(日本では2015年4月、北沢書店刊行)において、この訪問が詳しく記されている。

ミャンマーでの受容[編集]

刊行物は未確認であるが、2013年6月に在ミャンマー日本国大使館で開催された「第8回日本文学翻訳コンテスト」では、堀田の『美しきもの見し人は』が題材となっている[6]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 広場の孤独(1951年、中央公論社) ※のち新潮文庫、集英社文庫
  • 祖国喪失(1952年、文藝春秋新社) ※のち角川文庫
  • 捜索(1952年、未來社)
  • 歴史(1953年、新潮社) ※のち文庫
  • 時間(1955年、新潮社) ※のち文庫
  • 夜の森(1955年、大日本雄弁会・講談社)
  • 砕かれた顔(1955年、筑摩書房)
  • 記念碑(1955年、中央公論社) ※のち集英社文庫
  • 奇妙な青春(「記念碑」第2部/1956年、中央公論社) ※のち集英社文庫 
  • 鬼無鬼島(1957年、新潮社)
  • インドで考えたこと(1957年、岩波新書)
  • 乱世の文学者(1958年、未來社)
  • 現代怪談集(1958年、東京創元社)
  • 河(1959年、中央公論社)
  • 上海にて(1959年、筑摩書房) ※のち学芸文庫、集英社文庫
  • 後進国の未来像(1959年、新潮社)
  • 建設の時代(1960年、新潮社)
  • 零から数えて(1960年、文藝春秋新社)
  • 香港にて(1960年、新潮社)
  • 海鳴りの底から(1961年、朝日新聞社) ※のち新潮文庫、朝日文庫 
  • 審判(1963年、岩波書店) ※のち集英社文庫 
  • 文学的断面(1964年、河出書房新社)
  • スフィンクス(1965年、毎日新聞社) ※のち集英社文庫 
  • キューバ紀行(1966年、岩波新書) ※のち集英社文庫
  • 歴史と運命(1966年、講談社)
  • 若き日の詩人たちの肖像(1968年、新潮社) ※のち集英社文庫 
  • 小国の運命・大国の運命(1969年、筑摩書房)
  • 美しきもの見し人は(1969年、新潮社) ※のち文庫、朝日選書 
  • あるヴェトナム人(1970年、新潮社)
  • 橋上幻像(1970年、新潮社) ※のち集英社文庫 
  • 方丈記私記(1971年、筑摩書房) ※のち新潮文庫、ちくま文庫 
  • 19階日本横丁(1972年、朝日新聞社) ※のち集英社文庫、朝日文芸文庫 
  • けいざい問答 経済対談集(1973年、文藝春秋)
  • 堀田善衛自選評論集(1973年、新潮社)
  • 堀田善衛全集 全16巻(1974 - 1975年、筑摩書房)
  • ゴヤ 全4巻(1974 - 1977年、新潮社) ※のち朝日文芸文庫、集英社文庫 
  • 本屋のみつくろい 私の読書(1977年、筑摩書房)
  • 航西日誌(1978年、筑摩書房)
  • スペイン断章 歴史の感興(1979年、岩波新書) ※のち集英社文庫 
  • スペインの沈黙(1979年、筑摩書房)※ のち文庫 
  • オリーブの樹の蔭に スペイン430日(1980年、集英社) ※のち文庫、「スペイン430日」ちくま文庫 
  • 彼岸繚乱 忘れ得ぬ人々(1980年、筑摩書房)
  • 情熱の行方 スペインに在りて(1982年、岩波新書)
  • 日々の過ぎ方 ヨーロッパさまざま(1984年、新潮社) ※のちちくま文庫 
  • カタルーニア讃歌(1984年8月、新潮社)
  • 路上の人(1985年、新潮社) ※のち文庫、集英社文庫 
  • 聖者の行進(1986年、筑摩書房)
  • 定家明月記私抄(1986 - 1988年、新潮社) ※のちちくま学芸文庫 
  • 歴史の長い影(1986年、筑摩書房)
  • バルセローナにて(1989年、集英社) ※のち文庫 
  • 誰も不思議に思わない(1989年、筑摩書房) ※のち文庫 
  • ミシェル 城館の人(1991 - 1994年、集英社) ※のち文庫 
  • 時空の端ッコ(1992年、筑摩書房) ※のち文庫
  • 堀田善衛全集 全16巻(1993年 - 1994年、筑摩書房)
  • めぐりあいし人びと(1993年、集英社) ※のち文庫
  • 未来からの挨拶(1995年、筑摩書房)
  • 空の空なればこそ(1998年、筑摩書房)
  • 天上大風 全同時代評 一九八六年-一九九八年(1998年、筑摩書房) ※のち抄録して学芸文庫 
  • ラ・ロシュフーコー公爵傳説(1998年、集英社) ※のち文庫
  • 故園風來抄(1999年、集英社)
  • 堀田善衞詩集 1942〜1966(1999年6月、集英社)
  • 別離と邂逅の詩(2001年5月、集英社)
  • 歯車・至福千年(2003年1月、講談社文芸文庫)
  • 堀田善衞上海日記 滬上天下一九四五(2008年11月、紅野謙介編、集英社)

共編著[編集]

  • 深い淵から ハンゼン氏病患者生活記録(1956年、永丘智郎共編、新評論社)
  • 日本原爆詩集(1970年、大原三八雄木下順二共編、太平出版社)
  • 私はもう中国を語らない(1973年、武田泰淳対話、朝日新聞社)
  • ヨーロッパ・二つの窓 トレドとヴェネツィア(1986年12月、加藤周一共著、リブロポート) ※のち朝日文芸文庫 
  • 時代の風音(1992年、司馬遼太郎宮崎駿との鼎談、UPU) ※のち朝日文庫
  • 発光妖精とモスラ(1994年、中村真一郎福永武彦との合作小説 筑摩書房) ※1960年初出

翻訳[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北前船の廻船問屋としての栄光と没落は小説『鶴のいた庭』に描かれている。
  2. ^ 1950年10月24日火曜付 「夕刊読売」
  3. ^ 青井汎『宮崎アニメの暗号』(新潮新書)
  4. ^ 執筆者・浅村による報告
  5. ^ http://ch.yes24.com/Article/View/13303?Scode=050_002
  6. ^ 在ミャンマー日本国大使館 ウェブサイト:翻訳コンテスト表彰式