鶴澤清治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴澤 清治(つるさわ せいじ、1945年10月15日[1] - )は、義太夫節三味線方。日本芸術院会員文化功労者人間国宝(重要無形文化財保持者)。本名中能島 浩(なかのしま ひろし)。

中陰蔦

概要[編集]

義太夫節の三味線方。二代目鶴澤道八の甥で後に養子。甥に六代目竹本織太夫と鶴澤清馗がいる。門弟には、直弟子の二代目鶴澤藤蔵(五代目鶴澤清二郎)、鶴澤清志郎、鶴澤清馗の他、養父二代目鶴澤道八門弟の預かりとして、二代目鶴澤清友、鶴澤清介、鶴澤八介がいる。孫弟子に、四代目鶴澤友之助二代目鶴澤清友門弟)、鶴澤清丈'、鶴澤清公、鶴澤清允、鶴澤清方、鶴澤清斗(鶴澤清介門弟)がいる。妻は中能島知子(中能島欣一と中能島慶子の娘。今井慶松の孫)。定紋は中陰蔦。

つるさわせいじ
鶴澤清治
Hiroshi Nakanoshima cropped 2 Hiroshi Nakanoshima 202011.jpg
生年月日 (1945-10-15) 1945年10月15日(76歳)
本名 中能島浩
襲名歴 1. 鶴澤清治
出身地 大連市
二代目鶴澤道八
中能島知子

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1948年8月7日、養父初代鶴澤清友(右)と

中国大陸の大連市出身[1]

三味線奏者として[編集]

1953年、4代鶴澤清六に入門、清治を名乗る。1954年、9歳で四ツ橋文楽座で初舞台。1960年、2代鶴澤道八、1964年、10代竹沢弥七に師事。近畿大学法学部中退。1972年、芸術選奨新人賞受賞。1976年から1989年まで、4代竹本越路大夫の三味線を務めた。1999年、モービル音楽賞(邦楽部門)受賞。2004年、日本芸術院賞恩賜賞受賞、2006年、紫綬褒章受章、2007年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定[2]、2014年12月 日本藝術院会員。2020年文化功労者[3][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.515
  2. ^ 三味線 公益財団法人 文楽協会 オフィシャルウェブサイト”. 公益財団法人文楽協会. 2016年7月7日閲覧。
  3. ^ 橋田壽賀子さんら文化勲章 功労者に西川きよし氏ら:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年10月27日閲覧。
  4. ^ 令和2年度 文化功労者”. 文部科学省 (2020年11月3日). 2020年11月9日閲覧。

関連項目[編集]