上村淳之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上村 淳之(うえむら あつし、1933年(昭和8年)4月12日 - )は、日本画家日本芸術院会員。本名・淳(あつし)。京都市立芸術大学名誉教授。元京都市立美術大学教授副学長日本鳥類保護連盟奈良研究所所長。奈良市在住。

上村松篁の子として京都に生まれる。特別科学学級での同級に、伊丹十三がいた。父同様、花鳥画を描く。

上村松園は祖母で、親子三代続いての芸術院会員。松園、松篁、淳之三代の作品を展示する松伯美術館の館長も務める。2013年、文化功労者

略歴[編集]

著作[編集]

  • 鳥の四季 オリジナル石版画集 毎日新聞社 1981
  • 上村淳之画集 講談社 1983
  • 花と鳥と 上村松篁・淳之画文集 大日本絵画 1985
  • 上村淳之画集 求竜堂グラフィックス 1989
  • 新現代日本画家素描集 3 上村淳之 鳥たちとの対話 日本放送出版協会 1992
  • 日本画の行方 美術年鑑社 1992(あるす叢書)
  • 上村淳之 芸術新聞社 1993(アート・トップ叢書 同時代の画家集成)
  • 上村淳之 日本経済新聞社 1993(日経ポケット・ギャラリー)
  • 鳥たちに魅せられて 鳥と私と花鳥画と 中央公論美術出版 1997

テレビ[編集]

外部リンク[編集]