中村歌六 (5代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ごだいめ なかむら かろく
五代目 中村歌六
屋号 播磨屋
定紋 揚羽蝶 Ageha inverted.png
生年月日 (1950-10-14) 1950年10月14日(67歳)
本名 小川進一
襲名歴 1. 四代目中村米吉
2. 五代目中村歌六
出身地 東京都
二代目中村歌昇
兄弟 三代目中村又五郎
五代目中村米吉
中村龍之助

五代目 中村 歌六(ごだいめ なかむら かろく、1950年(昭和25年)10月14日 - )は歌舞伎役者。本名は小川 進一(おがわ しんいち)。屋号播磨屋定紋揚羽蝶、替紋は蔓片喰・歌六梅。俳名に紫琴、芝琴がある。暁星高等学校卒業[1]

人物[編集]

二代目中村歌昇の長男。昭和30年(1955年)9月歌舞伎座松竹梅湯島掛額』(お土砂)の小僧と『夏祭浪花鑑』「三婦内」「泥場」の倅市松で四代目中村米吉を襲名して初舞台。昭和56年(1981年)6月歌舞伎座『鬼一法眼三略巻』「一條大蔵譚」の一条大蔵卿で五代目中村歌六を襲名する。以後は歌舞伎の他にも、新劇に出演したり、三代目市川猿之助一座に参加したりと忙しい。

立ち役を中心に、敵役、老役、女形も勤める幅広い芸域を持つ。

猿之助一座に同座していた頃は副座主格として猿之助を助け、ほぼ全てのスーパー歌舞伎や復活狂言で重要な役回りを担って活躍した。『ヤマトタケル』のタケヒコなどがその代表的なものである。

近年では特に老役での活躍が目立ち、『夏祭浪花鑑』の釣船三婦や三河屋義平次、『伊賀越道中双六』(沼津)の雲助平作、『義経千本桜』(すし屋)の弥左衛門、『梶原平三誉石切』(石切梶原)の六郎太夫、『ひらかな盛衰記』(逆櫓)の漁師権四郎、『女殺油地獄』の河内屋徳兵衛、『一谷嫩軍記』(熊谷陣屋)の弥陀六実ハ平宗清、『松浦の太鼓』の宝井其角、『伽羅先代萩』(対決・刃傷)の渡辺外記、『三人吉三巴白浪』(伝吉内)の土左衛門伝吉、『助六所縁江戸櫻』の髭の意休、『恋飛脚大和往来』(新口村)の孫右衛門などの大役を務めることが多い。

また新作歌舞伎でも『大川の隠居』の船頭友五郎、『竜馬がゆく〜立志編〜』の勝海舟、『高野聖』の親仁などで味のある演技を見せている。

平成22年(2010年)3月、長年の舞台生活と、特に老役としての活躍が認められ、松尾芸能賞の演劇優秀賞を受賞した。

平成22年(2010年)9月新橋演舞場「秀山祭九月大歌舞伎」の『伊賀越道中双六』(沼津)の雲助平作で、弟の三代目中村又五郎(当時・歌昇)と共に屋号を萬屋から播磨屋に戻した。この「沼津」は、かつて初代中村吉右衛門の呉服屋十兵衛にその父・三代目中村歌六の雲助平作という配役で大成功を収めており、それを当代の吉右衛門と歌六がつとめ、播磨屋の芸の伝承を見せた。

叔父に萬屋錦之介中村嘉葎雄四代目中村時蔵。従兄弟に五代目中村時蔵二代目中村錦之助二代目中村獅童がいる。

2015年、第22回読売演劇大賞優秀男優賞。

芸術選奨文部科学大臣賞受賞[2][3]。2016年、日本芸術院賞受賞。

テレビドラマ出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.552
  2. ^ “「芸術選奨文部科学大臣賞」に山下達郎さんら18人”. NHKニュース. (2015年3月12日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150312/k10010013131000.html 2015年3月12日閲覧。 
  3. ^ “中村歌六に芸術選奨文部科学大臣賞”. 歌舞伎 on the web. (2015年3月13日). http://www.kabuki.ne.jp/cms/topics_20150313_849.html 2015年3月14日閲覧。 

外部リンク[編集]