常磐津文字兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

常磐津 文字兵衛(ときわづ もじべえ)は、常磐津節の三味線方の名跡

初代[編集]

天保10年(1839年) - 明治38年(1905年1月16日)本名は富坂文字兵衛。

越後国(現在の新潟県)に、鍛冶工の子として生まれ、常磐津文字八に入門し、八十太夫を名乗る。変声期で太夫から三味線方に転じ八十松と改名。1862年9月に常磐津文字兵衛と改名。当初はワキ三味線だったが、1863年に6代目常磐津小文字太夫の立三味線を務め、小文字太夫没後は2代目常磐津松尾太夫(後の初代常磐津林中)の立三味線を務めた。晩年は常磐津文佐を名乗る。初代の作と思われる浄瑠璃が多く残されている。

通称「鍛冶町の文字兵衛」。

2代目[編集]

安政4年(1857年) - 大正13年(1924年10月29日)本名は鈴木金太郎。

父は初代常磐津文字助。初代文字兵衛の門下で、2代目常磐津八百八から初代没後に2代目文字兵衛を襲名。1918年に常磐津松寿斎を名乗った。

主な作曲には「お夏狂乱」がある。

長男が3代目文字兵衛。

3代目[編集]

後の常磐津文字翁

4代目[編集]

後の常磐津英寿

5代目[編集]

(昭和36年(1961年11月16日 - )本名は鈴木淳雄。

東京の生まれ、4代目実子。

高校時代は宮脇康之と同級生であり、驚きももの木20世紀にて高校時代の宮脇についての証言を寄せたこともある。

東京芸術大学卒業[1]1977年に常磐津紫弘。1996年に父が常磐津英寿と改名を機に5代目文字兵衛を襲名。

洋楽ロックなどとの融合にも力を入れ1983年にはニューヨークカーネギーホールで演奏も行なった。

1984年モービル音楽賞(邦楽部門)受賞。

2010年3月に日本芸術院賞受賞。

2014年春の叙勲で紫綬褒章受章。

妻はプロのピアニスト

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.515